硬式野球部

宮城のツーランで決めた!1点差守りきり勝利!

10月16日、皇子山野球場で関西六大学野球秋季リーグ戦が行われた。京産大との第二戦は、龍大が4回に宮城の右越えツーランで先制する。川井、福島、川波の3投手の継投で京産大を1失点に抑え、2―1で勝利。対戦成績を1勝1敗とした。

「打った瞬間入ったと思った」。快音を残して、宮城(社3)の打球がライトスタンドへと消えていく。近藤(国3)の三塁打で作った最大のチャンス。「何とかして1点取りたかった」と、低めのチェンジアップをすくい上げた。春季リーグから4番に座り続ける宮城だが、持ち味の長打力を活かす打撃フォームを模索し続けてきた。試行錯誤の結果が、自身の大学初ホームランとなって表れた。

ツーランを放ち拳を突き上げる宮城

ツーランを放ち拳を突き上げる宮城

先発した川井(政3)は「調子がよく、試合を楽しめた」と言うように、序盤からテンポ良く打者を追い込んでいく。スライダーと直球を組み合わせ、着実に打者を打ち取っていった。7回1失点の好投をみせた川井。その後のマウンドを託された福島(文1)もピンチをしっかりと抑えた。

好投で試合を作った川井

好投で試合を作った川井

しかし、最終回に試練が待っていた。8回から登板していた川波(社2)が無死満塁のピンチを背負う。落ち着いてセカンドフライで一死とすると、レフトフライで二死。三塁走者はタッチアップで本塁を狙う。レフトの吉田(社1)、ショート山内(社3)、そしてキャッチャーの中村(社1)の体を張ったブロックで本塁タッチアウト。見事な中継プレーで激戦を締めくくった。

最終回の最大のピンチを切り抜け、2―1で勝利した龍大。秋季リーグ最終戦となる第三戦は、21日の11時30分から皇子山野球場で行われる。全員野球で2季連続の勝ち点奪取に挑んでほしい。

<山本監督>
「川井をはじめ、福島や川波がしっかり投げてくれた。結果的に1点で抑えられたところを評価したい。宮城は長打力を出すため、フォームを変え、成果が出たことはよかった」

<川井投手>
「調子がよく、試合を楽しめた。腕が振れており、特にスライダーが良かった。足の速い打者が多いので先頭打者をアウトにすることを意識した。一人一人全力投球で打ち取りに行けた。チームの雰囲気は良く、春につながる勝利だった。勝ち点を取れるように気持ちを引き締めて勝ちたい」

<宮城選手>
「(4回の本塁打について)打ったのは低めのチェンジアップ。体が反応した。打った瞬間入ったと思った。何とかして1点取りたかったので自分がホームランを打てて良かった。春秋と4番をさせてもらったが自分の結果にはまだまだ満足していない。次戦は絶対に勝って龍大の勝利で終わりたい」

<中村捕手>
「(最終回を振り返り)最後のフライは浅めだったのでホームまではこないと思っていたが、突っ込んできたので全力で体でブロックした。キャッチャーとしてピッチャーをうまくリードするのは当然の役目なので果たせるようにしたい」

(龍魂編集室 記事 隠岐智夏/写真 松本一輝)

ページの先頭へ

ページの先頭へ