硬式野球部

最終回にまさかの逆転負け

9月29日、舞州ベースボールスタジアムにおいて関西六大学野球秋季リーグ戦が行われた。龍大は大院大と2回戦を戦うも、最終回に逆転を許し4―9で敗戦した。

先制したのは龍大。初回に桑山(社2)が左中間へタイムリーを放ち先制すると、3回には山内(社3)の左犠飛で1点を追加する。しかし、今試合が秋季リーグ初先発となった川井(政3)が4回に2―2の同点とされ、試合は振り出しに戻った。

先制打を放った桑山

先制打を放った桑山

代わった菊池(社3)の粘りの投球に打線が応えた。5回に山内の犠飛と山口(文2)の右前適時打で2点の勝ち越しに成功する。菊池は8回に1点を奪われたところで瀧中(社2)にスイッチし。9回のマウンドにも上がった瀧中だが、「勝ち急いだ」と同点打と勝ち越し打を打たれ逆転を許した。瀧中に代わった石田(社1)と合わせ、最終回に6点を失った龍大。4―9で大院大に逆転負けを喫した。

 

2打点の山内

2打点の山内

勝負には敗戦したものの、3番の近藤(国3)は3安打を放つなど、打線の調子は上向き。リーグ終盤にさしかかり、疲労の見える投手陣を打線で援護したい。

<監督のコメント>
「8回の失点が9回の6失点につながっている。疲れも原因で投手力が下がってきている。ピッチャーは自分たちの仕事をできていなかった」

<瀧中のコメント>
「9回は勝ち急いでしまった。調子は良くなかったが、絶対に抑えなければならない場面だった。チームに迷惑をかけているので、借りを返したい」

(龍魂編集室 記事 隠岐智夏/写真 松本一輝)

ページの先頭へ

ページの先頭へ