硬式野球部

瀧中の力投が光り連勝!今季初の勝ち点を奪う

9月7日、皇子山総合運動公園野球場において関西六大学野球秋季リーグ戦、第2節が行われた。龍大は大商大と2回戦を戦い、瀧中(社2)が9回1失点の好投を見せ2―1で勝利。昨日に続き大商大に連勝し、今季初の勝ち点を奪取した。

マウンドを託されたのは、公式戦では2年ぶりの先発となる瀧中。「キャッチャーを信じて思い切り投げた」と語るように、力のこもった投球で初回を0点に封じ込める。その裏、打線は2死2塁のチャンスを作ると4番の宮城(社3)が中前適時打を放ち先制。このまま逃げ切りたい龍大だったが、4回に犠牲フライを打たれ試合は振り出しに戻った。

それでも粘り強く投げ続けた瀧中。6回の1死一、二塁のピンチを無失点で抑え、流れは龍大に傾く。その裏、山内(社3)のヒットをきっかけに2死二塁のチャンスを作ると、8番の梶田(社3)が右前適時打を放ち、貴重な勝ち越し点を奪う。試合後、「春リーグが終わってから打撃を磨いてきた」と振り返った梶田。見事に練習の成果が現れた。

適時打を放つ梶田

適時打を放つ梶田

試合はこのまま進み、最終回へ。しかし、2つの四球と瀧中のエラーで2死満塁というピンチを作ってしまう。「弱気になっていると感じていた。だからこそ強気で投げた」と、この局面でも瀧中は焦らなかった。力のこもった直球でレフトフライに打ち取り、試合終了。瀧中の強気な投球が、龍大に勝利を呼び込んだ。

熱投をみせた瀧中

熱投をみせた瀧中

今季初の勝ち点を奪った龍大。「チームの雰囲気も良い」と梶田も語る。連勝の勢いそのままに次の大経大戦でも勝利を見せてくれることだろう。

<山本監督のコメント>
「昨日今日と緊張感を持ってやれた。瀧中には、初回から全力で行けと言っていた。継投のタイミングを考えていたが、試合を作ってくれたので最後の結末まで瀧中でと思って続投させた」

<瀧中選手のコメント>
「直球にも力があってチェンジアップも要所で上手く投げられた。先発は昨日言われてびっくりした。自分が投げればチームに勢いがつくようなピッチングをできるようにしたい」

<梶田選手のコメント>
「神院大戦の時と比べて、ベンチの雰囲気が良かった。自分もそのおかげで打てたと思う。今の勢いを大事にして、このまま勝ち続けて優勝したい」

(龍魂編集室 記事松本一輝/写真 隠岐智夏)

ページの先頭へ

ページの先頭へ