硬式野球部

1点差で惜敗 第一節の勝ち点落とす

8月31日、皇子山総合運動公園野球場で秋季リーグ戦の第一節が行われた。神院大と2回戦を戦った龍大は、1―2で敗戦。神院大に2敗したため、勝ち点1を落とした。

先日1敗を喫し、負けられない試合となった2回戦。勝ち点奪取のために、大符(国2)が先発のマウンドへと上がった。立ち上がりから低めにボールを集め、3回までに6つの三振を奪う活躍。しかし、5回表に先頭打者に二塁打を打たれ、無死二塁のピンチを背負う。「この回はボールを低めに集められなかった」と投球に悔しさを残した大符。スクイズで先制点を奪われると、バントヒットやエラーでもう1点を追加された。

低めに威力あるボールを投げ込んだ大符

低めに威力あるボールを投げ込んだ大符

2点差を追いかける打線。7回裏に2死から梶田(社3)と近藤(社3)が連続で四球を選び、走者一二塁のチャンスを作る。ここで6回から出場している橋爪(社2)がセンターへボールを弾き返し、ついに1点差に迫った。同点に追いつきたい打線は、9回に2死から近藤が中前安打で出塁するも、後続が倒れ1―2でゲームセットとなった。

新チームは連敗からのスタートとなったが、監督は「昨日よりは収穫があった試合だった」と振り返った。敗戦を糧に、次節では勝利をつかんでくれるだろう。


<監督のコメント>
「昨日と同じで大符を責められない内容。低めに投げようと意識していた。野球は点を取れなければ勝てない。だが昨日よりは収穫があった試合だった。選手たちは流れや勢いがいかに大事かを学べたと思う」

2死一二塁でタイムリーを放つ橋爪

2死一二塁でタイムリーを放つ橋爪

<大符投手のコメント>
「コントロールを意識し、低めに集めた。(失点した場面について)0点に抑え、流れを得点につなげたかったが、先頭打者を出してしまったことがポイント。この回はボールを低めに集められなかった」

(龍魂編集室 記事 隠岐智夏/写真 松本一輝)

ページの先頭へ

ページの先頭へ