硬式野球部

投手戦の末、敗北。開幕戦黒星スタート

8月30日、皇子山総合運動公園野球場において関西六大学野球秋季リーグ戦、第1節が行われた。龍大は神院大と1回戦を戦い、お互い譲らぬ投手戦を繰り広げるも終盤に手痛い追加点を奪われ0―3で敗北した。

4年生が引退し、新チームとして挑んだ龍大。春に引き続き、開幕戦のマウンドを菊池(社3)に託す。「制球が安定しなかった」と語りながらも、序盤はテンポの良い投球で相手を抑え込む。4回に1点を取られるものの、崩れることなくその後も安定した投球を続けた。

力投する菊池

力投する菊池

一方、反撃したい打線は、幾度となく走者を出すが、なかなか点に繋がらない。しかし、7回に最大のチャンスが待っていた。2死一、三塁の場面で迎えるのは代打の浅井(社1)。同点にしたい龍大だったが、相手投手にここも踏ん張られ結局無得点に終わる。これで流れは神院大に傾いた。8回に重い2点を取られてしまい、そのまま試合終了。春に続き、連覇を狙う龍大だったが手痛い黒星スタートとなってしまった。

試合後、山内は「試合は負けたが、まだ勝ち点を逃したわけじゃない」と前を向いたコメントを残した。気持ちを切り替え、チーム一丸となって勝ち点を狙う。

新チームを引っ張る主将の山内

新チームを引っ張る主将の山内

<山本監督もコメント>
「菊池も攻められない内容。打線に工夫がなかった。(7回に代打を送った場面について)ワンチャンスだと思っていたので、その1回にかけた」

<山内主将のコメント>
「個々の役割を果たせていなかった。それが皆できていれば勝てた試合だったと思う。明日明後日勝てば勝ち点を取れるので気持ちを切り替えてやっていきたい」

<菊池選手のコメント>
「開幕戦のマウンドは緊張した。制球に苦しんだが、野手の皆に助けてもらった。8回は気持ちが切れてしまった。勝ち点を取れれば問題はないので、次も頑張っていきたい」

(龍魂編集室 記事 松本一輝/写真 隠岐智夏)

ページの先頭へ

ページの先頭へ