硬式野球部

【硬式野球部】6季ぶりのリーグ制覇へ、全員野球で白星発進

関西六大学の春季リーグは、昨秋リーグ王者の大商大、2位の京産大が第1節にそれぞれ大経大、神院大に負け越すと言う波乱の幕開けとなった。龍大は6日に南港中央野球場で行われた第1節の神院大戦を2-0で快勝。杉森新監督就任後、初の公式戦を白星で飾り幸先の良いスタートを切った。

龍大は、公式戦初先発の波多野(社2)が登板。3回まで1人のランナーも許さず序盤を終える。4回裏に、ヒットと四球で一死一・二塁のピンチを招くも後続を打ち取り先制点を許さない。龍大は、5回表に一死一・二塁のチャンスを作ると柴本(社3)のプッシュ気味の一塁側へのバントは相手のエラーを誘い、その間に1点を先制する。7回表にも山本(国3)がレフトへ公式戦初のソロホームランを放ち点差を2点に広げる。7回裏の守備でも、レフト線へのライナーをレフトの寺崎(社4)がダイビングキャッチで取り、相手に流れを渡さなかった。先発した波多野は、味方の好守備にも助けられ9回を被安打4、奪三振7で初登板を初完封で飾った。

波多野さん2

【力投する波多野】

 

寺崎さん

【守備での好プレーが光った寺崎】

 

yamamoto

【ソロホームランを放つ山本】

杉森監督「勝ちたい一心で臨みました。チーム一丸となって戦った結果がファインプレーや相手のミスを引き出せたりできた。ベンチ、スタンドの選手全員の思いが結実したと思います。(波多野投手について)力はあるので思い切っていけと伝えました。(山本のホームランについて)あれはみんなの気持ちが彼に乗り移ったホームランでした」

寺崎主将「僕たちは野球をする以前の全力疾走であったりに力を入れてきて練習してきたので、全力でプレーすることを意識した。(波多野投手には)思い切って投げることと、打たれてもバックでしっかり守っていくと言うことを伝えた」

波多野投手「(初先発だったが)余力を残さないで、全力で投げ切ることを意識した。ピンチの時も野手に助けてもらい、力を入れて投げることができた」

(龍魂編集室 記事/青木学登 写真/藤井八雲)

龍魂編集室では現在新入生を募集中!

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

ページの先頭へ

ページの先頭へ