硬式野球部

ライバルに負け越し許し、春季リーグ終了

5月21日、南港中央野球場で京都産業大学と春季リーグ第三戦が行われた。龍大は初回に鈴江の右越え適時二塁打で1点を先制する。ピッチャー大符はピンチをしのぎながら試合をつくるが、6回に一挙4失点。打線は8回に1点を返すも2対4で京産大に敗北し、四位でリーグ戦を終えた。

ライバル京産大との勝ち点を懸けた第三試合。チャンスは初回からつくられる。二死から仮谷(社4)が中前安打で出塁すると、4番鈴江(国4)が打席に向かう。「つなぐ意識でいました」と真ん中高めの直球を振り抜いた。快音を残した打球は、あわやホームランかというライトの頭上を越える二塁打に。4番の一打で先制という、素晴らしい形で試合は始まった。

笑顔でベンチに帰る鈴江

先発したのは大符(国1)。「調子はあまりよくなかった」と語るも丁寧にコースに変化球を集め、打たせて取る投球を続けた。ピンチをしのぎながら試合をつくるも、6回に相手打線につかまり一挙4失点。大符を援護したい打線であったが、得点のチャンスで相手を攻めきれなかった。龍大は8回に代打梶田(社2)のショートゴロの間に一点を返すも、追撃およばず2対4で敗戦した。

9回を完投した大符

リーグの最終戦でもあった今試合。龍大は4位という結果で春の戦いを終えた。「やることはやった。龍大はまだ未完成のチーム。これから個人的な技術を上げ、選手たちに自信をプラスできるように練習していきたい」と山本監督。今春の龍大は初戦に勝利するも第二戦を落とし、連勝出来ないカードが多々あった。「体力面の問題や、先勝したことで精神面に隙ができたのではないか」と中津主将(国4)も振り返る。課題を見つけた今リーグだが、選手全員で粘り強くつかんだ勝利は秋につながるはずだ。秋季リーグでは、さらなる活躍を見せてくれるに違いない。

(記事 龍魂編集室 隠岐智夏/写真 佐藤和季)
龍魂編集室では新入部員を募集中!
興味を持たれた方はtokoton_ryukon@hotmail.comへ

惜しくも敗戦

5月13日わかさスタジアム京都で、京都産業大学との春季リーグ第二戦が行われた。先発西は7回1失点の好投。打線は7回裏に1点を返すも9回に犠飛で1点を奪われる。龍大は惜しくも2対1で敗戦した。

先発の西(営1)は走者を出しながらも、粘りのピッチングで6回までスコアボードに0を並べる。「先輩だが投げ負けたくない」と京産大の山田和と見事な投げ合いをみせた。西は7回にエラーで1点を失うも、最少失点に抑えマウンドを降りた。

打線は7回裏、渡邉泰(社4)が左前安打で出塁し、チャンスを作る。一死二三塁から、鈴江(国4)の打球は三塁へ。併殺を狙う野手の暴投の間に渡邉が本塁へ生還し、試合を振り出しに戻した。

8回から登板した中村(国3)は、この回3・4・5番の中軸打者を三者凡退にしとめ、調子の良さを見せつける。「負けたくなかった」という言葉通り、気持ちの込もったナイスピッチングであった。しかし9回一死一三塁から犠飛で1点を失う。これが決勝点となり、龍大は惜しくも2対1で敗戦した。

山本監督は「ピッチャーも野手も、やるべきことをやった。日々強くなっていると感じる」とチームの成長を評価した。次戦は京産大との勝ち点を懸けた戦いであり、春季リーグの最終戦でもある大事な一戦。今春の総決算として、勝利を飾ってほしい。

京産大との運命の第三戦は、21日南港中央野球場で午前10時30分試合開始です。

笑顔でベンチに戻る西

力投をみせる中村

(記事 龍魂編集室 隠岐智夏/写真 佐藤和季)
龍魂編集室では新入部員を募集中!
興味を持たれた方はtokoton_ryukon@hotmail.comへ

伝統の一戦で先勝!

5月12日、わかさスタジアム京都で京都産業大学と伝統の龍産戦が行われた。先発した大符は安定感抜群の投球で、相手打線を二安打に抑え完封勝利を飾った。打線は7回に今西の中越え適時二塁打で先制点を奪う。龍大はこの1点を守り抜き、ライバル京産大に1対0で勝利した。

関西六大学野球のなかで一番の注目を浴びる、伝統の龍産戦。スタンドを埋める応援団の声援を受け、マウンドに上がったのは大符(国1)だった。春季リーグを通し「一番調子が良かった」という言葉通り、初回から緩急を使って内野ゴロを量産する。ピンチにも持ち前のコントロールの良さで内角を突き、得点を許さない。1年生ながら、プロ注目の京産大岩橋投手と堂々の投げ合いをみせた。9回を完封した大符は京産大打線を二安打に封じ込め、見事岩橋に投げ勝った。

試合を決めたのは今西(文3)の一振りだ。京産大の先発岩橋を前に木村(文3)のヒット一本に抑え込まれていた打線。しかし7回表、先頭打者鈴江が四球を選び、無死走者一塁の場面を作る。得点のチャンスはここしかなかった。ベンチは俊足の近藤(国2)を代走に送り、5番今西に打席が回る。「鈴江さんがつないでくれたので、自分も後ろ(の打者)につなぐ意識で打席に立ちました」高い集中力で振り抜いたバット。ぐんぐんと伸びる打球はセンターの頭上を越える適時二塁打になる。今西は二塁上で力強いガッツポーズをみせた。この1点が決勝点となり、龍大は1対0で京産大に勝利した。

「(京産大には)絶対に勝ち点を取らさない」と今西。次試合でも、得点チャンスでの勝負強い打撃に期待する。勝ち点を落とし続けているライバルに、雪辱を晴らすまであと勝利一つだ。三季越しの勝ち点奪取へ、全員で勝利を目指す。

完投完封勝利をかざった大符

タイムリーを放つ今西

(記事 龍魂編集室 隠岐 智夏/写真 佐藤 和季)
龍魂編集室では新入部員を募集中!
興味を持たれた方はtokoton_ryukon@hotmail.comへ


総力戦で挑むもⅤ消滅!!

5月7日にわかさスタジアムで神戸学院大学との3回戦が行われ4対9で敗れた。これにより勝ち点を落とした龍大は今リーグでの優勝が消滅した。

最後の打者が三振に倒れると同時に3年連続の全日本大学野球選手権への道は閉ざされた。

昨日の敗戦により自力優勝がなくなった龍大硬野。今日はわずかでも残る“優勝”のために絶対に負けられない試合だった。

試合は先発した大符が3連投の疲れがあり、毎回走者を出し3回までに2失点。しかし打線が4回表に鈴江、中島のタイムリーなどで3対2と援護し逆転に成功する。援護をもらった大符は5回裏に先頭打者に本塁打を浴び3対3と同点。ここで大符はマウンドを降りた。その後、この回反撃され3対6と逆転を許す。6回に龍大は1点返すも、8回に神院大に3点追加され4対9で敗れた。龍大は5人の投手で総力戦を挑むも打撃陣が援護しきれなかった。

今日の敗戦で優勝がなくなった龍大。しかし、まだ今週末の龍産戦が残っている。京産大には2011年秋から岩橋・山田の二人の左腕が龍の前に立ちはだかり、3季連続で勝ち点を奪われている。この両サウスポーを倒してライバルに一矢報いたい。龍産戦は11日、12日のわかさスタジアムで18時から試合開始。龍大生と教職員はチケット無料。試合終了時にスタンドで学歌を高らかに歌うのは龍大だ!

【山本監督のコメント】
「今日は総力戦になると思っていた。その中で選手は全力でやってくれた。試合をしている選手たちを責められない。チームとしては4年生が成長してきて負けていても下を向いておらず、つらいときでもめげない良い野球人となってきた。先発した大符は3連投で早く交代してあげたかったが、よく投げてくれた。(龍産戦に向けて)京産大は優勝が懸かっているが、こっちも少しでも上の順位を目指さないといけない。全力を尽くす」

【中津主将のコメント】
「優勝が出来ず力不足だった。悔しい気持ちはあるが冬、春の練習の成果が出てきて粘り強いチームになってきている。核となるような選手はいないけどチーム全員で戦っている意識がある。(龍産戦に向けて)ここ最近ずっと負けているので勝ちに行く。少しでもいい形で後輩たちにつなぐためにも勝ちたい」

3連投も粘りの投球を見せた大符

1点目のタイムリーを放った鈴江

(記事/写真 龍魂編集室 佐藤 和季)
龍魂編集室では新入部員を募集中!
興味を持たれた方はtokoton_ryukon@hotmail.comへ


 

ページの先頭へ

ページの先頭へ