硬式野球部

【硬式野球部】相手守備の隙突く、打線爆発で第三節勝ち越し

 

17日、関西六大学野球秋季リーグ第三節大院大戦がわかさスタジアム京都で行われた。今節の成績は一勝一敗のタイで、両チームとも攻守に拮抗した展開であったが、三戦目は相手の隙を逃さなかった龍大がビッグイニングを作るなど、打線が繋がり快勝。投手陣も、先発駿河(政3)が6回を投げ切り大学初勝利を飾った。

 

駿河さん WEB【大学初勝利の駿河】

 

試合は同点の6回裏、6番秋山(社2)がライトへのツーベースで出塁すると犠打と四球を挟み一死二、三塁から9番田淵(社2)のレフトへのタイムリーで勝ち越し。さらに、一番滝野(社3)は四球を選ぶと続く二番堀口(理4)の打席で相手投手がワイルドピッチをし、もう1点を追加。ダメ押しに、二死満塁から代打寺崎(社4)がタイムリースリーベースを放ち、大院大投手陣を打ちのめした。龍大投手陣は、先発駿河が6回6被安打1失点5奪三振と粘りの投球を見せ、7回表からは、二番手上谷(文2)が3イニングを無失点で大院大打線を抑えた。対する大院大は、守備の乱れから失点をして、リズムを崩した形となった。

龍大は、第4節で京産大と対戦する。

 

WEB記事寺崎さん【代打タイムリーの寺崎】

 

〈コメント〉

杉森監督「勝ててよかったです。先発の駿河が捕手の石田とともによく抑えてくれたのが大きかった。(代打タイムリーの)寺崎は良く打ってくれました。(春と比べて)投手陣が3,4点で抑えてくれているのが大きい。序盤で5、6点取られてしまうと主導権を握れない。ピッチャーの踏ん張りが(大きい)。(次節は京産大との対戦だが)序盤で、投手が最少失点で抑えてくれれば(良い)。(春は二連勝できたが)まぐれとは言わせないように」

 

寺崎主将「(狙い球は)真っすぐを絞っていた。(手ごたえは)打った瞬間超えたと思った。春は、ひとつ勝って、二つ目で落として、三つ目も落とすことが多かったが(勝てたので)成長しているところだと思う。(夏の間は)投手陣は、徹底した走り込みをした。バッター陣はシートバッティングやバントなどに(春よりも)力を入れてきた。(次節の龍産戦は)春は足で崩していったが、相手も研究して警戒してくると思うので、そこは思い切ってかき回していきたい。春もそうだが、ミスをしたほうが負けるのでしょうもないミスはしないようにしていきたい。(京産大は)春と比べたら打撃が上がっていると思う。川辺君も復活しているので研究していきたい。力の差はないと思うので、見えないミスをなくしていきたい」

(龍魂編集室 記事・写真/青木学登)

興味がある方は tokoton_ryukon@hotmail.comまで!

【硬式野球部】第三節勝ち越しは、17日に持ち越し

眠れる龍が目を覚ますか。ユニフォームを常勝時代の平成20年代前半などに使用していた旧ユニフォームに戻し、秋季リーグに臨んでいる龍大。わかさスタジアム京都で行われた、第三節の大院大戦は初戦こそタイブレークにも及ぶ激戦を制したが二戦目は同じく延長戦でサヨナラ負け。勝ち点獲得は17日の第三戦目の結果次第となった。

 

島野さん【ユニフォームを旧ユニフォームに戻した龍大(写真は打席に向かう島野)】

 

初戦は、初回にヒットと相手のエラーで一死一、三塁のチャンスを作ると四番西脇(社3)と六番秋山(社2)のタイムリーで二点を先制する。二回裏にも二死一、二塁から三番島野(社2)のタイムリーでさらに一点を追加する。しかし、三回表に龍大先発の柳橋(社1)が一死二塁から2本のタイムリーで同点に追い付かれ試合は振り出しに戻る。

西脇さん【先制タイムリーの西脇】

 

秋山さん【秋山もタイムリーを放ち二点を先制】

追い付かれた後は、龍大の盤石中継ぎ陣は一年生柳橋が降板後も二番手駿河(政3)から三番手の竹村(文1)、四番手中田(社4)と繋いで勝ち越しを許さない。一矢報いたい打線だが、大院大の投手陣も粘りを見せてあと一本が出ずに延長戦はタイブレークにまでもつれ込む。10回から登板の上谷(文2)がタイブレークで無死一、二塁から始まった十二、十三回表を無失点で切り抜け打線の援護を待つ。

13回裏に同じく無死一、二塁から柴本(社3)の犠打を挟み、一死二、三塁となり代打の主将寺崎(社4)が打席に入る。この試合は、ランナーコーチなどの裏方から支えていたキャプテンは初球の高めに浮いたボールを逃さなかった。鋭く振り抜き、打球はセンター前に抜けてサヨナラ打となった。三時間を超える熱戦は龍大がサヨナラで制した。

上谷さん【粘りの投球で初勝利の上谷】

 

寺崎さん【決勝タイムリーを放った寺崎】

 

≪コメント≫

寺崎主将「先制点をとれて、こっちの流れに持ってこれた。同点になったがピッチャー陣が粘ってくれたので、焦ることはなく延長に持って行けたらいいなと思っていた。四回生が抜けて下級生たちが上がってきてくれて若い力が出てきてくれた。打撃は、『チャンスでの一本』と言うのを目指してやってきて初回と最終回にその成果が出たと思う。(ユニフォームを旧ユニフォームに戻したのは)常勝時代の良い時の龍大を取り戻すために、OBから(提案されました)。(代打で出たときは)狙っていたストレートが高めに浮いたので、思い切って振りぬけました。リーグは始まったばかりでここから全部取っていけば優勝も見えてくるので、そこを目指していきたい」

 

勝ち越しを懸ける二戦目は、大院大に先制される形となった。三回裏、二死走者なしから、四球を挟み二死一塁から二連続のタイムリーで龍大先発の向井義(社1)が二点を失う。しかし、五回表一死二、三塁から三番島野のタイムリーで一点を返す。その後の向井は130㎞中盤の直球と球速差の少ないスライダーを使い分け大院大をかわしていく。

義向井【先発の向井は八回を投げ切った】

 

 

追い付かなければタイに戻されてしまう状況で、九回表の先頭打者は代打の大西(社3)がコールされる。初球の高めに浮いたスライダーは大西が「春にも同じ投手から同じ球種・コースのボールを左中間へのフェン直を打った」と語るように、張っていたボールを振り抜いたあたりはバックスクリーンへ飛び込み、同点となる。勢いづいた龍大だったが、後続が続けず延長戦に突入した。

大西さん【代打でソロアーチを放った大西】

 

勝ち越せなかった流れは、じわじわと大院大に傾いた。九回裏こそ、三番手中田がゼロで抑えるが、10回裏は一死からヒットと四球で二死一、二塁のピンチを招く。中田は追い込むも相手打者にライトへ上手く流されサヨナラの得点を許してしまい、大学初失点初黒星となった。今節の勝ち点は17日の三戦目の結果次第となる。

 

≪コメント≫

大西選手「初球に甘いボールが来たところにあわしていけました。春も同じ投手から同じ球種・コースのボールを打っていた。いってくれと思いながら(ダイヤモンドを)走っていた。自分が打ってもチームが負けたら意味がない。バッテリーは若いのでそこを打撃陣でカバーしていけたらいい」

 

(龍魂編集室 記事/青木 学登 写真/松本早紀・青木学登・渡部恭大)

龍魂編集室では現在新入部員を募集中!

興味がある方は tokoton_ryukon@hotmail.comまで!

【硬式野球部】春季終了、まさかの最下位で幕

19日から21日まで皇子山総合運動公園野球場で行われた、関西六大学秋季リーグ第七節龍谷大対大阪学院大は大阪学院大が勝ち点を獲得して幕を閉じた。龍谷大は初戦をタイブレークの末、サヨナラで制したが二戦目以降は大阪学院大の打線の勢いを止めることが出来ず、二連敗。三戦目は負ければ最下位の背水の陣だった。また、春季リーグは大阪商業大が第七節で京都産業大に二連勝し、四季連続十七回目の優勝を決め、6月に行われる全日本大学選手権に出場する。

 

〔試合結果〕

19日 ●大院大4―5×龍谷大○(延長13回)

20日 ●龍谷大2―6大院大○

21日 〇大院大8―1龍谷大●

 

中田さん【初戦で好リリーフを見せた中田】

 

【初戦】

龍大先発投手の波多野(社2)は立ち上がりこそ無失点で切り抜けたものの4回表に、大院大の4番清水にレフトへソロ本塁打を浴びると、5回表にも、二死満塁から清水に初球の甘く入った直球を狙われ、左中間を破る走者一掃の適時二塁打を許す。しかし、投手陣が継投策でその後のピンチを抑える中、8回裏一死二、三塁から3番滝本(社3)の中前適時打で1点を返す。続く、9回にも先頭の川井(国4)が右前安打で出塁すると、7番西脇(社3)の左中間への二塁打で無死二、三塁とし、代打大西(社3)の左中間への適時二塁打で一点差まで詰め寄る。さらに、一死三塁から1番菅根(国4)の右前適時打で同点に追いつく。9回から登板の中田(社4)が続投する中、13回表に大ピンチを迎える。この回から、タイブレークとなり、無死一、二塁から始まる。エラーを挟み無死満塁となるが、ここから中田のギアが上がる。続く打者2人を三振に打ち取ると、最後は内野ゴロで勝ち越しを許さない。その裏に、龍大はタイブレークの無死一、二塁から犠打と四球を挟み、途中出場の田頭(社4)が打席に入る。カウントノーボールツーストライクからの3球目を振り抜いた打球は、遊撃手への内野安打となりサヨナラ勝ち。龍大が3時間を超える熱戦を制した。

 

川井さん【9回裏、攻撃の口火を切った川井(写真中央)】

大西さん【一点差に迫る適時打を打った大西】

菅根さん【同点適時打を打った菅根】

 

【二戦目】

この日は、先攻だった龍大だったが1回裏の無死満塁の好機で得点を挙げられなかった流れをそのままに苦しい試合展開となる。その裏に、先発駿河(政3)が無死満塁のピンチを招くと、押し出しの四球で先制を許す。3回裏にも一死二、三塁から中前適時打で1点を追加される。打線は、投手陣を援護したいところだったが、相手先発の左腕北本の縦に大きく曲がる変化球に苦戦し、的を絞れない。5回、7回にもそれぞれ1点と3点を失うと9回は3人で攻撃を終了し、二戦目を落とした。続く三戦目も大院大に敗れ、春季リーグは最下位と言う結果で終わった。

 

堀口さん【二戦目でタイムリーを打った堀口(理4)】

 

〔監督・選手コメント〕

 

杉森監督(初戦後)

「八回までリードされていたが、気力でなんとか追いついた。タイブレークとなった後も中田がよく凌いでくれた。全員の勝ちたいという気持ちが強かったので何とか勝ちに結びついた」

 

杉森監督(二戦目後)

「負けて残念だ。今日を勝って最終戦にしたかった。春季リーグで見えた良いところは、選手一丸となって戦えたこと。課題はチャンスでのあと一本が出ない事。秋に向けては、タイムリーを出せるように集中してやっていきたい」

 

中田竜次投手(初戦後)

「同点か一点差の場面でいくと監督に言われていた。(延長戦の守備の時に監督自身がマウンドに向かったが)流れが悪いから、深呼吸していこうという事を伝えてくれた。」

 

田頭寛至内野手(初戦後)

「バックアップする立場から試合を見ていて、負けそうだったが、8,9回で追い付いてくれた。最終節という事で負けたくないと言うみんなの執念が伝わってきて、チーム一丸となって戦えた良い試合だった。(最終打席は)あれだけ応援してくれて、繋いでくれて、なんとかしたいという気持ちだけだった。ヒットがでたのは、スタンドやベンチの人たちのお陰です」

 

寺崎祐介主将(二戦目後)

「二連勝で勝ち切りたかった。惜しいところまで行ったが終盤の3失点が痛かった。春季リーグで良かったところは、終盤で粘りを見せることが出来たこと。悪い点は、エラー絡みで失点してしまったこと。(秋季リーグに向けて)優勝を目指してやるのは変わりない。春のリーグ戦でも成長できている部分もあると思うので、それをもっと成長させることと、できていない所を修正していきたい。秋に向けてもっといいチームを作っていきたい」

 

(龍魂編集室 記事/青木 学登 写真/青木学登・渡部恭大)

龍魂編集室では現在新入部員を募集中!

興味がある方は tokoton_ryukon@hotmail.comまで!

【硬式野球部】好機生かせず、大経大に連敗

16日に南港中央公園野球場で行われた関西六大学野球春季リーグ第6節、龍谷大対大経大は2ー4で大経大が制した。龍谷大は、1戦目を負けているために連敗は避けたいところだったが、再三の好機を生かせず大経大の先発左腕内林を打ち崩せず連敗となった。

 本日の第2試合目となった大経大との一戦は、第1試合目に神院大が大院大に勝利したため3位京産大、4位龍大の優勝の可能性の完全消滅が決定した後のゲームとなった。

BD6A6A0F-E4F5-427B-80A5-2840AF0CD920【2点本塁打以外は上々の投球だった先発の駿河(政3)】

 3回裏に、先頭の山本(国3)が四球で出塁すると9番柴本(社3)の左前適時打で1点を先制する。5回表に無死一塁から2点本塁打で逆転を許すがその裏に一死満塁から寺崎(社4)の二ゴロの間に1点を返し同点に追いつく。しかし、7回表に一死二塁から中前適時打を打たれると8回表にも一死三塁からスクイズを決められてとどめを刺された。龍大は、次の最終節の大院大との試合で連勝して上位へ割って食い込みたい。

378A5B02-93A9-4AF1-AC2A-5CC9864DF46B【猛打賞を記録した柴本(社3)】

【杉森監督コメント】

駿河投手はよく頑張った。エラーの後のホームランだけだった。ホームランの次の回も点をとられたがまともに打たれたわけではなかった。次の大院大戦は勝つしかない。

(龍魂編集室 記事/写真 青木 学登)

龍魂編集室では現在新入部員を募集中!

興味がある方は tokoton_ryukon@hotmail.comまで!

ページの先頭へ

ページの先頭へ