バドミントン部

龍大勢、日本のトップに挑む!!!

日本国内個人戦の最高峰、日本チャンピオン、そしてナショナルチーム代表を決める全日本総合選手権に、11名の龍大勢がチャレンジ。

 

(日程)

全日本総合バドミントン選手権大会

平成28年11月28日~12月4日

(国立代々木競技場第二体育館)

 

(本文)

女子シングルス本選(32名)にインカレ優勝の下田(済4)と準優勝の杉野(法4)が出場した。

1回戦、下田はインターハイ優勝者の仁平(富岡高)との各界のチャンピオン同士の対決となった。また、杉野は予選から勝ち上がってきた漆崎(山陰合同銀行)と対決。下田は1ゲーム目から積極的なラリー展開に持ち込み点数を重ねていく。途中相手に流れを持っていかれそうになるものの相手の逆をつくショットやキレのあるクロススマッシュが要所で決まりキャリアの差を見せ勝利した。一方、杉野は試合前日から体調を崩しており思ったように練習が出来ていない中試合に臨んだ。杉野の持ち味であるフットワークの速さやフィジカルの強さを活かしたいところであったが相手の方が杉野の上手をいっていた。終始相手に先手を取られるラリーが多く、上手く波に乗ることが出来ずに惜敗。

2回戦に進んだ下田は全日本社会人2位の斎藤(ACT SAIKYO)との対決。1ゲーム目からお互い譲らぬ展開となるがお互いに重要な場面でミスが出てしまい1ゲームずつ分け合う。ファイナルゲームもシーソーゲームが展開されたかと思われたが、相手の長身を活かした角度のあるショットが次々と決まる。8-11のビハインドで折り返した後半、下田も簡単には点数をやるまいと食らいついていったものの相手のネット前の球が下田を苦しめ点数を奪うことができずゲームカウント1-2と悔しい2回戦敗退となった。下田、杉野と敗れはしたものの龍大として出場する最後の試合で直接試合を目の当たりにした後輩達の心の中に刻み込むような素晴らしい試合を見せてくれた。この2人のように絶対的な存在になる様な選手がまた出てくる事を残された後輩達に期待したい。また、今後の2人の活躍に期待だ。

 

女子ダブルス本選には野田(政2)・毛利(法2)が出場し、1回戦でナショナルB代表の櫻本・高畑(YONEX)と対決した。相手の球の強さやタッチの速さに終始押されてしまい2人の攻めの形を上手いようにさせてもらう事が出来ずに点数を与えてしまう。途中流れがこっちに傾きかけていたが、サーブ周りの甘さや簡単なミスが出てしまい流れをつかむことが出来ずに13本と9本で敗北。

その他、女子シングルスで森(営3)が日本リーグ2部3位日立化成のエースを破り予選1回戦突破したものの、本選出場には届かなかった。しかし、予選でも実業団相手に引けを取らない試合を展開した。

目標のベスト8進出にはいたらなかったが、日本のトップ選手との試合経験を成長に繋げたい。来年の上位進出、インカレ団体優勝に向けて新たなスタートを切った。

 

%e5%85%a8%e6%97%a5%e6%9c%ac%e7%b7%8f%e5%90%88%e3%80%80%e4%b8%8b%e7%94%b0%e6%b8%884

来年への期待がかかる戦い!!!

今年度の京都学生新人戦大会等の上位者を除いて行われる、京都学生クラス別大会。普段入賞まで手の届かない選手にとってのチャンスとなるこの大会。龍大からも2回生の北村、大西が出場し、部員たちの注目を集めた。

 

 

京都学生クラス別大会 12月3日、12月4日、12月10日

(於:京都府立大学、佛教大学、同志社大学)

 

結果: 男子シングルス

ベスト8  北村智孝(理2)

ベスト16 大西将暉(文2)

 

男子ダブルス

ベスト8  北村智孝(理2)・大西将暉(文2)

 

<男子シングルス>

男子シングルスに2人が出場。今大会第1シードの北村(理2)は実力通りのプレーでベスト8に駒を進める。準々決勝で第4シードの同志社大学の選手と激突。1ゲーム目はリードを許す展開となるが終盤で逆転し1ゲーム目を先取。しかし2ゲーム目を取られてしまう。ファイナルゲームは本来のプレーでリードを奪うも逆転を許し、ベスト8で今大会を終えた。違うブロックから勝ち進んだ大西(文2)はベスト8をかけて立命館大学の選手と対戦。1ゲーム目は持ち前のスマッシュを武器に得点を少しずつ重ねこのゲームを奪う。しかし2ゲーム目は奪われ、後が無くなった大西はファイナルゲームに気持ちを切り替えるものの惜しくもあと一歩及ばず、ベスト16という結果になった。

 

<男子ダブルス>

男子ダブルスでは順当にベスト8まで駒を進めた北村(理2)・大西(文2)は準々決勝で大谷大学と激突した。シングルスでの悔しさをはらすべく2人はコートに立った。しかし1ゲーム目を先取され、2ゲーム目を取り返すがファイナルゲームでは相手の流れに引き寄せられ惜しくも敗退しベスト8で今大会を終えた。

 

接戦で勝利を手にできなかった2人だが、課題を見つけることができ来シーズンに向けて収穫のある大会となった。この悔しさを忘れず次の大会に期待したい。

 

%e3%82%af%e3%83%a9%e3%82%b9%e5%88%a5%e3%80%80%e5%8c%97%e6%9d%91%e3%83%bb%e5%a4%a7%e8%a5%bf

女子が単・複の2冠奪取!!

関西の大学1・2回生のみで争われる関西学生バドミントン新人戦大会。今年度も強者たちが出揃う中、龍大部員たちが着々と力を出し奮闘を見せた。

 

関西学生バドミントン新人戦大会

11月8日、9日、11日、10日、17日、18日

(大阪市中央体育館・舞洲アリーナ・大阪市立千島体育館)

(結果)

男子シングルス

3位    田中佑貴(営1)

ダブルス

3位    坂口拓未(営2)・後藤祐太(文2)

ベスト8  田中佑貴(営1)・中島拓哉(営1)

 

女子シングルス

優勝    朝岡依純(法2)

準優勝   毛利未佳(法2)

ベスト8  高橋はるか(営2)

落司実瑠(法1)

ダブルス

優勝    朝倉みなみ(政1)・斉藤ひかり(営1)

準優勝   毛利未佳(法2)・野田千遥(政2)

ベスト8  西江彩花(文1)・種岡遥(政1)

大谷真代(短1)・落司実瑠(法1)

(男子)

男子ダブルスで準決勝に駒を進めたのは坂口(営2)・後藤(文2)ペア。準決勝の相手は関西学院大学の2回生ペア江川・石川。序盤、相手が守りに入ってくれたこともあり攻撃のリズムを作れ、連続得点で差を広げた。しかし、中盤から相手の前へ前へと詰めてくる思い切ったプレーの前に引いてしまい、1ゲーム目を逆転され奪われてしまう。続く2ゲーム目も序盤は競るも、後半失速する展開となってしまい、持ち前の攻撃力を活かせずにストレート負けを許してしまった。しかし、シングルスをメインにやってきた後藤にとってダブルスでも戦えることを存分に示した。2人とも来季に向け、さらなる飛躍を誓った。

男子シングルスで準決勝に駒を進めたのは1回生期待のルーキー田中(営1)。強敵を倒しての準決勝進出のため、優勝候補の1人であった。準決勝の相手は近畿大学1回生の馬場。序盤、田中の持ち味である攻撃力でスマッシュを要所で決めていき、リードを奪う。しかし後半、田中の攻撃が読まれ出し、粘り強くレシーブされる展開が多くなり、1ゲーム目を逆転され奪われる。迎えた2ゲーム目。1ゲーム目後半からの悪い流れから自分のペースを作ることができず、後半連続得点を許してしまい準決勝敗退となった。しかし、他大学のレギュラーを倒しての3位入賞は大きな自信となっただろう。今後の活躍に期待したい。

 

(女子)

女子シングルスのベスト4には昨年今大会優勝者の朝岡(法2)と毛利(法2)が進出した。準決勝第1試合、朝岡は蘭(関西学院大)との対戦。相手が昨日の準々決勝での足の負傷により普段通りのプレーを発揮することが出来ずに終始朝岡がこの試合を支配し2-0で圧勝。もう一方では毛利が関西学院大のエース重信と対戦。準決勝まで龍大戦を制して来ていた相手に対し、これ以上勝たせる訳にはいかないといった強気のプレーで相手を突き放し2-0で勝利。決勝は朝岡と毛利の龍大対決となった。第1ゲームから1点ずつの奪い合いとなる展開となり1ゲームずつ分け合いファイナルゲームでもゲームの流れは大きく変わらず19-19に並ぶと最後は朝岡の集中力が勝りそのまま逃げ切った。昨年に続く優勝で朝岡が2連覇を達成した。

 

女子ダブルスベスト4には野田(政2)・毛利と斉藤(営1)・朝倉(政1)が進出。準決勝第1試合野田・毛利は重信・佐々木(関西学院大)との対決となった。途中リズムを崩してしまいファイナルになるも、攻めのプレーを貫き危なげなく2-1で勝利。第2試合は斉藤・朝倉と竹中・山下(甲南大)との対決。安定したプレーで相手を寄せ付ける事なく2-0で圧勝。同校対決となった決勝は第1ゲーム斉藤・朝倉の速い展開に野田・毛利は苦しみミスが続いてしまいこのゲームを落とす。第2ゲームも1回生ペアのペースとなったがこのまま簡単に負けられない2回生ペアはセティングにもつれはしたもののこのゲームを取り返す。ファイナルゲーム中盤までお互い譲らぬゲーム展開になったが要所で野田・毛利のミスが出てしまい斉藤・朝倉の勝利となり京都学生に引き続いての優勝となった。

%e9%96%a2%e8%a5%bf%e6%96%b0%e4%ba%ba%ef%bc%88%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%ab%e3%82%b9%e5%84%aa%e5%8b%9d%e3%81%ae%e6%9c%9d%e5%b2%a1%ef%bc%89 %e9%96%a2%e8%a5%bf%e6%96%b0%e4%ba%ba%ef%bc%88%e3%83%80%e3%83%96%e3%83%ab%e3%82%b9%e5%84%aa%e5%8b%9d%e3%81%ae%e6%9c%9d%e5%80%89%e3%83%bb%e6%96%89%e8%97%a4%ef%bc%89

京都学生、全種目で龍谷大学が王者に。 女子シングルスでベスト4を独占!!

各大学、ほとんどの四回生が引退し、来年度への新たなスタートとなる京都学生バドミントン選手権大会。いくつかの出場資格が定められ、ふるいにかけられた選手のみで行われるこの大会では、毎年、初戦からハイレベルな戦いが繰り広げられる。その中で、今年も龍大生が活躍を見せた。

京都学生バドミントン選手権大会  11月5日、12日、13日(立命館大学茨城キャンパス、京都大学)

(結果)

男子シングルス

優勝    清水智彦(営3)

準優勝   内田裕太郎(政3)

4位    中村大志(文3)

ベスト8  後藤祐太(文2)

ダブルス

優勝    成富勇太(法3)・川口寛祐(文1)

3位    内田裕太郎(政3)・阿部柊斗(済1)

ベスト8  田中佑貴(営1)・中島拓哉(営1)

女子シングルス

優勝    朝岡依純(法2)

準優勝   野田千遥(政2)

3位    嶺井優希(政3)

4位    毛利未佳(法2)

ベスト8  山藤千彩(政3)

高橋はるか(営2)

種岡遥(政1)

ダブルス

優勝    朝倉みなみ(政1)・斉藤ひかり(営1)

ベスト8  毛利未佳(法2)・野田千遥(政2)

高橋はるか(営2)・米山麻美(済1)

大谷真代(短1)・落司実瑠(法1)

(男子)

男子シングルス準決勝に龍大からは3人が進出。準決勝第1試合、今大会2連覇を狙う内田(政3)の相手は京都産業大学のエース曽根。1ゲーム目、内田の持ち前のスピードとアタック力で終始主導権を握り、接戦を勝ちきる。続く2ゲーム目はシーソーゲームとなるが最後は抜け出し、ストレート勝ちで決勝進出を決めた。

準決勝第2試合は清水(営3)と中村(文3)の同校対決となった。中村は持ち前のアタック力で果敢に攻めるが、清水のレシーブ力と粘り強さの前に後一歩及ばず、清水が同校対決を制する。内田と清水の同校対決となった決勝戦はここまでフルセットを戦い続けた内田の体力も限界に近づいており、清水がゲームを完全に支配し、ストレート勝ちで優勝を決めた。3位決定戦は中村と曽根の戦い。ゲーム序盤競り合うも曽根の巧みなラリー力の前に中村は思うように攻めることが出来ない。1、2ゲーム共に終盤離されてしまう展開となり、悔しい敗戦となった。

 

男子ダブルスでベスト4に内田・阿部(済1)と成富・川口(文1)が駒を進めた。準決勝第1試合、内田・阿部ペアの相手は京都産業大学のエースダブルス國本・曽根ペア。昨年も3位に入賞している実力派のペアの前に1ゲーム目を大差で奪われる。しかし2ゲーム目は内田のテクニックと攻撃力で挽回し、阿部も徐々に調子をあげ、相手を追い上げる。しかし、最後は相手のコンビネーションの前に一歩及ばなかった。

準決勝第2試合、成富・川口ペアの相手は西日本インカレ、全日本インカレで調子を上げてきている同志社の寺脇・大島ペア。1ゲーム目はシーソーゲームをものにし先取したが、2ゲーム目は開き直った相手を止めることが出来なかった。そして勝負のファイナルゲーム。成富の持ち前のゲームメイク力で上手く球をあげさせ、川口が攻撃する良い形をつくり、猛反撃。終始その調子で勝ちきり、決勝進出を決めた。そして決勝。

同校対決とはならなかったが、成富・川口は内田・阿部が負けた悔しさを背負いコートに入った。1ゲーム目序盤に差を広げられるが、気持ちを入れ直し、追い上げていく。セッティングまでもつれたが、最後は持ち前の攻撃力で競りをものにした。しかし2ゲーム目は相手も意地を見せ、取られてしまう。そしてファイナルゲーム。成富が序盤からレシーブで相手を崩し、チャンス球をあげさせ、2人で連続攻撃する良いパターンが作れた。追いすがってくる相手を最後は気持ちで振り切り、見事優勝を飾った。

 

3位決定戦、内田・阿部が2人の持ち前の攻撃力を生かし、1ゲーム、2ゲーム共に終始リードを見せ、圧勝し、3位入賞を果たした。

 

(女子)

女子シングルスはベスト4を龍大が独占。準決勝第1試合野田(政2)と嶺井(政3)の対決。出だしから嶺井は得意の攻撃的なプレーで攻める。しかし、野田が昨日ダブルス準々決勝で破れた悔しさをぶつけ思い切ったプレーでストレート勝ちを収め、シングルスで初の決勝進出となった。第2試合毛利(法2)と朝岡(法2)の対決。終始朝岡がゲームの主導権を握りストレートで朝岡の勝利。決勝は野田と朝岡の対決となった。第1ゲームお互い1歩も譲らぬゲーム展開となり野田が先にゲームポイントを握るものの20-20で並ぶと朝岡の勝負強さが勝り23-21で朝岡が先取。第2ゲームも1点ずつ取り合う展開となったものの、終盤朝岡の集中力と最後まで攻め続ける気持ちがラリーをものにし、朝岡としては嬉しい今季初優勝となった。3位決定戦は嶺井と毛利の対決。ファイナルまでもつれる試合になるが、嶺井の攻めのプレーが吉と出て2-1で嶺井の勝利。

女子ダブルスはベスト4に斉藤(営1)・朝倉(政1)のみの進出となった。準決勝は橋本・松本(立命館大)との対決。2人の前衛と後衛のかみ合ったプレーに相手はついてくる事ができずに2-0で勝利。決勝は長谷川・下陸(立命館大)との対決となった。第1ゲーム相手の強打や前衛からの球出しに苦戦し、セティングにもつれるが2人の勝利への強い気持ちがシャトルにも伝わり得点を重ねこのゲームを取る。第2ゲームは相手にペースを握らせないようなラリー展開に持ち込み、朝倉の強打と斉藤相手のミスを誘うような配球が相手の勢いを封じ勝利。斉藤・朝倉も今季初のタイトルを獲得した。

 

 

%e4%ba%ac%e9%83%bd%e5%ad%a6%e7%94%9f%ef%bc%88%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%ab%e3%82%b9%e5%84%aa%e5%8b%9d%e3%81%ae%e6%b8%85%e6%b0%b4%ef%bc%89

%e4%ba%ac%e9%83%bd%e5%ad%a6%e7%94%9f%ef%bc%88%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%ab%e3%82%b9%e5%84%aa%e5%8b%9d%e3%81%ae%e6%9c%9d%e5%b2%a1%ef%bc%89 %e4%ba%ac%e9%83%bd%e5%ad%a6%e7%94%9f%ef%bc%88%e3%83%80%e3%83%96%e3%83%ab%e3%82%b9%e5%84%aa%e5%8b%9d%e3%81%ae%e6%88%90%e5%af%8c%e3%83%bb%e5%b7%9d%e5%8f%a3%ef%bc%89 %e4%ba%ac%e9%83%bd%e5%ad%a6%e7%94%9f%ef%bc%88%e3%83%80%e3%83%96%e3%83%ab%e3%82%b9%e5%84%aa%e5%8b%9d%e3%81%ae%e6%9c%9d%e5%80%89%e3%83%bb%e6%96%89%e8%97%a4%ef%bc%89

ページの先頭へ

ページの先頭へ