バドミントン部

【バドミントン部女子】神院大に圧勝。開幕戦を白星で飾る!

9月12日、龍谷大学において平成30年度関西学生バドミントン秋季リーグ戦開幕戦が行われた。神院大相手にストレートで勝利。初戦を白星で飾り、幸先の良いスタートとなった。

先日行われた西日本インカレを制覇し勢いに乗る龍大は第1S、第2Sと危なげなく勝利を収める。続く第1Wでは野田(政4)と斉藤(営3)が息の合ったプレーで相手を圧倒。野田のスマッシュが次々と決まり2-0のストレートで勝利。続く第2Wでは米山(済3)と生木(営1)が出場。第1ゲームは12-12と同点になるも、先輩の米山が生木を上手くフォローし大きくリードする。すると生木も積極的にスマッシュを決めこのセットを制す。続く第2セットでは相手を前後に揺さぶり相手のミスを誘う。そして大差をつけ21-12で勝利。

バド 落司
【第2Sで勝利した落司(法3)】

続く第3Sに出場した志波(政2)は「第1ゲームでは緊張して自分のプレーができなかった」と語るように少し硬さが見られた。19-15とリードするも4連続失点を許す。そのまま相手の流れに飲まれるかと思われたが相手のミスに助けられこのセットを奪う。第2ゲームは第1ゲームと変わり、志波のコースの良い鋭いスマッシュに相手は対応できない。そして最後は6点を連取しストレートで勝利を決める。この結果、神院大相手にストレートで勝利。王者の強さをみせつけた。

バド 志波さん
【苦戦しながらも勝利を決めた志波】

西日本インカレの疲れを見せないプレーを終始見せた龍大。春には15連覇を果たし龍大女子バドミントン部の勢いは止まらない。残りのリーグも圧倒的な強さをみせつけてほしい。

〈朝岡主将(法4)のコメント〉
「全体的には納得のいく試合が出来たので良いスタートが切れたと思う。最後のリーグだったので自分のやるべきことをしっかりやることと1本を取ることを心掛けた。今日の試合はシャトルが飛んでいたため、それに対応できている人とできていない人がいた。どんな状況でも対応できるようにどうすればいいかをもっと考えていかなくてはならない。これから連戦が続くがチーム一丸となって戦いたい」

〈志波選手のコメント〉
「出だしがあまり良くなかったので第2ゲームでは守りに入らず攻めることを意識した。ミスをしても時間を空けて考える時間を作ることを心掛け、第2ゲームでは自分のペースで攻めることができた。試合前は緊張していたが試合していく中で本来のプレーをすることができたと思う。次試合に出るときは第1ゲームから自分のペースに持っていけるようにしたい」

(龍魂編集室 記事/綾井唯 写真/佐野翔哉)
龍魂編集室では現在新入部員募集中!!
興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!!

【バドミントン部男子】関学大を破り連覇達成!!

9月5日、岡山市総合文化体育館において第58回西日本学生バドミントン選手権大会、団体戦の準決勝、決勝が行われた。準決勝の相手は近畿大で3-1と勝利。続く決勝の相手は関学大。白熱した大接戦となるも龍大が3-2で勝利し、見事4連覇を成し遂げた。

準決勝の相手は近畿大となった。まず第1Sに出場したのは田中(営3)。第1・第2ゲームとともに互いに譲らないプレーが続く展開となったが得意のスマッシュなどで得点を重ねていき22-20、21-19と接戦を制してストレート勝ちを収めた。続く第2Sに出場したのは川原(政2)。まず第1ゲームを取ると第2ゲームではデュースにもつれ込む均衡した戦いとなったが24-22と粘り強さを見せ、第1Wに繋げた。その第1Wに出場した本田(営2)・中島(営3)は第1ゲームをなんとか取ると、第2ゲームを相手に攻め込まれ落としてしまう。立て直したい第3ゲームではあったが惜しくも接戦を制すことができず敗戦となった。第2Wには坂口(営4)・川原(政4)が出場。相手の流れになる場面もあったが、その後は安定した強さを見せストレート勝ちを収め、3-1で近畿大を撃破した。

IMG_8835 田中
【Sで大活躍した田中】

決勝の相手は関学大。第1Sに出場した川原は序盤から相手の勢いに押され第1ゲームを落とすと続く第2ゲームでも自分のリズムに持っていくことができず8-21と敗北を喫した。第2Sに出場した田中は序盤から流れを引き寄せ第1ゲームを取ると、続く第2ゲームでも終始リードする展開が続き21-6と相手を下してストレート勝ち。続く第1Wには本田・中島が出場。第1ゲームを惜しくも落とすも、第2ゲームでは勢いを取り戻し主導権を渡すことなく流れを龍大に引き寄せた。その流れを維持して勝ち切りたいところではあったが、粘り切ることができず惜しくも敗戦となった。続く第2Wには坂口・川原が出場。ここまでチームを引っ張って来た4回生ペアが安定した強さを見せ第1・第2ゲームと相手を圧倒しストレート勝ち。4回生としての意地を見せ、連覇への道を第3Sへと繋いだ。その連覇を託された第3Sには本田が出場した。序盤から互いに得点が入るたびに会場が沸いた。第1ゲームを21-12で取ると、第2ゲームでも会場の応援を力に変えて闘志あふれるプレーで応え21-13と見事ストレート勝ちを収め龍大バドミントン部男子は4連覇を成し遂げた。

IMG_9052 本田 決勝

IMG_9148 集合
【連覇を成し遂げた選手たち】

チーム一丸となって見事連覇を成し遂げることができた。春リーグ3位という悔しい結果に終わったリベンジも果たし、龍大の強さを改めて示すことができた。これから始まる個人戦でもそれぞれが強さを見せ勝ちあがっていってほしい。

(龍魂編集室 記事/上原航輔 写真/佐野翔哉)
龍魂編集室では現在新入部員募集中!!
興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!!

【バドミントン部男子】 ベスト4進出を決める!

9月4日、岡山市総合文化体育館において第58回西日本学生バドミントン選手権大会が行われた。前日の対金沢工業大をストレート勝ちで収めた龍大の対戦相手は大経大。3-0で見事勝利し、第3戦目の大阪成蹊大にも3-0で力の差を見せつけて勝利し、龍大バドミントン部男子はベスト4進出を決めた。

2戦目は大経大との対戦となった。第1Sは田中(営3)が出場し、第1ゲームは序盤ネット際のミスなどもあり相手にリードを許す展開もあったが徐々に立て直し、このゲームを取る。第2ゲームは相手の勢いに押されつつも粘り強いプレーで苦戦しながらもストレート勝ちを収めた。続く第2Sは後藤(文4)が出場した。第1ゲームは相手のミスなどもあり徐々に得点を重ねていき、第2ゲームでも終始リードする展開で21-11と快勝しストレート勝ちを収めた。続く第1Wには本田(営2)・中島(営3)が出場し、ラリーを制すなど主導権を渡すことなく連続スマッシュなども決め相手を圧倒。危なげなくストレート勝ちを収めた。大経大戦を3-0で勝利し次へ駒を進めた。

IMG_8562  本田
【S・Wで活躍した本田】

準々決勝の相手は大阪成蹊大。第1Sに出場した本田は勢いのある連続スマッシュなどを決めていき第1ゲームを取る。第2ゲームでは相手のプレーに苦戦し接戦となるもこのゲームを取りストレート勝ち。第2Sに出場した川原(政2)は3ゲーム目までもつれ込む白熱した展開となった。第1ゲームを相手に攻め込まれ自分のリズムでプレーすることができず19-21で落としてしまう。2ゲーム目も接戦となるがなんとか勝ち、3ゲーム目では自分の勢いを取り戻し終始相手を圧倒し見事勝利した。続く第1Wに出場したのは4回生ペアの坂口(営4)・川原(政4)。第1ゲームを12連続ポイントなどで相手を圧倒し21-5でゲームを取り、第2ゲームでも息の合ったプレーで危なげなくストレート勝ちを収めた。大阪成蹊大戦も3-0で勝利し、龍大バドミントン部男子はベスト4進出を決めた。

IMG_8707 pea
【4回生としてチームを引っ張る坂口・川原ペア】

順調に勝ち進みベスト4進出を決めた龍大バドミントン部男子。連覇がかかる龍大であるが明日の準決勝をまず勝ち、決勝をチーム一丸となって優勝を決めてほしい。

<坂口主将のコメント>
「3-0でチームとして勝って明日の最終日に繋げたいと思っていたので無事勝つことができて良かった。自身の1Wでは自分が回ることは決まっていたので勝ってチームに勢いづけたいと思っていた。春リーグ3位という悔しい結果になって絶対にリベンジをするという気持ちで連覇もかかっているので一丸となって優勝したい。」

(龍魂編集室 記事/上原航輔 写真/佐野翔哉)
龍魂編集室では現在新入部員を募集中!!

絶好調の龍大!女子単・複、混合複で頂点に!!

京都の高校生から実業団・社会人まで、カテゴリーを越えて戦われる京都府総合バドミントン選手権大会。ベスト8以上には全日本総合選手権大会に繋がる、近畿総合選手権大会への切符が与えられる。接戦を多く繰り広げ、女子単・複、混合複の3種目で頂点をつかみ取った。

京都府総合バドミントン個人選手権大会
7月 8日(日) 於:ハンナリーズアリーナ
7月15日(日) 於:立命館大学茨木キャンパス

(結果)
男子シングルス  ベスト4  川原総麿(政2)  
         ベスト8  本田大樹(営2)  
     
ダブルス     準優勝   坂口拓未(営4)・川原祥人(政4)
         ベスト4  中島拓哉(営3)・本田大樹(営2)
         ベスト8  家壽多慶太(法1)・三宅将平(営1)
           
女子シングルス  優勝    野田千遥(政4)
         ベスト4  西江彩花(文3)
               種岡遥(政3)
         ベスト8  志波寿奈(政2)
               小林栞菜(政1)

ダブルス     優勝    毛利未佳(法4)・野田千遥(政4)
         準優勝   米山麻美(済3)・種岡遥(政3)

ベスト4     青山栞子(政2)・志波寿奈(政2)
ベスト8     栃本ゆき乃(文2)・野田帆奈美(済2)
         若林千織(済2)・辻田真希(営4)
         生木萌果(営1)・村上知紘(法1)

混合ダブルス    優勝    坂口拓未(営4)・朝倉みなみ(政3)
         準優勝   川原祥人(政4)・毛利未佳(法4)
         ベスト4  川口寛祐(文3)・斉藤ひかり(営3)
                 

男子シングル
準決勝まで駒を進めた川原そ(政2)は、三菱自動車京都の常塚と対戦。お互い1ゲームずつ取り合い、勝負はファイナルゲームへ。序盤から鋭いショットを打ち攻めるが、相手の粘り強く丁寧なプレーに対し、我慢することが出来ずファイナルゲーム21-14で敗れ、ベスト4となった。

男子ダブルス
ベスト4に坂口(営4)・川原し(政4)、中島(営3)・本田(営2)が進出。準決勝第1試合、坂口・川原は三菱自動車京都の吉川・内田と対戦し第1ゲームを先取し、相手が途中棄権した為決勝に進出した。準決勝第2試合、中島・本田は三菱自動車京都の林谷・疋田と対戦。相手のスピードの速さに圧倒され自分たちの得意な攻撃に持って行くことが出来ず、ゲームカウント2-0で惜しくも敗退。
決勝戦、いい流れでゲーム展開を作り第1ゲームを先取。しかし相手も調子を上げ第2ゲームを落とし勝負はファイナルゲームへ。終始接戦となり緊張感のある展開が続いたが、惜しくも21-19で敗れ準優勝となった。

女子シングルス
35度の猛暑の中、接戦を勝ち抜きベスト4に3名が進出した。準決勝第1試合は種岡(政3)とジュニア日本代表の明地(京都外大西高校)が対戦。序盤からリードする展開が続いたが、相手の鋭いショットに対応出来ずゲームカウント2-0で敗退。準決勝第2試合は野田(政4)と西江(文3)の対戦となった。序盤から競り合いが続くも野田の粘り強さで押し切りストレート勝ちで決勝へ駒を進めた。決勝戦、明地の鋭いショットに苦しめられるが、しっかりと対応し第1ゲームを先取。第2ゲームは終始競り合いとなり、20対20のデュースにもつれ込んだが負けん気の強さと的確なショットで勝利、シングルス主要大会で初優勝を飾った。

女子ダブルス
準々決勝で3試合とも同校対決を見せ、ベスト4に3ペアが進出した。準決勝第1試合は米山(済3)・種岡と青山(政2)・志波(政2)が対戦。第1・2ゲーム共に米山・種岡が勢いに乗りゲームカウント2-0で勝利し決勝へ駒を進めた。
準決勝第2試合は毛利(法4)・野田と明地・小野(京都外大西高校)が対戦。終始自分達のプレーで相手を圧倒し決勝へ進出した。同校対決となった決勝戦。第1ゲーム、序盤から接戦となるが毛利・野田の攻撃で押し切り、このゲームを取る。第2ゲーム勢いに乗った米山・種岡が、終盤リードし勝負はファイナルゲームへ。序盤から競り合いとなるが最後は4回生の意地を見せ、毛利・野田が勝利し初優勝を果たした。

混合ダブルス
ベスト4に3ペアが進出した。準決勝第1試合は坂口・朝倉(政3)と川口(文3)・斉藤(営3)の同校対決となった。接戦の末、ファイナルゲーム21-19で坂口・朝倉が勝利し決勝へ進出。準決勝第2試合は川原・毛利と杉本・下陸(立命館大学)が対戦し、第1ゲームを奪われ、苦しい展開となったが第2ゲームのデュースでの接戦を制し勢いに乗りゲームカウント2-1で勝利。同校対決の決勝戦。お互いに1ゲームずつ取り合い、ファイナルゲームは猛暑に体力を削られ我慢勝負となったが、坂口・朝倉が一歩リードし優勝を果たした。

京都総合ダブルス入賞者

京都総合ダブルス入賞者

京都総合シングルス・ミックス入賞者

京都総合シングルス・ミックス入賞者

ページの先頭へ

ページの先頭へ