バドミントン部

【バドミントン部女子】関学大に勝利!山場を1つ乗り越える。

9月15日、近畿大学記念会館において平成30年度関西学生バドミントン秋季リーグ戦第3戦が行われた。接戦が繰り広げられるも王者の意地をみせ、見事関学大相手にストレートで勝利を収めた。

 

「今日の試合は1つの山場だった」と朝岡主将(法4)が語るように苦しい試合が続いた。第1Sに出場した朝岡は確実に1点を取り龍大側に流れを引きつける。続く第2Sの野田(政4)は関西選手権で敗れている相手との対戦。リベンジに燃える野田は第1ゲームから接戦を繰り広げる。接戦の末、第1ゲームを21-18で取ると第2ゲームは7連続ポイントを奪うなどして大差でこのゲームを制し2-0で勝利。リベンジを果たした。

バド 野田さん

【単複で出場した野田】

第1Wでは朝倉(政3)・斉藤(営3)ペアが出場。第1ゲームからお互い激しい点の取り合いが続く。しかし朝倉・斉藤ペアが相手のミスを誘う粘りのあるプレーをみせ第1ゲームを奪う。第2ゲームでは常に有利に試合を進め2-0で勝利をあげる。続く第2Wの毛利(法4)・野田ペアは第1ゲームに9-12とリードを許すも途中4連続ポイントを奪い逆転。そのままリードを保ったままこのゲームを取る。第2ゲームでは8連続ポイントを奪うなどして点差を広げ勝利を収めた。第3Sの種岡(政3)も終始主導権を握り2-0で勝利。この結果、5-0で関学大を破った。

種岡さん

【第3Sで勝利をあげた種岡】

 

〈朝岡主将のコメント〉

「今日の関学戦は1つの山場だったがストレートで勝つことができた。これはみんなで力を合わせて戦った結果だと思う。競るということを頭に置き、もし競ったとしても焦らず自分のプレーを思い切ってやるということをみんなで声を掛け合って意識した。競った場面でも落ち着いてプレーできたことが勝因だと思う。残りの試合は相手も強いので一歩引かずにぶつかっていく気持ちで戦いたい」

 

〈野田選手のコメント〉

「シングルスの相手は関西選手権で負けていたこともあり緊張していたが、出だしから自分のプレーをすることができ良い流れで試合を進めることができた。インターバルでアドバイスしてくれたことを意識してプレーした。すると相手が嫌がっていたのでそこから積極的に攻めることができたのが良かった。ダブルスでは早い段階で修正点を見つけだすことができたのが勝因だと思う。残りの試合に勝って優勝できるように頑張りたい」

 

(龍魂編集室 記事/写真 綾井唯)

龍魂編集室では現在新入部員募集中!! 興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!!

【バドミントン部男子】立命館を下し、健闘見せる!

9月15日、近畿大学記念会館において平成30年度関西学生バドミントン秋季リーグ戦、第3戦が行われた。相手は春季リーグで敗れた立命館。接戦の末、チームカウント3-2で勝利を手にした。

第1Sの田中(営3)は1セット目終盤に11連続ポイントを決める大量リードを奪うと勢いそのままに21―16、21―9と大差で勝ち星を挙げた。第2Sの川原(政2)は1セット目を21-14で奪うが、2セット目は勝負所でポイントを取り切ることができず落としてしまう。なんとか流れを戻したかったが、粘り切ることができずファイナルセットを16-21で敗北する。

IMG_0331_Fotor

【ストレート勝ちを収めた田中】

 

第1Wの阿部(済3)・川口(文3)ペアは1セット目を落とし、2セット目では息のあったコンビネーションで相手を揺さぶるも8ポイント連取され巻き返すことができず敗戦を喫した。第2Wの川原(政4)・本田(営2)ペアは安定した試合運びで相手を寄せ付けず21-13で先取。2セット目も集中を切らすことなく粘りを見せ21―11と圧倒し、第3Sに希望をつないだ。チームの勝敗が懸かる緊張の中、第3Sに現れたのは1年生の三宅(営1)。序盤から勢いのあるプレーで主導権を握ると21-15で1セット目をものにする。しかし2セット目の中盤で10連続失点により一気に点差が広がる。一矢を報いたいところであったが、勢い止められず13―21と勝負はファイナルセットに。互いに点を取り合うシーソーゲームがしばらく続き試合は難航するが、仲間の声援を受けながら自分のペースで試合を展開し、21ー18でチームを勝利へと導いた。

IMG_0812_Fotor

IMG_0918_Fotor

【チームの期待に応えた三宅】

 

<三宅選手のコメント>

「チームカウントが2-2ってことはあんまり考えないようにした。前日に監督から、個人戦のように戦ったらいいと言われたことを思い出しながら結果はどうであれ攻めることを意識して戦った。どちらかというと相手の方が流れはあった。緊張はもちろんしたがそこで小さくなったら勝ちきれないから積極的に行った」

 

<古財コーチのコメント>

「1年生で精神的なプレッシャーもある中で最後のシングルスに出場した三宅はよく踏ん張ってくれた。あの試合を見て2・3年生はいろんなことを感じてくれたはず。結果的に勝ったから良かったと思える試合だったがまだ課題は山積み。例えば、自分からアウトに出してしまったり、ネットに引っ掛けてしまって相手を気持ち的に救ってしまうミスなど。していいミスと、したらダメなミスが場面的に変わってくるがまだそこを理解しきれてないように感じる。インカレまでにそこを突き詰めて修正していきたい」

 

 

(龍魂編集室 記事/写真 勝間晴香)
龍魂編集室では現在新入部員募集中!!
興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!!

 

【バドミントン部男子】主力メンバー不在の秋季リーグ戦!

9月12・13日、龍谷大学において平成30年度関西学生バドミントン秋季リーグ戦、第1戦・2戦が行われた。第1戦の相手は同志社。西カレでの疲労が残る中、2-3で惜しくも敗北。第2戦では落ち着いた試合運びで5-0で大阪成蹊大に勝利した。

初戦の同志社戦。第1Sの福本(済4)は第1ゲームの後半に相手のミスが続き、21-13で勝ち切るも第2ゲームを落としてしまう。迎えたファイナルゲームは疲れからかミスショットが目立ち12-21で敗北。続く第2Sの山田(文3)も第1ゲームを取るも、相手の連続スマッシュに苦しみ9-21と大差で第2ゲームを献上。ファイナルゲームも相手ペースなのは変わらず16-21で敗戦した。第1Wの三宅(営1)・家壽多(法1)ペアは相手の迫力に圧倒され19-21、16-21とストレート負けを喫し、この瞬間、チームの負けが決定した。悪い流れを断ち切るかのように第2Wの阿部(済3)・川口(文3)ペアは積極的、かつ息の合ったプレーで相手を翻弄し21-12、21-16のストレート勝ち。最後を任された第3Sの三宅は第1ゲームを先取し、第2ゲームでは相手のミスを誘い、スキがあれば強打でポイントを奪取する場面も多く見られたがあと一歩届かず。臨んだファイナルゲームは落ち着いたプレーを見せ21-15で勝利するも、龍大はチームカウント2-3で敗北した。

IMG_0782_Fotor

【第1Sで奮闘した福本】

〈坂口主将のコメント〉

「西日本で勝ったメンバーを出さない前提で勝つというところがあったが、結果として今日は残念な形になった。春リーグと一緒でまだ可能性は残っているので、厳しい戦いになるが今は絶対諦めずにチーム全体が前を向いて戦うしかないと思っている」

〈古財コーチのコメント〉

「西日本のパフォーマンスを見てなんとか乗り切れると思ったが、出だしの勝負どころで第1Sが取りきれなかかったり、第2Sでは簡単なミスで負けてしまったりちょっと物足りないところがあった。それで第1Wの1年生ペアがプレッシャーを感じてしまったのかなと思う。今日の負けは春の立命館との負け方に似ていて成長できてないなと正直感じた。でもこれは学生だけの問題ではなくていろんな部分でもう一度締め直さなければならない。主力のメンバーが不在の中で勝ち切ることができるかが今回のリーグの課題であると思う」

 

三宅選手 大阪成蹊

【1回生ながら奮闘した三宅】

第2戦目の相手は大阪成蹊大。第1Sの福本(済4)は第1ゲームを落とすも後半に長いラリーを制して、第2ゲームへ勢いづけた。その第2ゲームでは序盤からリードを大きく広げ21-8で勝ち、流れを引き寄せた。ファイナルゲームでも勢いは落ちることなく21-13で勝利を収めた。続く第2Sには西日本インカレで連覇に大きく貢献した川原(政2)が出場。第1ゲームを先取し、第2ゲームでは相手のネット際へのショットに苦戦するも21-18でストレート勝ちを収めた。第1Wの阿部(済3)・川口(文3)ペアは積極的にスマッシュを打ち21-9で第1ゲームを先取すると、第2ゲームでも息のあったプレーで相手のミスを誘いストレート勝ち。第2Wの本田(営2)・家壽多(法1)ペアは第1ゲームを先取すると第2ゲームでも強打でポイントを重ねていき21-17で見事勝利。第3Sには同志社戦に続き三宅(営1)が出場した。第1ゲームはデュースにもつれ込むも23-21で取ると、第2ゲームでも相手が疲れを見せ始めるも落ち着いたプレーで21-14で勝ち切った。龍大はチームカウント5-0で見事勝利した。

川原さん 大阪成蹊

【安定した強さを見せた川原】

 

初戦の敗戦から気持ちを入れ替えて挑んだ龍大。リーグ優勝に向けて主力メンバーが不在でも勝ち切ることが課題としてあるが、今日の2戦目で力を見せつけて見事勝利した。残りのリーグ戦も優勝の可能性を信じてチーム一丸となって戦い抜いていってほしい。

 

(龍魂編集室 記事/勝間晴香 写真/上原航輔)
龍魂編集室では現在新入部員募集中!!
興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【バドミントン部女子】2戦続けてのストレート勝ち!

9月13日、龍谷大学深草体育館において平成30年度関西学生バドミントン秋季リーグ戦第2戦が行われた。龍大は、西カレでも戦った武庫女大に対し、5-0のストレート勝ちを収めた。

先陣を切った第1S朝岡(法4)は、「ほぼ自分の思い描いた通りの試合運びになった」と述べたように相手のミスショットなどを確実に得点に繋げ、この日もチームに勢いをつけた。続く第2Sの種岡(政3)は、左対左というなかなか見ない組み合わせでの一戦となった。1・2ゲーム共に上手くペースをつかめきれないが、最後は地力の差を見せる。
朝岡
【2戦続けての第1Sで役目を果たした朝岡】

Sで2連勝とし迎えた1Wでは、西カレ女子Wで個人優勝を果たした朝倉(政3)・斉藤(営3)ペアが出場した。気合十分な相手ペアに対し、落ち着いた試合運びで相手に付け入る隙を与えず完勝する。流れは龍大にある中第2Wの青山(政2)・志波(政2)ペアは、1ゲームから激しい点の取り合いとなるが、なんとか競り勝つ。2ゲームでも同じような展開になるが、インターバルでお互いにコミュニケーションを取り、気持ちを切り替える。その後は9連続ポイントを奪うなどして勝利。第3Sの落司(法3)はコートを広く使った攻めで相手の体力を奪い、優位に試合を運び勝利を呼び込んだ。
朝倉
斉藤
【相手を圧倒した朝倉(上)・斉藤(下)ペア】

〈朝岡主将のコメント〉
「西日本の団体戦でも戦っていた相手だったので、しっかり相手の弱点とかを意識して戦いました。最初から最後までしっかりとポイントを抑えて勝つことが出来たので良い流れで次の試合に繋がったと思います」

〈青山・志波ペアのコメント〉
「1ゲーム目は、相手の得意な形に自分たちが合わせてしまっていたところがあったが、2ゲーム目からは相手に合わせないようにお互いでコミュニケーションを取りながら戦いました。今日の試合を反省して次は自分たちの得意な形を出せるよう前向きなプレーをしていきたいと思います」

(龍魂編集室 記事/上村輝 写真/佐野翔哉)
龍魂編集室では現在新入部員募集中!!
興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!!

ページの先頭へ

ページの先頭へ