バドミントン部

【バドミントン部】 秋季リーグ開幕!

9月11日、大阪市中央体育館において関西学生バドミントン秋季リーグ戦、男子は関学大戦、女子は同志社戦が行われた。今回のリーグでは男子は3連覇、女子は10連覇がかかっている。男女共にけが人を抱える中でのリーグ開幕戦だったが、男子は3―2、女子は4―1で勝利し初戦を白星で飾った。

~男子~

西日本インカレを優勝して迎える初のリーグ戦。しかしキャプテンの佐々木(経営4)など多くの主軸メンバーがケガで出場できず、万全とは言えない状態でリーグ戦が開幕した。

大事な初戦を落とすわけにはいかない。シングルス1の峰(法3)、シングルス2の中村(文2)が危なげなく2セットを連取。ゲームカウント2―0としチームに勢いをつける。続くダブルス1の金子(経済4)、長島(経済4)ペアは積極的な攻撃で相手の西日本インカレダブルス優勝ペアから1セット目を奪う。しかし審判のジャッジに苦しめられるなど勢いに乗りきれず、逆転負けを許してしまう。ダブルス2の成富(法2)、坂口(経営1)ペアも悪い流れを断ち切ることができず1―2で敗れてしまい、ゲームカウント2―2と並ばれてしまう。チームの命運はシングルス3の村瀬(法3)に託された。村瀬は「相手が引きぎみだったので積極的に仕掛けていった」と語ったように前後の揺さぶりをかけて相手に満足にプレーをさせず、2―0で勝利しセットカウント3―2で関学大を下した。

 

写真1

揺さぶりをかける村瀬

〈古財コーチのコメント〉

「西日本インカレが終わった段階でケガ人が多く出てしまった。その中でも普段試合に出ていないメンバーたちが頑張っていたのでチーム力がついてきたと思う。関学大には個人戦や、個人戦、関西選手権のダブルス決勝で負けているので、選手たちに「連敗し続けるのはよくない」と話して臨んだ中でギリギリだったが勝ちきれてよかった。(全日本インカレに向けて)ケガ人が回復して、少しでも練習した状態で臨めたらベスト。男子はベスト4の壁を越えることを第一に考えて準備していきたい。」

〈村瀬選手のコメント〉

「ゲームカウント2―2で回ってくると想定していたし、コーチからも言われていたので準備は出来ていた。ケガ人がいて自分が出ている。レギュラーメンバーではないのでケガ人が治ってチームに戻ってきても試合に出られるように、コーチやチームメイトの信頼を得られる試合をこのリーグ戦でしていきたい。」

~女子~

リーグ春秋合わせて9連覇中の西の女王は10連覇を目指して今大会初戦に挑んだ。

第1シングルス西日本インカレシングルス優勝の杉野(法3)が登場。危なげなくポイント

を積み重ねゲームカウント2―0で勝利する。第2シングルスの森(経営2)は最終ゲームにもつれ込むものの、持ち前の粘り強さで一挙7得点を挙げゲームを勝ち取る。続く宮原(法4)・藤本(経済4)ペアが惜敗し、セットカウント2―1となった後の第2ダブルス。公受(経営4)・小見山(法3)ペアが終始相手に隙を作らないプレーを見せストレートで勝利。龍大

の勝利が確定する。最終シングルスに登場した1年生の朝岡(法1)は相手の途中棄権があったものの試合中に気迫あるプレーをみせた。結果4―1で龍大がリーグ初戦を白星で飾った。

 

写真2

笑顔でプレーする公受・小見山ペア

 

写真3

スマッシュを打つ朝岡

〈宮崎監督のコメント〉

「ダブルスの強い同志社だったので勝負所は第2シングルスだった。森があまり良くなくても勝ってくれたこと。第1シングルスの杉野、第2ダブルスの公受・小見山ペアがしっかり勝ってくれたことが良かった。今大会は、総合力で勝っていく、そのためにはベンチに入っている選手がきちんと準備する。負けたとしても気持ちを落とさずに次の準備をする、ということを重点に置き優勝していきたい。」

〈翠簾屋主将()のコメント〉

「良いところと悪いところが目立った試合だった。それをこの後の2日間でどう持ち直すかが課題かなと感じた。森が負けていたところから最終ゲームで取切ってくれたことがチームの雰囲気をいい方向へ持って行ってくれた。今大会は怪我をしている選手がいる中で、どう戦っていくかが重要になっていくので皆で頑張っていきたい。」

男女とも万全な状態ではないが、チーム力で初戦を勝利した。主軸を欠く中でチームの真価が試されている状況ではあるが、必ず男子3連覇、女子10連覇を成し遂げて全日本インカレにいい状態で臨んでくれるだろう。

男女団体に続き、男女シングルスでもタイトル奪取!!(バドミントン部広報担当より)

西日本地区の学生にとって、最高峰の大会である。ベスト32以上に入賞すれば、全日本バドミントン学生(インカレ)への権利を得ることができる西日本学生バドミントン選手権大会。今季も大勢が、上位入賞しインカレへの権利を得て龍大の層の厚さを見せつけた。

 

西日本学生バドミントン選手権大会(個人戦)

9月3日(木)~7日(月) 於:福岡県北九州市

 

(結果)

男子シングルス   優勝  成富勇太(法2)

ベスト4  内田裕太郎(策2)

ベスト8  清水智彦(営2)

 

ダブルス  準優勝  内田裕太郎(策2)・成富勇太(法2)

 

女子シングルス   優勝  杉野文保(法3)

準優勝  下田菜都美(済3)

ベスト4  森みず穂(営2)

朝岡依純(法1)

ベスト8  山藤千彩(策2)

翠廉屋乃梨子(策4)

 

ダブルス   準優勝  毛利未佳(法1)・野田千遥(策1)

ベスト4  藤本陽奈(済4)・宮原唯(法4)

ベスト8  牟田香菜子(法2)・朝岡依純(法1)

翠廉屋乃梨子(策4)・山藤千彩(策2)

杉野文保(法3)・下田菜都美(済3)

 

<男子>

シングルスで準決勝に進んだのは成富(法2)と内田(策2)。成富は新本(立命館大)、内田は今大会の優勝候補の森田(九州国際大)と対戦。成富は1ゲーム目激しいラリーで点の取り合いとなるも2セット目は、巧みなラケットワークと鋭い読みで相手を圧倒して勝利を掴み決勝へと駒を進めた。一方、逆ゾーンの内田は得意のスマッシュで押込み1ゲーム目を先取するが、2・3ゲームはミスが目立ち相手のペースに持ち込まれ敗れてしまう。

決勝では成富が序盤点差を離すも、終盤に追いつかれデュ―スにもつれ込む接戦となるが、自慢の勝負強さを発揮し見事にこのセットをもぎ取る。その勢いのまま2ゲーム目は終始試合の主導権を握り危なげなく勝利し優勝を成し遂げた。

ダブルスは、決勝へ駒を進めたのは、2回生ペアの成富(法2)・内田(策2)。準決勝の、渡辺・西坂(同志社大)戦では、得意の攻めのパターンに持ち込み試合をコントロールし危なげなく勝利を収めた。決勝の相手は、多くの強敵を破り勢いに乗っている、阿野・山下(関西学院大)。序盤から相手のペースに持ち込まれ、攻められる展開が続き1ゲーム目を取られて、2セット目も最後に追い上げを見せるが前半の失点が響き敗れ、準優勝に終わってしまう。

 

<女子>

女子シングルス準決勝。朝岡(法1)対、下田(済3)の試合は、朝岡の若さ溢れる2セット目を奪うなど奮闘を見せたが、最後は下田の冷静な試合運びで勝利し決勝へ。逆山は、杉野(法3)対、森(法2)の試合は、序盤から気迫のこもったプレーで流れを掴んだ杉野が勝利した。決勝では、キレのあるショットで下田が1ゲーム目を奪うも、杉野が得意の粘りとスマッシュで流れを掴み2セット目を奪い、その勢いのまま勝利し優勝を勝ち取った。今大会女子シングルスはベスト4を龍大で埋め尽くし、層の厚さをみせた。

ダブルスでは、2ペアが準決勝に進出。1回生ペア毛利(法1)・野田(策1)の相手は、龍大の2ペアを破った中村・中野(九州国際大)。相手の堅い守りに苦戦するも、1回生ならではのフレッシュ溢れる雰囲気でファイナルに持ち込み、20-18から逆転し勝利を収めた。藤本(済4)・宮原(法4)は、同じ四回生のライバル岸田・深川(同志社大)と対戦。1セット目は相手のペースに持ち込まれ奪われるも2セット目は、藤本の力強いスマッシュと宮原の巧みな前衛の攻撃を軸に奪い返しファイナルへ持ち込むが、最後は相手の息の合ったプレーに敗れてしまう。決勝は、毛利・野田が相手のフォーメーションの逆をつくプレーで接戦に持ち込んだが、サーブからの展開で劣勢に立ち優勝を掴むことが出来なかった。

 

image

 

絶好調の龍大!!男子複、女子単複、混合複で頂点に!!!

京都の高校生から社会人まで、垣根を超えて戦われる京都府総合バドミントン選手権大会。ベスト8以上には全日本総合選手権大会につながる、近畿総合選手権大会への切符が与えられる。男子単は惜しくも優勝を逃したものの、男子複、女子単複、混合にて頂点を掴み取り、今季も龍大勢はしっかりと存在を見せつけた。

 

京都府総合バドミントン個人選手権大会

7月11日(土)、12日(日) 於:太陽が丘体育館

 

(結果)

男子シングルス  ベスト4  清水智彦(営2)

朝岡渉汰(法2)

 

ダブルス   優勝    内田裕太郎(政2)・成富勇太(法2)

ベスト4  佐々木健斗(営4)・的場友宏(政3)

ベスト8  村瀬夢之介(法3)・峰将大(法3)

 

女子シングルス  優勝    森みず穂(営2)

準優勝   杉野文保(法3)

ベスト4  嶺井優希(政2)

ベスト8  朝岡依純(法1)

 

ダブルス  優勝    公受美帆(営4)・小見山彩(法3)

準優勝   藤本陽奈(済4)・宮原唯(法4)

ベスト4  牟田香菜子(法2)・朝岡依純(法1)

ベスト8  毛利未佳(法1)・野田千遥(政1)

 

混合ダブルス  優勝    内田裕太郎(政2)・宮原唯(法4)

準優勝   金子知樹(営4)・藤本陽奈(済4)

ベスト4  坂口拓未(営1)・小見山彩(法3)

ベスト8  中村洸太(済3)・牟田香奈菜子(法2)

畠山工(営3)・三津川有美(短2)

 

<男子>

シングルスで準決勝に進んだのは朝岡(法3)と清水(営2)。清水は日本リーグ2部三菱自工のエース常山と対戦。準々決勝でファイナルの接戦を制したがその疲れからか足が止まり第1ゲームを簡単に取られてしまう。第2ゲームから巻き返しを図るがリズムを掴めず惜しくもベスト4で敗退。朝岡は2回戦、準々決勝と最終ゲームまでもつれる接戦をものにし準決勝に進出した。相手は常塚(三菱自動車)。第1ゲームは相手の巧みなラケットワークに翻弄され落としてしまう。第2ゲームから徐々に慣れていき得意のスマッシュも決まりだしこのゲームを奪い返し勝負はファイナルゲームへ。お互い一歩も譲らず緊張感のあるラリーが続く。中盤まで競るも終盤で相手がリズムを上げ追いつくことができず、惜敗し悔しいベスト4となった。

ダブルスは、今大会第3シードの佐々木(営4)・的場(策3)は準々決勝で同校の村瀬(法3)・峰(法3)を下し、準決勝で三菱自工の主力、喜多、犬山ペアと対戦。序盤は硬さが見られ第1ゲームを落とすが、第2ゲームは徐々に自分たちのリズムを取り戻し奪い返す。勝負のファイナルゲームは一進一退のシーソーゲームでお互い一歩も譲らず終盤まで競るも、最後は実業団の意地を見せつけられ惜しくも敗れた。成富(法2)・内田(策2)は、準々決勝でファイナルの接戦をものにすると、準決勝は勢いに乗りあっさりと決勝に駒を進める。決勝は佐々木・的場が敗れた喜多・犬山。序盤から早いテンポの攻撃を仕掛け相手にリズムを掴ませず、第1ゲームを先取。第2ゲームは相手も意地を見せ11-4で折り返す。そこから仕切り直し、再び自分たちの流れにし、20-20のデュースまで持ち込み最後は相手のミスもあり23-21で優勝を決めた。

 

<女子>

女子シングルス準々決勝では朝岡(法1)が岸上(京産大)にファイナル17までいくもあと一歩及ばず、龍大でのベスト4独占には至らなかった。決勝は杉野(法3)と昨年の王者森(営2)の対戦となった。第一ゲーム、風の影響もあり森が先取。しかし杉野も粘りを見せ第二ゲームを奪う。第三ゲーム、先に流れを作ったのは森。11点での折り返し後、杉野も追いつきを見せたが森の冷静な試合運びに最後は離され21-14で森が勝利し、去年に続き2連覇を成し遂げた。

女子ダブルス準々決勝では、一回生ペア毛利(法1)・野田(策1)が同志社大の4回生エースペア岸田・深川、に対し、ファイナル最後までもつれ込む接戦を展開したが惜しくも敗退した。その後、準決勝で四回生ペアの藤本(済4)・宮原(法4)が息の合ったプレーと試合運びで、岸田・深川にストレートで勝利し決勝へ。逆ゾーンは、公受(営4)・小見山(法3)と牟田(法2)・朝岡(法1)の龍大対決。安定したプレーで実力を発揮した公受・小見山が勝利し、関西選手権のリベンジマッチとなった。決勝は、勢いに乗った公受・小見山が序盤からずっとリードする形で優勝を勝ち取った。

 

<混合ダブルス>

金子(営4)・藤本(済4)が気迫のある声掛けで試合を展開、濱岡・辻(同志社大)を破り決勝へ。準決勝、坂口(営1)・小見山(法3)対、内田(策2)・宮原(法4)は、内田の強打とスピードのあるプレーで流れを掴み決勝へ駒を進め、その勢いのまま優勝を勝ち取った。今回の混合ダブルスは、龍大出場者は全員ベスト8入りし、近畿総合の出場権を手に入れた。

【バドミントン部】悲願の西日本インカレ アベック優勝!!

8月31日から9月2日にかけて、北九州メディアドームにおいて行われた、第55回西日本学生バドミントン選手権大会男子団体、女子団体。龍谷大は男女ともに優勝を飾り、新たな歴史を刻んだ。

 

 

~男子団体~

未だ西カレで優勝がない男子は、悲願の初優勝に向け、圧倒的な力をみせ、決勝まで順調に勝ち上がる。決勝の相手は金沢学院大、幾度となく優勝を阻まれた強豪との対戦。選手たちは今まで以上に気合を込める。第1シングルスの清水(営2)は最終ゲームまで持ち込む接戦となるものの惜敗する。しかし第2シングルスの朝岡(法3)がストレートで勝ち、セットカウント1-1とする。続く第1ダブルス内田(政2)・成富(法2)ペアも気合を前面に押し出すものの、一歩及ばず黒星。第2ダブルスの佐々木(営4)・的場(政3)ペアが勝利を掴み2-2。最終シングルスへと持ち込む大接戦となる。皆の期待を一身に背負い、コートに立ったのは成富、最終シングルスでの勝率が高いと古財コーチからのお墨付きをもらっている彼は、相手のミスを誘う巧みなプレーでポイントを重ねていく。共に1ゲームずつ取り、泣いても笑っても最後ゲームへと持ち込む。「龍大の声援しか聞こえなかった」そう語った成富は、最終ゲームでキレのあるスマッシュで相手を寄せ付けずゲームポイント21-11で勝ち取る。結果セットカウント3-2で龍大の勝利。悲願の西カレ初優勝を獲得した選手たちからは涙がこぼれ落ちた。

 

写真1喜びに腕を突き上げる成富

「喜びで腕を突き上げる成富」

 

古財コーチのコメント

「龍大の歴史上優勝はなかったので、やっと一歩踏み出せたのかなと思っている。まだ若いメンバーが多い中で勝てたこと。佐々木がレギュラーの4年生一人の中で、プレーで後輩に背中を見せて引っ張っていったのが大きかったのかなと思っている。(残る個人戦について)全員が上位に食い込む実力があるが、簡単ではないので、団体優勝の勢いをしっかり個人戦につなげてほしい」

 

佐々木主将のコメント

「チーム全体で勝つことができた。最終シングルスの成富が頑張ってくれた。(全カレに向けて)目標は優勝、全員で団結して頑張りたい」

 

成富選手のコメント

「自分の力を出しきり、勝つことができてよかった。またコートの外からの声援がありがたかった。相手の声援も大きかったが、自分には龍大の応援しか聞こえなかった。次もベスト4を目標に頑張りたい」

 

写真2龍大男子集合写真

「龍大男子集合写真」

 

~女子団体~

昨年の西カレを制している女子は、女王として今年も優勝を目指した。女王の貫録をみせつけ順調に決勝まで上がってきた龍大は立命館と対戦する。第1シングルス下田(済3)は圧倒的な強さで相手に隙を与えずストレートで勝利する。続く第2シングルスの杉野(法3)はミスが重なり第1ゲームを落としてしまうが、力強いスマッシュで流れを引き寄せゲームカウント2-1で勝利する。王手をかけた龍大は第1ダブルスの宮原(法4)・藤本(済4)ペアが気合いを前面に押し出すプレーで相手を圧倒しストレートで勝利。結果セットカウント3-0で龍大が勝利し西カレ優勝を収めた。

 

 

写真3 気迫のこもったプレーをする下田

「気迫のこもったプレーをする下田」

 

宮崎監督のコメント

「(男子団体について)金沢学院に優勝を幾度も阻まれていたのだが今回優勝したことによって歴史の1ページが変わった。(女子団体について)優勝を狙っての優勝は一番難しく、その中でしっかり勝ってくれたのは良かった。(残りの個人戦について)男子はうれし涙を力に変えて頑張ってほしい。女子は自分の力をしっかりコートで出してほしい」

 

翠簾屋主将(政4)のコメント

「今回苦しい場面もあったが、チーム全員で勝つことができた大会だったと実感している。決勝でのシングルの杉野が、1セット取られながらも勝ったことで、チームの雰囲気が良くなったことが勝利の鍵だった。(残りの個人戦について)龍大同士が試合の組み合わせに当たるまで勝ち残って龍谷大学は選手全員が強いのだということをこの大会で示したい」

 

写真4龍大女子集合写真

「龍大女子集合写真」

 

龍大初の団体アベック優勝を獲得した彼らは今後も新たな歴史を刻み続けてくれることであろう。残る個人戦でも優勝を勝ち取る姿をみせてもらいたい。

 

 

龍混編集室(記事・堀浩治/写真・松本晃平)

ページの先頭へ

ページの先頭へ