バドミントン部

【バドミントン部女子】苦戦強いられるも勝ち切り、後半戦へ

9月13日、龍谷大学深草キャンパス体育館において関西学生バドミントン秋季リーグ戦大会が行われた。今リーグ第3戦目となる龍大の相手は同志社。我慢の試合が多い中、1ゲームを落とすものの4―1と勝ち切り、後半戦へ臨む。

第1Sに出場した森(営4)は、終始試合の主導権を握り、相手の好きにさせずに龍大に流れを作る勝利を得た。第2Sの嶺井(政4)は、立ち上がりは好調を維持し、1セットを先取するが2セット目でミスなどが重なり、落としてしまう。気持ちを切り替えて臨んだ3セット目では調子を戻し、相手を圧倒した。第1Dの朝倉(政2)・斉藤(営2)ペアもフルセットまでもつれ込む接戦であったが、相手の強烈なスマッシュなどを粘り強く守り抜き、勝利を手にした。

 

嶺井-web

【粘り強い試合を繰り広げた嶺井】

続く第2Dの山藤(政4)・牟田(法4)ペアは、セット終盤にかけ大量連続ポイントを決めるなど完全に試合を掌握した。この流れに続きたかった第3Sの落司(法2)であったが、1セット目は相手に食らいついていくがあと1歩届かず落としてしまい、2セット目では疲れが見え始め、ミスが目立つようになり、粘ることが出来ず悔しいストレート負けを喫してしまった。

 

山藤-web

【相手に主導権を握らせなかった山藤・牟田ペア】

それぞれの学年で試合に臨むときに負う責務は違うであろうが、しっかりと果たしていくことで龍大バドミントン部女子の力は、更に向上するのであろう。この勢いを維持して後半戦に向かっていってほしい。

〈森主将のコメント〉
「(競った試合で勝ち切れた要因として)相手は向かってくる立場でこっちが守る立場なのかなと思ったが、その中でもこっちが勝ちたいという気持ちが絶対強く、相手に勢いがあったとしてもそれに押し負けないぐらいの気持ちがあった」

〈朝倉・斉藤ペアのコメント〉
「(朝倉)2セット目からできていたらよかったのですが、ファイナルセットの11点目からいつも通りのパターンができ、集中もできていたので立て直せたのはよかった。(斉藤)普段の練習からうまくいかない時でも悪い時こそ我慢していくことを意識していたのが今回の結果に繋がった」

(龍魂編集室 記事/写真 上村輝)
龍魂編集室では現在新入部員を募集中!
興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!

ページの先頭へ

ページの先頭へ