バドミントン部

【バドミントン部男子】秋季リーグ前半勝利で後半へつなぐ!

9月12日、龍谷大学深草キャンパス体育館において関西学生バドミントン秋季リーグ戦第2戦が行われた。初戦は大経大を相手に4―1。続く2戦目では3―2で関学大を接戦の末、勝利を手にした。

 

第1Sの本田(営1)は拮抗した試合展開を見せるが徐々に相手ペースにもちこまれ、このゲームを落とす。続く第2Sの成冨(法4)は第1セット後半、連続得点を許しセットを奪われるも第2セット、第3セットは終始龍大ペースで試合が進められる。セットカウント2―1で実力の差を見せつけた。

web記事

【写真 21―14で勝利した成富】

 

第1Wの坂口(営3)・川原(政3)ペアは安定したプレーでストレート勝ちを収める。続いて第2Wの中島(営2)・本田(営1)ペアは第1セットを先取するも相手の勢いに圧倒され第3セットまでもつれこむ展開に。最後まで粘り強いプレーを見せるが惜しくも1―2で負けを喫する。これでゲームカウント2―2となり、勝敗は第3Sの田中(営2)に委ねられた。田中は第2セットで8連取を決めるなどして、相手を寄せ付けないプレーを見せる。21―10で圧倒的勝利を決め、ゲームカウント3―2でチームの勝利に大きく貢献した。

 

うぇbbbb

【写真 粘りを見せた中島・本田ペア】

 

「3年生以下の選手でどれだけ戦えるか」に重点をおいた秋季リーグ。残りの後半戦も龍大らしいプレーで勝利を勝ち取り、連覇を目指して欲しい。

 

<古財コーチのコメント>

「この秋リーグは4年生を使わないで3年生以下でどれだけ戦えるかというのを一つポイントにしてやってきた。そしてその結果に応えてくれた選手もいれば、西日本でのパフォーマンスは良かったが今回負けてしまった選手もいる。それは精神的な弱さや練習の甘さが響いていると感じた。しかしチームとしては勝てたのでそこは良かった」

 

<清水主将のコメント>

「相手が西日本インカレの決勝と同じ相手で苦戦したが勝ち切ることができたのはチーム力が上がってきたからだ。全日本インカレで勝つためにも2,3年生を主体にさらにチーム力を鍛えることが大事だと思う。今後のリーグ戦は出番が少なくなるが、出るときはただ勝つ事じゃなくて圧倒的に勝つということを抱負にしたい」

 

<田中選手のコメント>

「今回の試合は自分の有利な形式に持ち込んでプレーが出来た。ヘアピンやネット際のプレーで相手に楽にプレーさせなかったことが大きかった。自分は他の選手に比べてラリーが得意じゃないのでそこを少しでも上手くできるようにプレーすることが今リーグでの目標だ」

 

(龍魂編集室 記事/勝間晴香 写真/上原航輔)

龍魂編集室では現在新入部員を募集中!

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ