バドミントン部

【バドミントン部】日本のトップクラスへチャレンジ!

日本ランキング上位32名でのトーナメント戦、日本ランキングサーキットに龍谷大学から8名が出場し、日本リーガーを破りベスト16に進出する検討を見せた。

 

〈結果〉

女子シングルス

ベスト16 嶺井優希(政4)

 

女子ダブルス

ベスト16 毛利未佳(法3)・野田千遥(政3)

 

〈本文〉

世界団体選手権のため不参加の選手はいたものの、日本ランキング上位32名による日本最高レベルの大会に、龍大から男子複1ペア、女子単3名、女子複1ペアがチャレンジした。

過去1回戦を突破しベスト16入りしたことがなかったが、女子シングルスで嶺井(政4)が永田(北都銀行)に2-0で快勝、朝岡(法3)も昨年の龍谷のエース下田(広島ガス)とファイナルゲームの大接戦を繰り広げた。

女子ダブルスでも毛利(法3)・野田(政3)も格上とみられた江藤・山口(岐阜トリッキーパンダース)に2-1で競り勝つ金星を上げた。卒業生も活躍、下田がベスト8、杉野(七十七銀行)がベスト16入り。MIXダブルスでも牧野(七十七銀行)がベスト8に、植田(AC長野パルセイロBC)がシードペアを破りベスト16に進出した。

 

・嶺井選手のコメント

1回戦の相手は実業団選手とはいえ、同い年の選手だったので大学生も実業団も関係ないと思いました。失うものは何もないと思って自分の今できることを後悔のないように、この大きな大会で発揮したい気持ちと、絶対勝ちたいという気持ちで戦いました。2ゲーム目の中盤で少し離される展開になり苦しい状況だったけど、相手の波に乗らないように強気で攻めました。今年は大学生としてバドミントンをしてきた集大成なので、後悔のないようにすることと、一つひとつの試合で成長していきたいです。

 

・毛利選手、野田選手のコメント

昨年あと1つランキングが及ばず出場する事が出来ず、今年は出場する事ができ良かったです。対戦相手が誰であったとしても、挑戦者の気持ちを持って自分達のプレーを発揮できるように試合に臨みました。

1回戦目の相手は試合経験がすごく豊富で相手のペースに傾きかけそうになる場面が何度かありましたが、お互いにもう1度自分達の気持ちを落ち着かせて積極的なプレーをやるようにして自分達のペースを作ることが出来ました。次の試合で同じ大学生に負けてしまいすごく悔しい気持ちがある反面、次やった時は必ず勝つと強く思いました。

インカレ等で対戦する機会はあると思うので今大会での課題を克服すると共にもっと私達がレベルアップし、他の大学生や実業団の方が対戦相手になったとしても互角に戦えるような実力をつけたいと思います。そして、これから行われる大会でも常に優勝を狙っていきます。

 

詳しい結果は以下のサイトで

http://www.badminton-a.com/20170531circuit/20170531index.htm

ページの先頭へ

ページの先頭へ