バドミントン部

男女Aチームが優勝!!男女Bチームも準優勝を飾る!

今年度最後の大会となる京都府総合団体戦が行われた。レギュラー以外の選手たちがメインで出場し、レギュラー選手たちに引けを取らない奮闘ぶりで、選手層の厚さをみせ男子Aチーム・女子Aチームが優勝、男子Bチーム・女子Bチームも準優勝を果たした。

 

(日程)

京都府総合バドミントン団体選手権大会  12月4日 (太陽ヶ丘運動総合体育館)

 

(結果)

男子  Aチーム        優勝

Bチーム        準優勝

 

女子  Aチーム       優勝

Bチーム        準優勝

 

(本文)

[男子]

Aチーム、Bチーム共には予選リーグ2連勝で決勝トーナメントに進出した。Aチームの準決勝の相手は立命館大学B。第一ダブルスの阿部(済1)・川口(文1)は同じく一回生ペアの杉本・國井と対戦。2ゲーム目は接戦となるもののストレート勝ちを収めた。続くシングルスは田中(営1)が圧勝し、決勝進出を決めた。

Bチームの準決勝の相手は三菱自動車京都。第1ダブルスの國藤(理3)・長濱(短2)が敗れるもシングルスの福本(済2)が三菱自動車京都の1年目ルーキー稲盛に圧勝し、チームに良い流れをつくる。そして勝負の第二ダブルス。一回生ペアの日詰(済1)・中島(営1)は1ゲーム目を取られてしまうも2ゲーム目から猛反撃を見せ、2ゲーム目を接戦で奪い返すと、勝負のファイナルゲームはその勢いのまま圧勝した。そしてチームとしても主力ではないものの日本リーグ1部実業団に勝利する大金星をあげた。

決勝は龍大Aチーム対Bチームの頂上決戦。

第1ダブルスはAチーム坂口(営2)・後藤(文2)ペアとBチーム日詰・中島ペアの対決。1ゲーム目は坂口・後藤ペアが終始リードして奪うも2ゲーム目から、日詰・中島の勢いの前に引いてしまい、ファイナルゲームに突入。ファイナルゲーム序盤から坂口・後藤ペアのミスが目立ってしまうリードを許す。終盤、先輩としての意地で追い上げを見せるが、追いつけず、日詰・中島の勝利となった。

シングルスはAチーム中村(文3)とBチーム福本の対戦。お互いゲームを奪い合い、迎えたファイナルゲームは序盤シーソーゲームを見せるものの後半から先輩としての実力を見せ、中村が勝利した。優勝をかけた第二ダブルスは阿部・川口ペアと國藤・長濱の対決。こちらもお互いゲームを奪い合い、迎えたファイナルゲーム。阿部・川口ペアが先輩ペアの力をはねのけ勝利した。そしてAチームが見事優勝した。

 

[女子]

龍大女子からは2チームが出場した。

Aチームは予選リーグで立命館大と対戦。第1ダブルスの田中(法3)・志水(文3)第1ダブルスを奪いチームに勢いをつけ3-0で勝利し、予選リーグ3勝で決勝進出を決めた。

Bチームは予選リーグで三菱自動車京都と対戦。三菱自動車京都戦で第1ダブルス嶺井(政3)・斉藤(営1)が第1ゲームでセティングにもつれるが要所をしっかりと押さえ勝利しチームも3-0で勝利。予選リーグ3戦全勝で決勝へ駒を進めた。

龍大同士の対決となった決勝戦の第1ダブルス、Bチーム嶺井・斉藤ペアが息のあったプレーで勝ち切ったが、接戦が予想された第1シングルスをAチームの落司(法1)が足を生かしたラリーで制し、1-1のイーブンに。チームの勝敗を決める第2ダブルスはファイナルゲームにもつれどっちが勝つのか分からない状況になったが、Aチームの毛利(法2)・大谷(短1)の速さを活かした攻めが相手の守備を上回り勝利し、Aチームの優勝を決めた。

 

今シーズン最後の大会となったが苦しい試合もしっかり勝ち切り優勝、準優勝と龍大の層の厚さを見せた。来年こそインカレ団体優勝を果たすべく、これからでチームとしてさらなる向上を見せたい。

ページの先頭へ

ページの先頭へ