バドミントン部

女子が単・複の2冠奪取!!

関西の大学1・2回生のみで争われる関西学生バドミントン新人戦大会。今年度も強者たちが出揃う中、龍大部員たちが着々と力を出し奮闘を見せた。

 

関西学生バドミントン新人戦大会

11月8日、9日、11日、10日、17日、18日

(大阪市中央体育館・舞洲アリーナ・大阪市立千島体育館)

(結果)

男子シングルス

3位    田中佑貴(営1)

ダブルス

3位    坂口拓未(営2)・後藤祐太(文2)

ベスト8  田中佑貴(営1)・中島拓哉(営1)

 

女子シングルス

優勝    朝岡依純(法2)

準優勝   毛利未佳(法2)

ベスト8  高橋はるか(営2)

落司実瑠(法1)

ダブルス

優勝    朝倉みなみ(政1)・斉藤ひかり(営1)

準優勝   毛利未佳(法2)・野田千遥(政2)

ベスト8  西江彩花(文1)・種岡遥(政1)

大谷真代(短1)・落司実瑠(法1)

(男子)

男子ダブルスで準決勝に駒を進めたのは坂口(営2)・後藤(文2)ペア。準決勝の相手は関西学院大学の2回生ペア江川・石川。序盤、相手が守りに入ってくれたこともあり攻撃のリズムを作れ、連続得点で差を広げた。しかし、中盤から相手の前へ前へと詰めてくる思い切ったプレーの前に引いてしまい、1ゲーム目を逆転され奪われてしまう。続く2ゲーム目も序盤は競るも、後半失速する展開となってしまい、持ち前の攻撃力を活かせずにストレート負けを許してしまった。しかし、シングルスをメインにやってきた後藤にとってダブルスでも戦えることを存分に示した。2人とも来季に向け、さらなる飛躍を誓った。

男子シングルスで準決勝に駒を進めたのは1回生期待のルーキー田中(営1)。強敵を倒しての準決勝進出のため、優勝候補の1人であった。準決勝の相手は近畿大学1回生の馬場。序盤、田中の持ち味である攻撃力でスマッシュを要所で決めていき、リードを奪う。しかし後半、田中の攻撃が読まれ出し、粘り強くレシーブされる展開が多くなり、1ゲーム目を逆転され奪われる。迎えた2ゲーム目。1ゲーム目後半からの悪い流れから自分のペースを作ることができず、後半連続得点を許してしまい準決勝敗退となった。しかし、他大学のレギュラーを倒しての3位入賞は大きな自信となっただろう。今後の活躍に期待したい。

 

(女子)

女子シングルスのベスト4には昨年今大会優勝者の朝岡(法2)と毛利(法2)が進出した。準決勝第1試合、朝岡は蘭(関西学院大)との対戦。相手が昨日の準々決勝での足の負傷により普段通りのプレーを発揮することが出来ずに終始朝岡がこの試合を支配し2-0で圧勝。もう一方では毛利が関西学院大のエース重信と対戦。準決勝まで龍大戦を制して来ていた相手に対し、これ以上勝たせる訳にはいかないといった強気のプレーで相手を突き放し2-0で勝利。決勝は朝岡と毛利の龍大対決となった。第1ゲームから1点ずつの奪い合いとなる展開となり1ゲームずつ分け合いファイナルゲームでもゲームの流れは大きく変わらず19-19に並ぶと最後は朝岡の集中力が勝りそのまま逃げ切った。昨年に続く優勝で朝岡が2連覇を達成した。

 

女子ダブルスベスト4には野田(政2)・毛利と斉藤(営1)・朝倉(政1)が進出。準決勝第1試合野田・毛利は重信・佐々木(関西学院大)との対決となった。途中リズムを崩してしまいファイナルになるも、攻めのプレーを貫き危なげなく2-1で勝利。第2試合は斉藤・朝倉と竹中・山下(甲南大)との対決。安定したプレーで相手を寄せ付ける事なく2-0で圧勝。同校対決となった決勝は第1ゲーム斉藤・朝倉の速い展開に野田・毛利は苦しみミスが続いてしまいこのゲームを落とす。第2ゲームも1回生ペアのペースとなったがこのまま簡単に負けられない2回生ペアはセティングにもつれはしたもののこのゲームを取り返す。ファイナルゲーム中盤までお互い譲らぬゲーム展開になったが要所で野田・毛利のミスが出てしまい斉藤・朝倉の勝利となり京都学生に引き続いての優勝となった。

%e9%96%a2%e8%a5%bf%e6%96%b0%e4%ba%ba%ef%bc%88%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%ab%e3%82%b9%e5%84%aa%e5%8b%9d%e3%81%ae%e6%9c%9d%e5%b2%a1%ef%bc%89 %e9%96%a2%e8%a5%bf%e6%96%b0%e4%ba%ba%ef%bc%88%e3%83%80%e3%83%96%e3%83%ab%e3%82%b9%e5%84%aa%e5%8b%9d%e3%81%ae%e6%9c%9d%e5%80%89%e3%83%bb%e6%96%89%e8%97%a4%ef%bc%89

ページの先頭へ

ページの先頭へ