バドミントン部

女子シングルス2年連続同校決勝(下田VS杉野)!学生女王に下田!!(3年ぶり2度目)

全国各地で展開されている学生大会の最高峰であり、ベスト8に入ると日本最高峰の大会である全日本総合選手権への出場権を手にすることのできる全日本学生バドミントン選手権大会。学生チャンピオンの座をかけた個人戦が、10月17日~20日、千葉ポートアリーナに於いて行われた。4日間、東西から勝ち上がってきた実力者たちが熱戦を繰り広げ、龍大生もそれぞれの思いを抱き、男女共に大いなる奮闘を見せた。

 

全日本学生バドミントン選手権大会

10月14日~20日(団体戦15日~16日/個人戦17日~20日)

於:千葉ポートアリーナ

 

(結果)

男子ダブルス  ベスト8            的場友宏(政4)・坂口拓未(営2)

成富勇太(法3)・内田裕太郎(政3)

 

女子シングルス   優勝            下田菜都美(済4)

準優勝            杉野文保(法4)

ダブルス ベスト4            毛利未佳(法2)・野田千遥(政2)

ベスト8    牟田香菜子(法3)・山藤千彩(政3)

 

 

(男子)

男子ダブルスで準々決勝に駒を進めたのは息の合ったプレーで勝ち上がった的場(政4)・坂口(営2)の先輩後輩ペアと団体準優勝に大きく貢献した成富(法3)・内田(政3)の2ペアだ。

成富・内田の相手は明治大学のエースダブルスで、インカレ優勝経験を持つ今大会優勝候補の1つ高野・宮嶋。1ゲーム目、関東トップクラスの相手の早さの前に守りに入ってしまい、終始リードを許し落としてしまう。しかし、続く2ゲーム目は相手のスピードに慣れ、持ち前のレシーブ力と抜群のコンビネーションを見せ、シーソーゲームとなる。しかし、最後は相手の気迫に一歩及ばず惜敗。

一方、的場・坂口の相手は団体優勝の中央大学のエース格ダブルス大関・川端。序盤、大関・川端ペアの強靭なレシーブ力に決め急いでしまい、1ゲーム目を取られてしまう。続く2ゲーム目、思いっきり戦おうと誓った2人はチャンレンジャー精神で攻め続け、11点インターバルまで互角の試合を見せる。しかし、最後は相手のコンビネーションの良さに決定打を見つけることが出来ず守りに入ってしまい悔しい敗戦。実力どおりベスト8入り成富・内田、接戦制し殊勲のベスト8入り的場・坂口、全日本総合ではさらなる飛躍を期待したい。

 

(女子)

女子シングルスには13名がエントリー。昨年のインカレ優勝、今年の世界学生シングルス優勝の杉野(法4)と女子リーダーとして1年間チームを引っ張ってきた下田(済4)が下級生にそれぞれの思いを伝える戦いでベスト4に駒を進めた。

女子シングルス準決勝第1試合は2連覇をねらう杉野と筑波大学のエース大久保の対戦。杉野は気迫のこもったプレーと丁寧な配球で相手に本来のプレーをさせず2-0で勝利。

逆ゾーンは準々決勝を粘りのプレーで勝ち上がった下田と重山(専修大)の対戦。序盤で相手の鋭いショットに苦しむも、下田の相手の隙をつくプレーが冴え2-0で下した。決勝は杉野対下田の同校対決。

学生女子シングルスを引っ張ってきた2人の対戦は互いのプライドがぶつかり合う熱戦となった。1ゲーム目、下田が出だしからスピードを上げ杉野のミスを誘い下田が先取する。2ゲーム目に入ると、杉野が持ち味の最後まで諦めない粘りのプレーを発揮しマッチポイントを奪われるも20対20のセティングに持ち込む。しかし、さらに集中力を上げた下田がネットギリギリに落ちるヘアピンからチャンスを作り、最後は力のこもったスマッシュを決め、下田が3年ぶり2度目の優勝を飾った。

本選からの出場となる全日本総合選手権ではベスト8入りをねらってほしい。

 

女子ダブルスには10ペアがエントリー。落司(法1)・大谷(短1)が団体戦で敗れた早稲田大学のレギュラーに2-0で勝利するなど奮闘を見せる中、ベスト8に牟田(法3)・山藤(政3)と毛利(法2)・野田(政2)が駒を進めた。

牟田・山藤はベスト8をかけナショナルB代表、インカレ連覇をねらう加藤・柏原(筑波大)と対戦。事前研究対策がはまり、牟田が巧みに相手の逆、隙をつき、チャンスを山藤の強打で決め第1ゲームを奪うと、第2ゲームは相手の焦りも加わり圧勝する金星。この勢いでベスト4進出を決めたい牟田・山藤は法政4年生ペアと対戦。1ゲーム目を奪われたが、第2ゲームは本来の攻めが冴え逆転しファイナルゲームへ。前半リードしたが気の緩みからかコンビネーションがくずれ、後半建て直したものの届かず惜しい試合を落とした。

毛利・野田は準々決勝で1ゲームを先取されるも逆転しベスト4に進出。準決勝で今年の関東選手権ダブルスチャンピオン瀬川・村上(明治大学)と対戦。1ゲーム目、相手の堅い守りに苦戦し13点で落とす。2ゲーム目は毛利・野田の連携プレーで点を奪いシーソーゲームになったが惜敗。しかし昨年のベスト8から一歩前進、牟田・山藤とともに全日本総合選手権での活躍に期待したい。

 

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%83%ac%e5%80%8b%e4%ba%ba%e5%84%aa%e5%8b%9d%e3%81%97%e3%81%9f%e4%b8%8b%e7%94%b0

 

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%83%ac%e5%80%8b%e4%ba%ba%e5%b7%a6%e3%81%8b%e3%82%89%e6%af%9b%e5%88%a9%e3%83%bb%e9%87%8e%e7%94%b0%e3%83%bb%e6%9d%89%e9%87%8e%e3%83%bb%e4%b8%8b%e7%94%b0

ページの先頭へ

ページの先頭へ