バドミントン部

【バドミントン部男子】開幕から2連勝!

9月8日、9日に大阪市中央体育館において関西学生バドミントン秋季リーグ戦、開幕節の関学大戦、第2節の京産大戦が行われた。チームの状態が万全ではない中でのリーグ戦だったが、ともにゲームカウント3―2で勝利した。

8日の関学大戦。第1シングルスの朝岡(法4)がフルセットの接戦をものにし、流れを呼び込む。しかし第2シングルスの中村(文3)がストレート負けを喫し、相手が勢いづく苦しい流れになる。そんな流れを第1ダブルスの村瀬(法4)・峰(法4)ペアが変える。21―14、21―11と圧勝し、再び龍大に流れをもたらす。続く第2ダブルスの内田(政3)・的場(政4)ペアがストレート勝ちしこの時点で勝利を決め、第3シングルスの後藤(文2)は負けてしまうものの、ゲームカウント3―2でリーグ初戦をものにした。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%913

【写真】得点を決めガッツポーズする峰

 

9日の京産大戦は第1シングルスを奪うが、第2シングルスを落とすという、初戦と同じ厳しい状況で第1ダブルスの村瀬・峰ペアへと回る。しかし「悪い流れを自分たちで断ち切ることを意識した」と村瀬が語ったように、彼らは動じることなくストレート勝ちを収め、相手の勢いを削ぐ活躍を見せる。村瀬・峰ペアが作った流れに乗り、第2ダブルスの内田・的場ペアが地力を見せつけ、21―18、21―11で勝利する。最後の第3シングルスは今後の活躍が期待される中島(営1)が出場し奮闘。惜しくも敗れてしまうが初戦と同じくゲームカウント3―2で制し、リーグ戦2連勝とした。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f14

【写真】豪快なスマッシュを狙う村瀬

 

主力の清水(営3)や成富(法3)を欠く中での2試合だったが、苦しい時間を踏ん張り流れを引き戻す、龍大の勝負強さが光る試合だった。全日本インカレも控えているが、まずはリーグ制覇を目指して勝利を積み重ねてほしい。

 

〈宮崎監督のコメント〉

「ゲームカウント1―1となったところで、キャプテンの村瀬と峰がしっかりと勝てていてよかった。最後のリーグとあって4年生は気合が入っている」

 

〈村瀬キャプテンのコメント〉

「西日本が終わって、自分も含めリーグ戦に向けて気持ちが整っていなかったので、難しい試合になると思った。2日とも第2シングルスを落としてしまったが、ズルズル引きずらないでダブルスを2本とも取れたのがポイントだった。ベストメンバーでは望めないと思うので、普段ベンチにいる選手も含め自分が勝つんだという気持ちを持って戦っていきたい」

 

〈峰選手のコメント〉

「気持ちの切り替えは難しかったが、気を抜いて落としてはいけないと思っていたので、絶対に獲りに行くということをみんなで決めていたので、ちゃんと勝ててよかった。全勝が目的だが、負けてしまっても次につながるよう課題を見つけ、気持ちと準備をしっかりしたい」

(龍魂編集室 記事/写真 隠岐 豪)

龍魂編集室では新入部員を募集中!

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.com まで!

ページの先頭へ

ページの先頭へ