バドミントン部

【バドミントン部女子】全日本インカレ悔しさ残るベスト8

10月15日葛飾区水元総合スポーツセンター体育館において第67回全日本学生バドミントン選手権大会、団体戦が行われた。優勝を目指し挑んだ今大会だったが3回戦対早大にゲームカウント2-3で敗退。ベスト8という悔しい結果となった。

 

一昨年、昨年と今大会を二年連続準優勝の龍大は、4年生を筆頭として悲願の団体戦優勝に力が入っていた。迎えた1回戦の相手愛媛大に対し、全ゲームで2桁以上の得点を許さない試合展開で幸先の良いスタートとなった。2回戦も相手を寄せ付けずストレート勝ちを収める。順調に勝ち進む龍大は、ベスト4をかけた3回戦。対早大に対し龍大の第1シングルスの下田(経済4)、第2シングルスの杉野(法4)は、圧巻の戦いぶりをみせゲームカウントを2-0とする。勝負の第1ダブルスは、朝倉(政策1)・斉藤(経営1)の1年生ペアで臨んだ。1セット目を先取したが、続く2セット目で6連続ポイントを決められるなど相手へ流れを奪われてしまった龍大は、このゲームを落としてしまう。この悪い流れを完全には断ち切ることが出来ず、第2ダブルスの下田・小見山(法4)ペアは、ストレート負け。これにより第3シングルスの森(経営3)に勝敗は託された。フルセットまでもつれ込む接戦ではあったが、あと一歩及ばず龍大は今大会をベスト8で幕を下ろした。

今回は目標を達成出来ず悔しい想いは大きいであろうが、この経験を糧に来年こそ団体戦優勝を達成できるよう今後日々精進していってもらいたい。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f11

【写真】相手を圧倒した杉野

 

%e5%86%99%e7%9c%9f1%ef%bc%92

【写真】さらなる飛躍を期待する森

 

〈宮崎監督のコメント〉

「コートの中での借りはコートの中でしか返せないから、団体戦の借りは来年ですけど個人戦で流れを断ち切るということですごく大切なこと。また4年生が卒業しますからシングルス・ダブルスは団体としてどれだけ伸びていくのか、引き続き強化していきたい」

 

〈下田主将のコメント〉

「今持っている力は、全員が出したしこれが現状だと思うんで、また来年繰り返さないためにも今後切り替えてまた練習に励むことが大事だなと思います」

(龍魂編集室 記事/写真 上村 輝)

龍魂編集室では現在新入部員を募集中!

興味がある方は tokoton_ryukon@hotmail.comまで!

ページの先頭へ

ページの先頭へ