バドミントン部

杉野(女子単)が全日本総合への切符獲得!!

9月24日・25日、近畿総合選手権大会が開催され、近畿各都道府県の総合選手権を勝ち抜いてきた実業団、大学、高校の猛者たち集結した。

全日本総合への出場権を得られるのは優勝者だけということもあり、非常に緊迫した戦いが繰り広げられた。

 

近畿総合バドミントン選手権大会

9月24日(土)、25日(日) 於:桜井公園総合体育館

(結果)

平成28年度近畿総合バドミントン選手権大会

男子ダブルス  ベスト16 村瀬夢之介(法4)・峰将大(法4)

女子シングルス 優勝    杉野文保(法4)(全日本総合出場)

準優勝   森みず穂(営3)

3位    下田菜都美(済4)

4位    嶺井優希(策3)

ベスト8  朝岡依純(法2)

 

ダブルス ベスト4  朝倉みなみ(策1)・斎藤ひかり(営1)

ベスト8  下田菜都美(済4)・小見山彩(法4)

ベスト16 毛利未佳(法2)・野田千遥(策2)

杉野文保(法4)・嶺井優希(策3)

 

混合ダブルス ベスト4  中村洸太(営4)・山藤千彩(策3)

ベスト8  坂口拓未(営2)・小見山彩(法4)

ベスト16 的場友宏(策4)・毛利未佳(法2)

 

・男子シングルス 清水(営3)が棄権となったため、主将の村瀬(法4)だけの出場となった。

村瀬の初戦は近畿大学の1回生ルーキー馬場。1ゲーム目は相手の勢いに持ち前の攻撃力が生かせず、取られてしまう。続く2ゲーム目は主将の力強さがよみがえり、相手を圧倒的な攻撃で大差をつけ取り、ゲーム数を5分にした。そしてファイナルゲーム。序盤リードされるも中盤同点に持ち直した。しかし、相手の思い切ったプレーに引いてしまい初戦敗退となった。

・男子ダブルス  村瀬・峰(法4)が3回戦へ進出。相手は第2シード日本リーグ1部の強敵犬山・喜多ペア(三菱自動車京都)。得意の低い展開に持っていき波に乗りたかったが相手に先手を取られることが多くミスが要所でミスが出てしまいストレートで敗れてしまった。

・女子シングルス  準決勝に前回優勝者の森(営3)、嶺井(策3)、杉野(法4)、下田(済4)が勝ち進んだ。準決勝第1試合の森対嶺井は1.2ゲームを分け合い第3ゲーム中盤までお互い譲らない展開になったものの森の対応力と冷静な判断力が勝る。もう一方は世界学生で優勝したばかりの杉野とエース下田の対決となった。こちらも1.2ゲームを分け合い第3ゲーム11-10で折り返す。終盤までシーソーゲームが続き20-20でセッティングゲームへ、最後は杉野の強気なネットプレーが勝り25-23で激戦を制した。 決勝戦は森と杉野の対戦となった。第1ゲーム杉野のスマッシュとカットが面白いように決まり、森が流れをつかめず杉野がこのゲームを先取。第2ゲームも試合のペースは変わらず杉野がものにし11点と7点で杉野が優勝を勝ち取った。 3位決定戦は嶺井と下田。お互いに点数を奪い合う試合となったが、下田が意地を見せ22-20と21-13で勝利した。
・女子ダブルス 朝倉(策1)・斉藤(営1)が準決勝へ。日本リーグ2部三菱電機のエース大迫・木村との対戦。第1ゲームは相手の固い守りを崩す事が出来ずこのゲームを落としてしまう。2ゲーム目は中盤から相手を大きく揺さぶる作戦で流れを変え、マッチポイントを取られたものの20-20に追いついた。しかし相手の強気なプレーが勝り惜敗。3位決定戦は関西リーグで苦杯をなめた宇都宮・重信(関西学院大学)にリベンジするチャンスだったが、準決勝で相手選手が負傷したため棄権し不戦勝、3位入賞となった。

・混合ダブルス  混合ダブルスには6ペアが出場したが、中村洸(営4)・山藤(策3)が健闘しベスト4に駒を進めた。準決勝の相手は関西学院大学の吾野・宇都宮ペア。準々決勝までの試合をタフに上がってきたこともあり、後半疲れが見え、ファイナルの末敗れてしまった。そして挑む3位決定戦。相手は同志社大学の濱岡・辻ペア。互いに6試合目ということもあり、体力、気力勝負の様相。中村の後衛からの攻撃力と山藤の多彩な前衛力が光り、1ゲーム目を先取。続く2セット目は相手に疲れが見えているというのもあり、終始ゲームを支配し2-0で決着をつけ、見事3位となった。

%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%99

 

%e5%86%99%e7%9c%9f10

ページの先頭へ

ページの先頭へ