バドミントン部

【バドミントン部女子】関西学生リーグ12季連覇達成!!

9月17、18日立命館大学茨木キャンパス体育館において関西学生バドミントン秋季リーグ第4戦対立命館、最終戦対関学大が行われた。龍大は王者の貫禄を見せつけリーグ12連覇を達成した。

 

ここまで無敗で迎えた第4戦対立命館戦。第1シングルスの下田(経済4)、第2シングルスの森(経営3)は共に巧みな駆け引きで相手のミスを誘いストレート勝ちを収める。その後も龍大のペースで試合が展開されると思われた。続く第1ダブルスの野田(政2)・毛利(法2)ペアはまず1セットを先取。しかし2セット目ではなかなか流れを掴むことができず苦戦を強いられる。中盤相手に連続得点を許し大差をつけられてしまうが、後半では前半のミスを修正し連続得点を奪うことに成功。畳みかけるよう攻撃を仕掛け、相手に隙を与えず19―20まで詰め寄るがあと一歩及ばずこのセットを落としてしまう。しかし勢いそのままに、3セット目では序盤からリードを保ちながら着実にポイントを重ねていく。そして徐々に点差を広げこのセットをものにし、セットカウント2―1で勝利を掴んだ。第2ダブルスの牟田(法3)・山藤(政3)ペアは相手の攻撃に苦しむ場面もあったが、粘り強いプレーでストレート勝ちを決める。続く第3シングルスの嶺井(政3)は終始互いに連続得点を許さない接戦となる。しかし高さを生かした攻撃などで相手を圧倒しストレート勝ちを収めた。龍大はゲームカウント5―0で勝利を決め、最終戦の結果を待たずして秋季リーグ優勝を決めた。

 

迎えた最終戦。すでに優勝が決定している龍大は10月に行われるインカレを視野に入れ、少しオーダーを変更して関学戦に挑んだ。第1シングルスの森は、立ち上がりから相手を圧倒し、その調子のままストレート勝ちを収めた。このままの流れで試合が進行していくかと思われたが、第2シングルスの西江(文1)は相手選手に6連続ポイントを許すなどペースを握れずストレート負けを喫し、第1ダブルスの野田・毛利ペアも悪い流れのまま0―2で敗れてしまう。相手のペースをなかなか断ち切ることができない龍大だったが、続く第2ダブルスの朝倉(政1)・斉藤(経営1)ペアは1―2と惜しくも敗れてしまうもののデュースにもつれ込むセットもあり、健闘する試合展開となった。そのまま第3シングルスの嶺井にも良い流れを生んだ。嶺井は序盤相手にリードを許すが徐々にその差を縮め1セット目をものにする。その勢いを保ち2セット目も奪いストレート勝ち。結果ゲームカウント2―3で龍大は最終戦を勝利で飾ることはできなかった。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f7

【写真 12季連覇を果たした選手達】

 

今大会でリーグ12季連覇を達成した龍大。チームとしても十分に実力を発揮し、また嶺井がバドマガ賞を受賞するなど個々の力も光る大会となった。一方で多くの課題を得ることができた今大会は10月に行われるインカレに向けての良い通過点となったに違いない。今大会での課題を修正し、全国の舞台でも勝利を掴む姿を見せてほしい。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f8

【写真 バドマガ賞を受賞した嶺井】

 

(下田主将のコメント)

「最終戦では優勝が決まっていたので、少し挑戦するオーダーでいったが、その中で向こうのチームにいった流れを断ち切ることができなかったのが敗因だと思う」

 

(宮崎監督のコメント)

「(最終戦の)第1ダブルスの相手は関西のチャンピオンなんですが小見山(法4)と下田は今まで2回勝っているので他のメンバーも今回勝ってほしかった。ダブルスをもう一段階上げていかないとインカレで優勝を目指すにはシングルに頼ってしまう。今回勝ったとしても次を見据えた時に3年生以下だけでどれだけ現状やれるかをつかんでほしかった。」

 

 

(龍魂編集室 記事/写真 堀内 沙穂・上村 輝)

龍魂編集室では現在新入部員を募集中!

興味がある方は tokoton_ryukon@hotmail.comまで!

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ