バドミントン部

【バドミントン部女子】秋季リーグ初戦、第2戦共に快勝!

9月9、10日大阪市中央体育館において関西学生バドミントン秋季リーグ戦開幕戦対同志

社、第2戦対武庫女大が行われた。両日とも5―0で相手を寄せ付けず勝利し、次の試合へと弾みをつけた。

 

大事な秋季リーグ初戦、第1シングルスの下田(経済4)は安定のプレーでストレート勝ちを収め、チームを勢いづけた。続く第2シングルスの森(経営3)は2セット目を落としてしまうが、3セット目では粘りを見せ2―1で勝利する。第1ダブルスの野田(政2)・毛利(法2)ペア、第2ダブルスの山藤(政3)・牟田(法3)ペアは共に息の合ったプレーで相手を圧倒し、見事ストレート勝ちを決めた。勢いづく龍大。第3シングルスの嶺井(政3)もその勢いを止めることなく1セットを先取。2セット目では互いに譲らずデュースとなり苦しい展開となったが勝ち切り、龍大はゲームカウント5―0で勝利した。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f5

【写真】

 

連戦となった第2戦。第1シングルスの森は危なげない試合運びでストレート勝ち。先陣としての役割を果たし、チーム全体に流れを引き寄せた。第2シングルスの嶺井は連続ポイントを決めるなど、相手に流れを渡さず2―0で勝利を収めた。第1ダブルスのルーキーペア朝倉(政1)・斉藤(経営1)は1年生ながらも落ち着いた試合展開でストレート勝ちを収めた。第2ダブルスの野田・毛利ペアは順調な滑り出しで1セットを先取するも、続く2セット目はミスが重なり落としてしまう。しかし3セット目ではミスを修正し、相手を圧倒し2―1で勝利を決めた。第3シングルスの落司(法1)も堂々としたプレーでリードを保ちつつ2―0で勝利し、龍大はゲームカウント5―0で快勝した。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f6

【写真 朝倉・斉藤ペア】

 

初戦、第2戦と連勝を飾り第3戦へと勢いづいた龍大。しかしながら多くの課題が生まれた試合でもあった。その課題を克服し、万全の体制で次の試合へと臨んでもらいたい。

 

(下田主将のコメント)

「(開幕戦では)秋リーグ初日なので緊張する中、5―0で勝てたことは大きかったし、競り合いの場面で勝ちきれたことはすごく良かった。(2戦目では)球の質だったり、ミスが多かったのでそこを修正して、次に備えたいと思う」

 

(宮崎監督のコメント)

「(初戦は)第1シングルスでエース下田がしっかり押さえてくれたことは大きい。ダブルスは西日本ではよかったものの課題ではある。練習の中で競り合っていってほしい」

 

(龍魂編集室 記事/写真 堀内 沙穂・上村 輝)

龍魂編集室では現在新入部員を募集中!

興味がある方は tokoton_ryukon@hotmail.comまで!

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ