バドミントン部

【バドミントン部作成記事】アベックⅤに続き、男子複、女子単・複Vで存在感を示す!!

西日本地区の学生にとって、最高峰の大会である。ベスト32以上に入賞すれば、全日本バドミントン学生(インカレ)への権利を得ることができる西日本学生バドミントン選手権大会。今季も大勢が、上位入賞しインカレへの権利を得て龍大の層の厚さを見せつけた。

 

西日本学生バドミントン選手権大会(個人戦)

8月29日(月)~9月2日(金) 於:山口県山口市

 

(結果)

男子シングルス  準優勝   成富勇太(法3)

ベスト4  村瀬夢之介(法4)

ダブルス   優勝   内田裕太郎(政3)・成富勇太(法3)

ベスト8  的場友宏(政4)・坂口拓未(営2)

女子シングルス   優勝   下田菜都美(済4)

準優勝   杉野文保(法4)

ベスト4   森みず穂(営3)

ベスト8   嶺井優希(政3) 朝岡依純(法2)

毛利未佳(法2)

 

ダブルス   優勝    下田菜都美(済4)・小見山彩(法4)

準優勝    毛利未佳(法2)・野田千遥(政2)

ベスト4    杉野文保(法4)・嶺井優希(政3)

朝倉みなみ(政1)・斎藤ひかり(営1)

ベスト8    森みず穂(営3)・朝岡依純(法2)

 

〈男子シングルス〉

前回西日本チャンピオン成富(法3)と主将の村瀬(法4)がベスト4へ駒を進めた。

準決勝第1試合で成富は同志社のルーキー岩永と対戦。1セット目を奪い、2セット目も大量リードするも気を許し、このセットを逆転で奪われてしまう。その悪い流れを断ち切ることが出来ず、ファイナルゲーム序盤はリードを許す厳しい展開となるが、持ち前の勝負強さで逆転し、決勝に駒を進めた。

準決勝第2試合で村瀬は昨年インカレベスト8の大堀(金沢学院)と対戦。相手の早いスピードの前に自分のペースをつかむことが出来ず、1セット目を奪われてしまう。その流れのまま2セット目もリードを許すが、主将としての意地を見せ、連続ポイントで終盤追いつく。しかし、相手の驚異の攻撃力に圧倒され敗退した。

決勝戦成富は村瀬の分まで頑張ろうとコートに立った。1セット目準決勝を戦った相手の勢いは止まらず、守ってしまう展開になり奪われてしまう。しかし、気持ちを入れ替えた成富は2セット目攻めのプレーで大堀を圧倒した。そして勝負のファイナルセット。相手も意地を見せ一進一退の攻防戦となった。成富はダブルスの疲れもあるのか後半足が止まってしまい、大堀の攻めに守ってしまい、終盤の連続ポイントを許し敗退してしまった。

 

〈男子ダブルス〉

今年度関西選手権優勝の内田(政3)・成富(法3)がベスト4へ。準決勝で酒井・木村(近畿大)と対戦。1セット目相手にリードを許し苦しい展開となるが、我慢して相手のミスを誘うプレーでこのセットを奪い、そのままの勢いで2セット目も奪い決勝に駒を進めた。

決勝の相手は松田・内藤(近畿大)。昨年決勝で敗れた悔しさを晴らすため、序盤から気合十分。1セット目を奪い、2セット目も競り勝ち悲願の初優勝を飾った。

 

 

〈女子ダブルス〉

女子ダブルスではベスト4に4ペアが駒を進めた。

準決勝第1試合は昨年準優勝の野田(政2)・毛利(法2)と期待の新人朝倉(政1)・斉藤(営1)が対戦。序盤1回生ペアがここまでの勢いのままにゲームを進めるものの2回生ペアが先輩の意地をみせ2-0で勝利。

もう一方は団体戦でチームを支える下田(済4)・小見山(法4)と準々決勝で第2シードを破った杉野(法4)と嶺井(政3)の対戦。シングルスプレーヤー同士の杉野・嶺井ペアが粘りを見せるものの小見山の相手の隙をつくプレーからチャンスをつくり下田の強打が冴え渡り下田・小見山が2-0で勝利。

決勝は下田・小見山が貫禄のある堂々としたプレーと2人の速い展開で野田・毛利につけいる隙を与えず圧倒、10点と12点のストレート勝ちで優勝を飾った。

 

〈女子シングルス〉

女子シングルス準決勝第1試合は2連覇を狙う杉野(法4)と立命館大学のエース結城の対戦。杉野の気迫のこもったプレーで相手を寄せ付けることなく2-0で勝利。

逆ゾーンはここまで安定のプレーで勝ち上がった森(営3)と関西選手権チャンピオン下田(済4)の対戦。下田の巧みな球回しに食らいついていくものの下田の方が一枚上手をいき2-0で下田の勝利。決勝は下田対杉野と関西選手権決勝と同一カードになったものの、杉野が連戦の疲労により試合続行による負傷のリスクが高く、直後の世界学生も勘案し棄権。下田の不戦勝となり、団体、ダブルスに続くシングルの優勝で3冠を成し遂げた。

 

今季ダブルスが課題とされていた龍谷としては今大会を通してダブルスのレベルアップが出来ていたのではないかと思われる。これからインカレ団体優勝に向け彼女達はこの勢いまま更なる成長を見せてくれるであろう。

 

女子複 下田・小見山

 

男子複 成富・内田

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ