バドミントン部

【バドミントン部】関西学生選手権大会 男子単・複、女子単の3冠奪取!!女子単8強独占!

関西学生のシングルス、ダブルスNO1を決める関西学生選手権大会。おなじみのスター選手たちばかりではなく、リーグ戦などでは目立たない影の実力者など、猛者たちが揃いにそろったハイレベルな大会である。

 

関西学生バドミントン選手権大会

6月22日、23日、24日、28日、29日

(大阪市中央体育館・東淀川体育館)

 

(結果)

男子シングルス 優勝    清水智彦(営3)

準優勝   峰将大(法4)

ベスト4  中村大志(文3)

ベスト8  朝岡渉太(法4)

田中佑貴(営1)

 

ダブルス  優勝    成富勇太(法3)・内田裕太郎(政3)

ベスト8  峰将大(法4)・村瀬夢之介(

 

女子シングルス 優勝    下田菜都美(経4)

準優勝   杉野文保(法4)

ベスト4  森みず穂(営3)

嶺井優希(政3)

ベスト8  朝岡依純(法2)

小見山彩(法4)

毛利未佳(法2)

落司実瑠(法1)

 

ダブルス 準優勝   下田菜都美(経4)・小見山彩(法4)

ベスト4  毛利未佳(法2)・野田千遥(政2)

森みず穂(営3)・朝岡依純(法2)

ベスト8  杉野文保(法4)・嶺井優希(政3)

朝倉みなみ(政1)・斎藤ひかり(営1)

〈男子〉

シングルス準決勝、中村と峰の同校対決は、峰がスピード感溢れるプレーをみせ危なげなく勝利。もう一方の準決勝では清水が同志社大学1回生の岩永と対戦。相手の勢いに押され第2ゲーム目を奪われるが、ファイナルは攻撃の姿勢を見せた清水が相手を圧倒し決勝に駒を進めた。決勝での同校対決は、昨年王者、実力に勝る清水が常に先手をとる展開で2連覇を成し遂げた。その他、1回生田中が近大、関学大のポイントゲッターを破るなどベスト8に5名が進出する活躍を見せた。  ダブルスの準決勝は成富・内田が近畿大学の南京・松井ペアと対戦。相手の猛攻撃に対しうまくレシーブで押し返し決勝に駒を進めた。決勝の相手は関西学院大学の池田・石川ペア。相手の勢いに押され1ゲーム目を失うがディフェンス力で勝負、2,3ゲームは前評判通りの力を見せファイナル18本で見事初優勝を飾った。 〈女子〉

シングルス準決勝は杉野と森、下田と嶺井の龍大同士の対戦となった。両試合とも杉野と下田が先輩の意地を見せ勝利し決勝へ。決勝戦は序盤からインカレ新旧チャンピオン同志の戦いにふさわしい、互いに譲らない激しいラリーの応酬となった。ともに1ゲームずつを取り合い勝負はファイナルゲームへ。大学トップレベルの一進一退の攻防が続く中、後半下田の勝利への強い思いが、杉野のパワーとスタミナに勝り、下田が4回生にして嬉しい関西選手権シングルス初優勝を飾った。  ダブルスの準決勝1試合目は、第1シード毛利・野田が関学大のエースペア小池・中村と対戦。息のあったプレーでポイントを重ねるも、相手の堅い守りの前にあと1歩及ばず悔いの残る敗退となった。準決勝2試合目は、森・朝岡が下田・小見山に積極的な攻撃で挑んだが巧みなレシーブに後一歩およばず下田・小見山が決勝へ。決勝では春のリーグ戦で敗れてしまった小池・中村(関学)と対戦。リベンジと優勝をかけ気合い十分の2人だったが1ゲーム目、ダブルス決勝までに2日間で7試合を戦った疲れから下田をアクシデントが襲う。そのままの悪い流れを断ち切ることができず第1ゲームを失うものの、第2ゲームでは小見山が上手く下田をカバーし相手を追い詰める接戦を展開。優勝にはとどかなかったが、最後まで勝利をあきらめない2人に大きな拍手が送られた。  今回シングルスでは龍大がベスト8を独占し、ダブルスでもベスト4の3ペア、ベスト8の5ペアを占める活躍、また、シングルスで落司、ダブルスで斎藤・朝倉が同大のエースに競り勝ちベスト8に入るなど若い力も輝きを見せた。

 

下田 関西選手権 優勝

 

内田成富 関西選手権 優勝

ページの先頭へ

ページの先頭へ