バドミントン部

【バドミントン部】リーグ4連覇を達成!

5月6日、大阪市立中央体育館において関西学生バトミントン春季リーグ最終戦、対同志社大が行われた。

 

第1シングルスの清水(経済3)は相手に押されつつも何とかストレートで勝利した。第2シングルスの峰(法4)第3セットにまでもつれる接戦の末負けてしまう。続く第1ダブルスの内田(政3)・成富(法3)ペアはなかなか流れを掴み切れず苦しむ場面もあったが、ストレート勝ちを決めた。第2ダブルスの的場(政4)・坂口(経営2)ペアは第3セットまで持つれるが勝ち切れずこの試合を落としてしまい、セットカウント2―2となる。第3シングルスの成富は連続ポイントを決めるなどで相手を圧倒し第1セットを先取する。第2セットでは後半相手にペースを持って行かれるも、目粘りを見せストレート勝ちを収め、ゲームカウント3―2で勝利した。

 

写真1 (2)

【写真 シングルス、ダブルスで活躍した成富】

 

男子バトミントン部は関西学生春季リーグ春秋合わせて4連覇を成し遂げた。しかし彼らはこの結果に満足することなく、西カレ団体戦連覇という目標をしっかりと見据えていた。さらなる飛躍を誓う男子バドミントン部のこれからの活躍から目が離せない。

 

写真2 (2)

【写真 優勝した選手達】

 

〈古財コーチのコメント〉

「(大会を振り返って)春リーグに関しては自分の思っていた試合運びではなかった。新チームになったのでいろんな課題が出てくるのは当たり前だから、その中でもっと一人ひとりが変わらないと今のままでは無理だと思う。勝ったことに満足しないでしっかりともっとやらなきゃという気持ちを出してほしい。自信をもってコートに入れるだけの心構え、準備を日々の練習の中でやってくれたらと思う」

 

〈村瀬(法4)主将のコメント〉

「3―0で勝ちに行くというつもりでいたので、勝ったとはいえ最終シングルまで回ってしまったのは力不足だと思うし、甘かったと思う。(西カレは)このままでは勝てないと思うし、また一からみんなで頑張っていきたい」

 

(龍魂編集室 記事 堀内 沙穂/写真 関 真由子)

龍魂編集室では現在新入部員を募集中!

興味がある方は tokoton_ryukon@hotmail.comまで!

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ