バドミントン部

【バドミントン部女子】リーグ第3戦4戦共に勝利!

5月3日立命館大学茨木キャンパス、4日龍谷大学深草キャンパス体育館において関西学生バドミントンリーグ第3戦対京産大戦、リーグ第4戦対関学大が行われた。連戦で苦しい日程ながら、第3戦、第4戦共に4―1で勝利し最終戦へと弾みをつけた。

 

第3戦では第1シングルスの杉野(法4)、第2シングルスの森(営3)は気迫あるプレーを見せ難なくストレート勝ちを収めた。続く第1ダブルスの下田(済4)・小見山(法4)ペアは長いラリーに苦戦を強いられる場面もあったが、息の合ったプレーで相手を圧倒しストレートで勝利する。第2ダブルスの山藤(政3)・牟田(法3)ペアは第2セットでデュースにもつれ、接戦となるが粘りを見せストレート勝ちを収めた。しかし第3シングルスの朝岡(法2)は積極的に攻めるも流れに乗りきれず1―2で負けてしまうが、ゲームカウント4―1で勝利した。

写真1 (1)

【写真 得点を決めて喜ぶ下田・小見山ペア】

 

第4戦では第1シングルスの杉野、第2シングルスの森は共に安定したプレーで連続ポイントを決め、ストレート勝ちを収めた。勢いづきたい龍大。しかし第1ダブルスの下田・小見山ペアは第1セットを先取するも、第2セットでデュースとなり一進一退の攻防の末負けてしまう。第3セットも粘りを見せるが勝ちきれず、この試合を落としてしまう結果となった。続く第2ダブルスの山藤・牟田ペアは気迫あるプレーで相手を圧倒し、ストレートで勝利する。第3シングルスの嶺井(政3)は相手に押される場面もあったがなんとかストレート勝ちを収め、ゲームカウント4―1で勝利した。

写真2 (1)

【写真 力強いプレーを見せる嶺井】

 

〈下田主将のコメント〉

「(3日は)全体的に競る試合が多く、簡単には勝てない試合だった。自分達に流れがある時にどうしても細かいミスをして相手の流れになってしまい、うまく連続ポイントを取れなかったが一番の課題。1本1本の大切さを一人ひとりが感じて練習していきたい。(4日は)ダブルスが山場と思って臨んだ。相手が攻めてきて自分たちが我慢しきれなかった。競った場面での1本をどれだけ取れるかという練習をしていきたい」

 

〈宮崎監督のコメント〉

「山藤・牟田は春に組んで間もないペアだったがかみ合ってきた。不安材料もあったが、逆にチームの団体戦での戦力として層が厚くなるので嬉しい」

(龍魂編集室 記事/写真 堀内 沙穂)

龍魂編集室では現在新入部員を募集中!

興味がある方は tokoton_ryukon@hotmail.comまで!

 

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ