バドミントン部

【バドミントン部男子 インカレベスト4入りを果たす】

10月10日、11日にかけて第66回全日本学生バドミントン選手権大会、団体戦が行われた。龍大は準決勝で敗れてしまうものの、創部初のベスト4入りを達成した。

龍大は一回戦の東海大戦で苦しい試合を強いられる。第1シングルスの清水(経営2)、第2シングルスの朝岡(法3)がともに敗れ、あと1敗で一回戦敗退と追い込まれてしまうがそこから粘りを見せる。第1ダブルスの内田(政2)・成富(法2)、第2ダブルスの佐々木(経営4)・的場(政3)ペアがフルセットの末に制し追い付くと、第3シングルスでは成富がストレートで勝ち、辛くも一回戦を突破する。その後は二回戦の北翔大戦、三回戦の甲南大戦では危なげなく3―0で勝利を収め準決勝に進出し団体戦初日を終える。

二日目の準決勝。相手は昨年準優勝の法政大。第1シングルスを任されたのは内田。強気なプレーで1セット目を奪うが、その後逆転を許し惜しくも敗れる。続く第2シングルスの中村(文2)も接戦となるが、フルセットの末に負けてしまいゲームカウント0―2となってしまう。このままでは終われない。そんな雰囲気の中、第1ダブルスの内田・成富ペアが試合に臨む。一進一退の攻防を繰り広げ緊迫した展開が続くがセットの終盤であと一歩及ばずストレート負けを喫し、ゲームカウント0―3で準決勝敗退。しかし創部初のベスト4を成し遂げた。

 

写真1

【写真】シングルス、ダブルスの両方で活躍した内田

試合後キャプテンの佐々木は「うれしいというよりもほっとしています」と語った。関西リーグの王者として、そして西日本の王者として挑んだ今大会。多くの重圧の中で目標に掲げてきたベスト4入りを達成したことはチームにとって大きな経験になっただろう。だからこそ立ち止まってはいられない。今回の経験を糧に、龍大バドミントン部男子の名を全国に轟かせるその日まで彼らの挑戦は終わらない。

 

写真2

【写真】ベスト4入りを果たした選手達

〈古財コーチのコメント〉

「(一回戦について)シングルス2つを取られてしまったことで動揺してしまった。しかしそこを乗り越えられたことが次の試合にも繋がったと思う。準決勝では準決勝、決勝の舞台を経験しているチームと初めてのチームの差が出てしまった。結果としてベスト4を達成できて良かったがコート内でのフィジカルや技術はまだまだ物足りないということを実感した。この悔しさを忘れずに、より高い意識を持って励んでほしい」

 

〈佐々木キャプテンのコメント〉

「(一回戦の)0―2という状況から勝つという気持ちを忘れず団結できたところは良かった。キャプテンとしてプレッシャーはもちろんあったが、部員もベスト4に入るんだというプレッシャーの中で戦っていたので安心したが、満足しないでこの悔しさを忘れないでほしい。周りに支えて貰っている部なので、感謝しながらこれからも頑張ってほしい」

 

(龍魂編集室 記事/写真 隠岐豪)

龍魂編集室では現在新入部員を募集中!

興味がある方は tokoton_ryukon@hotmail.comまで!

ページの先頭へ

ページの先頭へ