バドミントン部

【バドミントン部】悲願の西日本インカレ アベック優勝!!

8月31日から9月2日にかけて、北九州メディアドームにおいて行われた、第55回西日本学生バドミントン選手権大会男子団体、女子団体。龍谷大は男女ともに優勝を飾り、新たな歴史を刻んだ。

 

 

~男子団体~

未だ西カレで優勝がない男子は、悲願の初優勝に向け、圧倒的な力をみせ、決勝まで順調に勝ち上がる。決勝の相手は金沢学院大、幾度となく優勝を阻まれた強豪との対戦。選手たちは今まで以上に気合を込める。第1シングルスの清水(営2)は最終ゲームまで持ち込む接戦となるものの惜敗する。しかし第2シングルスの朝岡(法3)がストレートで勝ち、セットカウント1-1とする。続く第1ダブルス内田(政2)・成富(法2)ペアも気合を前面に押し出すものの、一歩及ばず黒星。第2ダブルスの佐々木(営4)・的場(政3)ペアが勝利を掴み2-2。最終シングルスへと持ち込む大接戦となる。皆の期待を一身に背負い、コートに立ったのは成富、最終シングルスでの勝率が高いと古財コーチからのお墨付きをもらっている彼は、相手のミスを誘う巧みなプレーでポイントを重ねていく。共に1ゲームずつ取り、泣いても笑っても最後ゲームへと持ち込む。「龍大の声援しか聞こえなかった」そう語った成富は、最終ゲームでキレのあるスマッシュで相手を寄せ付けずゲームポイント21-11で勝ち取る。結果セットカウント3-2で龍大の勝利。悲願の西カレ初優勝を獲得した選手たちからは涙がこぼれ落ちた。

 

写真1喜びに腕を突き上げる成富

「喜びで腕を突き上げる成富」

 

古財コーチのコメント

「龍大の歴史上優勝はなかったので、やっと一歩踏み出せたのかなと思っている。まだ若いメンバーが多い中で勝てたこと。佐々木がレギュラーの4年生一人の中で、プレーで後輩に背中を見せて引っ張っていったのが大きかったのかなと思っている。(残る個人戦について)全員が上位に食い込む実力があるが、簡単ではないので、団体優勝の勢いをしっかり個人戦につなげてほしい」

 

佐々木主将のコメント

「チーム全体で勝つことができた。最終シングルスの成富が頑張ってくれた。(全カレに向けて)目標は優勝、全員で団結して頑張りたい」

 

成富選手のコメント

「自分の力を出しきり、勝つことができてよかった。またコートの外からの声援がありがたかった。相手の声援も大きかったが、自分には龍大の応援しか聞こえなかった。次もベスト4を目標に頑張りたい」

 

写真2龍大男子集合写真

「龍大男子集合写真」

 

~女子団体~

昨年の西カレを制している女子は、女王として今年も優勝を目指した。女王の貫録をみせつけ順調に決勝まで上がってきた龍大は立命館と対戦する。第1シングルス下田(済3)は圧倒的な強さで相手に隙を与えずストレートで勝利する。続く第2シングルスの杉野(法3)はミスが重なり第1ゲームを落としてしまうが、力強いスマッシュで流れを引き寄せゲームカウント2-1で勝利する。王手をかけた龍大は第1ダブルスの宮原(法4)・藤本(済4)ペアが気合いを前面に押し出すプレーで相手を圧倒しストレートで勝利。結果セットカウント3-0で龍大が勝利し西カレ優勝を収めた。

 

 

写真3 気迫のこもったプレーをする下田

「気迫のこもったプレーをする下田」

 

宮崎監督のコメント

「(男子団体について)金沢学院に優勝を幾度も阻まれていたのだが今回優勝したことによって歴史の1ページが変わった。(女子団体について)優勝を狙っての優勝は一番難しく、その中でしっかり勝ってくれたのは良かった。(残りの個人戦について)男子はうれし涙を力に変えて頑張ってほしい。女子は自分の力をしっかりコートで出してほしい」

 

翠簾屋主将(政4)のコメント

「今回苦しい場面もあったが、チーム全員で勝つことができた大会だったと実感している。決勝でのシングルの杉野が、1セット取られながらも勝ったことで、チームの雰囲気が良くなったことが勝利の鍵だった。(残りの個人戦について)龍大同士が試合の組み合わせに当たるまで勝ち残って龍谷大学は選手全員が強いのだということをこの大会で示したい」

 

写真4龍大女子集合写真

「龍大女子集合写真」

 

龍大初の団体アベック優勝を獲得した彼らは今後も新たな歴史を刻み続けてくれることであろう。残る個人戦でも優勝を勝ち取る姿をみせてもらいたい。

 

 

龍混編集室(記事・堀浩治/写真・松本晃平)

ページの先頭へ

ページの先頭へ