バドミントン部

関西学生バトミントンリーグ開幕!初戦は男女共に白星で飾る。

9月14日、龍谷大学体育館において、関西学生バドミントンリーグの初戦が行われた。相手はどちらも関学大。女子は西日本インカレ2連覇の実力を見せつけ快勝。男子は勝利を収めるが課題の残る試合となった。

豪快なプレーで相手を翻弄した植田

(男子)
第1シングルスの山形(営4)は1ゲームを落とすも持ち味の粘り強いプレーで相手を突き放し勝利。続く植田は、差を広げれないものの気迫で相手を圧倒しストレート勝ちを収め2セット先取する。第1ダブルスの新居(営3)・佐々木(営2)ペアは本来の力を出し切れず小さなミスが目立つ。2ゲームとも落とし2勝1敗とするが、第2ダブルスは2-1と勝利し差を広げる。その後、第3シングルスの濱崎(法2)も健闘するがストレート負けを喫しこの試合3対2で勝利を収めるも選手には笑顔はなかった。

息の合ったプレーを見せた村上・桑名組

「悔しさを忘れている。気が抜けていると思う」。西日本インカレを3位という悔しい結果で終えた男子バドミントン部。初戦を勝利で収めはしたが、主将の逢沢(法4)は厳しい表情で苦言を口にした。この試合、第1ダブルスの新居・佐々木ペアはストレート負け。他の選手にも普通では出ないようなミスが目立っていた。「次の相手は2部から上がってきた天理大。勢いに負けないようにしたい」と逢沢。4連覇をかけた関西学生リーグ。王者として負けられない戦いが始まった。

(女子)
試合中、何度もガッツポーズを見せる杉野(法1)と、喜びこそ表現はしないが冷静に相手を攻める下田(済1)。両者対照的ではあるがどんな相手であろうと強気で向かっていく姿は似ている。そんな2人は相手に隙を見せない試合運びでストレート勝ちを収めあっという間に2セットを先取する。第1ダブルスの高橋(文4)・小見山(法1)も息の合ったプレーを見せ勝利。続く第2ダブルスは勝ちきれず1セットを落とすも、第3シングルスの小森(法3)が相手の前後への揺さぶりにもついていき2ゲーム目では圧倒的な点差で試合終了。4-1と次戦へと勢いをつける結果で初戦を終えた。

冷静なプレーで相手を攻める下田

西日本インカレの2連覇を果たし、女王として圧倒的な力を見せつけた女子バドミントン部。「いつも使うメンバーだけでなく試合に慣れさせるために色々な選手を使いたい」と宮崎監督。関西リーグが終わるとすぐに近畿総合が始まる。「試合数が多い中でコンディションを崩さないようにメンバーを変えながら勝っていきたい」と抱負を語る。次戦の相手は関西大学。総力戦で関西リーグ優勝を目指す。

試合中何度もガッツポーズを見せた杉野

<宮崎監督のコメント>
「西日本を優勝で終えて、個人戦でも上位に残り試合数多い中でコンディションが下がるのを避けなければいけない。いつものメンバーだけで乗り越えるのではなく、試合に慣れさせるために色んなメンバーを試している。選手全員で優勝を目指しているので下級生からもどんどん使っていきたい。関西リーグは短期決戦となるのでメンバー考えながらリーグが終わってすぐにある近畿総合に向けてコンディションを整えていきたい」

<古財コーチのコメント>
「西日本を悔しい結果で終えて気持ちを取り返すまでに時間がかかった。勝ち負けは必ずあるものなのでそれをしっかり乗り越えて欲しい。西日本インカレの負けはいい経験だったと思う。今日の試合は全体的にいいものとは言えない。次の試合まで修正して試合に挑んでほしい。目標はあくまで優勝なので一試合一試合競る試合になりそうだが頑張ってほしい」

(記事 龍魂編集室 林蘭子/写真 林蘭子・堀浩治)

ページの先頭へ

ページの先頭へ