バドミントン部

勢いが止まらない!圧倒的強さで2度目の西日本王者に!

彼女たちに敵う相手などいなかった。昨年の涙の初優勝から一年。女王が西日本インカレの舞台に帰ってきた。準決勝の立命大には3-0の圧勝。決勝で当たったのは3年連続東海学院大。しかし、プレッシャーもものともせず3-1で見事優勝。女王の座を守り切った。

<決勝 東海学院大戦>
作戦通りだった。第1シングルスで当たるのは昨年の西日本個人チャンピオン。向かいうつは一年の杉野(法1)。「不安はあったが、決勝戦前に監督から“お前は勝てると思ったから当てた”と言ってもらった。だから、自分のプレーを出せたら負ける気がしないと思っていた」と話すように、力で押してくる相手に、持ち前の力で対抗した。杉野のパワーは驚異的。スマッシュを返そうと相手がラケットに当てるも、打ち返せない場面が多く見られた。気付けば圧倒的点差をつけて2-0で一勝。幸先いいスタートを切る。

決勝でも安定したプレーを見せた牧野・河崎

隣で同時に始まっていた第2シングルスは混戦模様。粘る小森(法3)に相手も対抗し、1-1で迎えた3ゲーム目。リードをしていた小森だったが、なかなかいつものプレーができず終盤には5連続ポイントを奪われる。そのままピンチを脱せず惜しくもセットを落とす。しかし、まだ勝利への望みは十分。小森は会場中に響くほどの声で、続くダブルスに声援を送った。

力強いプレーで一気に龍大に流れを呼んだ杉野

先に登場したのは、牧野(法4)・河崎(文4)ペア。昨年の全国ベスト4、そして実業団との試合も経験した二人の経験値は格段に上がっていた。出だしこそ接戦だったが、折り返してからは点を独占。ストレートで龍大二勝目を挙げる。最後の一勝は、高橋(文4)・小見山(法1)ペアに託された。小宮山のクリアに高橋の速攻でのスマッシュのコンビネーションで接線を潜り抜ける。特に今日の高橋の攻撃のキレは凄まじい。相手が動く間もなく、コートに羽を打ちこんだ。6点差で迎えたマッチポイント。チームメイトからは、あと1点コールが響く。最後まで冷静に攻めた二人の勝利の瞬間、チームの2連覇が決まった。去年は涙を見せたメンバーたちも、今回はハイタッチと笑顔で溢れ返った。

ハイタッチをする第2ダブルスの高橋

彼女らの目標はあくまで全国制覇。昨年は西日本王者ながら全日本インカレ一回戦敗退と悔しい思いをした。立ちはだかるは東の強敵たち。しかし今なら、そんな敵に果敢に攻め勝つ姿が容易に想像できる。「いざ、全国王者の座を奪還せよ」。彼女らのミッションはただ一つだ。

【宮崎監督インタビュー】
「2連覇といっても、新しいチームで挑んだ大会。新しいメンバーでの戦いなので、昨年優勝はしているが、挑戦者の気持ちで臨んだ。去年と違うのはダブルスの安定感。高橋・牧野はこの先実業団へ進むことを決めたこともあって、今まで以上にケアやトレーニングに力が入ったように思う。また、重圧を受け止めれるようになったことも大きい。ダブルスは4年生が3人いる。最後の年というところでも、思い入れが違ってきていると思う。全国でも力の差はない。堂々戦いたい」

【牧野主将インタビュー】
「東海学院大が上がってくることは予想していた。今は素直に優勝できて嬉しい。昨年とは違うチームで挑んだので、先輩たちが導いてくれた結果にも負けたくなかった。ダブルスでの試合としては、攻める心は忘れないようにしてきた。プレッシャーを感じて守るようなプレーにはしたくなかった。ペアの河崎には感謝しかない。しっかりとプレーを引っ張ってくれた。あるものないものを補って高められるペアでありたいと思う。チームとしては、全国制覇までに、もう一回りずつみんなが成長して、全国でも勝てるという自信を付けたい。目標は全国制覇しかない」

栄冠に笑顔を見せる龍大メンバー達

【大会成績】
2回戦 新潟大戦 3-0
3回戦 福岡大  3-1
4回戦 松山大  3-0
準決勝 立命大  3-0
決勝 東海学院大 3-1

(記事・写真 龍魂編集室 新谷 佳菜)

 

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ