バドミントン部

【バドミントン部】関西学生バドミントン新人戦大会 今年最初の大会で男女複、男子単で龍谷大学が頂点に!!

新型コロナウイルス感染症の影響で令和2年度の多くの大会が中止となる中、龍谷大学が出場する今年度最初の大会である関西学生バドミントン新人戦大会が行われた。

関西の大学1、2回生のみで争われる大会で、今年もまた多くの龍大部員が上位入賞を果たし、幸先のよいスタートを見せた。

『関西学生バドミントン新人戦大会』

11月 8日 グリーンアリーナ神戸

9日 大阪市中央体育館

10日 大阪市中央体育館

18日 大阪市中央体育館

19日 大阪市中央体育館

21日 大阪市中央体育館

 

[結果]

男子

ダブルス

優勝    高嶋集(営1)・嶽本樹希(法1)

準優勝   佐藤陸(法2)・廣瀬歩海(短2)

シングルス

優勝    川原怜也(政2)

3位    佐藤陸(法2)

上山昇大(法1)

ベスト8  大出竜輝(法2)

女子

ダブルス

優勝    佐藤灯(政2)・植村理央(国2)

準優勝   小方里羽(営1)・去来川琴葉(済1)

3位    山本羽純(法2)・端岡里紗(営2)

ベスト8  藤原奈央(文2)・善家百合子(政2)

中原桜(文2)・貴田那菜子(政1)

シングルス

準優勝   植村理央(国2)

3位    山本羽純(法2)

ベスト8  中原桜(文2)

小方里羽(営1)

<男子>

今大会、男子ダブルス準決勝には、佐藤(法2)・廣瀬(短2)、高嶋(営1)・嶽本(法1)が進出した。準決勝第1試合は、高嶋・嶽本と関西学院大学の豊口・岩橋ペアの対戦となった。第1ゲーム、序盤から流れを掴めず相手にリードを許すが、18-20から追い上げ24-22でこのセットを先取する。第2ゲームは、長いラリーが多く続いたが、中盤からは勢いに乗り、21-13で完勝した。

 

準決勝第2試合は、佐藤・廣瀬と近畿大学の渡邉・祢占ペアの対戦となった。第1ゲーム、順調に点数を重ね19-16とするが、逆転されこのセットを先取される。第2ゲーム・第3ゲームともに11点まで競り合いが続いたが、後半は持ち味のスピードを発揮し勝利した。

 

決勝は佐藤・廣瀬と高嶋・嶽本の同校対決となった。第1ゲーム、序盤から競り合いが続きシーソーゲームとなったが、中盤から高嶋・嶽本が連続得点を重ね、このセットを先取する。第2ゲームは、佐藤・廣瀬も気迫あるプレーを見せたが、高嶋・嶽本が流れを渡さず勝利し、優勝を決めた。

男子ダブルス 優勝 高嶋(左)・嶽本(右)

男子ダブルス 優勝 高嶋(左)・嶽本(右)

男子ダブルス 準優勝 廣瀬(左)・佐藤(右)

男子ダブルス 準優勝 廣瀬(左)・佐藤(右)

男子シングルス準決勝には、川原(政2)、佐藤(法2)、上山(法1)が進出した。準決勝第1試合は、川原と佐藤の同校対決となった。第1ゲームは、序盤から長いラリーが続いたが、川原が正確なショットで大きくリードしこのセットを先取する。第2ゲーム、佐藤が持ち味の粘りのプレーを見せるが、冷静に対応した川原が勝利。決勝へと駒を進めた。

 

続く第2試合は上山と関西学院大学の田中の対戦となった。第1ゲーム、相手のショットに足を止められ、対応出来ずにこのセットを落とす。第2ゲームでは、上山が展開に変化をつけ、角度のあるスマッシュが決まる場面も見られたが、最後は相手のスピードに振り切られ、21-16とストレート負けを喫した。

 

決勝は川原と関西学院大学の田中の対決となった。第1ゲーム、序盤から長いラリーが続く展開となるが、終盤に相手のミスを誘い、このセットを取る。第2ゲームでは、巧みな配球と緩急で相手を揺さぶり、21-15で勝利した。川原は去年に続き優勝を果たし、見事二連覇を達成した。

男子シングルス 優勝 川原

男子シングルス 優勝 川原

男子シングルス 3位 上山

男子シングルス 3位 上山

<女子>

女子ダブルス準決勝には、山本(法2)・端岡(営2)、佐藤(政2)・植村(国2)、小方(営1)・去来川(済1)が進出した。準決勝第1試合は、山本・端岡と小方・去来川の同校対決となった。第1ゲームは、序盤から長いラリーが多くあったが、小方・去来川がテンポの良い攻撃で勢いに乗り、21-15で先取する。第2ゲームは山本・端岡も粘りを見せるが、小方・去来川が攻めきり21-17で勝利した。

 

続く第2試合は佐藤・植村と同志社大学の山部・藤本の対戦となった。第1ゲーム、お互いに譲らず競り合いが続いたが、冷静にラリーを制し21-17でこのセットを先取した。第2ゲームでは、相手にリードを許さず、21-12で勝利し決勝へと駒を進めた。

 

決勝は佐藤・植村と小方・去来川の同校対決となった。第1ゲーム、序盤から安定したプレーを見せた佐藤・植村がこのセットを先取する。第2ゲーム、小方・去来川が力強いプレーでリードするが、佐藤・植村が終盤に連続得点を重ね21-18で勝利し、優勝を決めた。

女子ダブルス 優勝 植村(左)・佐藤(右)

女子ダブルス 優勝 植村(左)・佐藤(右)

女子ダブルス 準優勝 去来川(左)・小方(右)

女子ダブルス 準優勝 去来川(左)・小方(右)

 

女子シングルス準決勝には、山本(法2)、植村(国2)が進出した。準決勝第1試合は、山本と立命館大学の近藤の対決となった。第1ゲームは、序盤から伸びのあるプレーで相手を上回り、このセットを先取する。第2ゲーム、順調に点数を重ねリードするが、中盤からミスが目立ち、18-21でファイナルゲームへ。第3ゲームでは、粘りのプレーを見せるが相手の巧みなショットに翻弄され、一歩届かず敗退した。

 

続く第2試合は植村と立命館大学の池田の対戦となった。第1ゲーム、長いラリーが続く展開となったが、植村のスピードが相手を上回りこのセットを先取する。第2ゲームでは、相手の粘り強いプレーに苦戦するが、21-19で勝利し決勝へと駒を進めた。

 

決勝は植村と立命館大学の近藤の対決となった。第1ゲーム、序盤から長いラリーが続く展開となるが、植村の粘りが相手を上回り19点でこのセットを取る。第2ゲームは、序盤から相手の緩急をつけたショットにも必死に対応するが、18点で取られてしまう。第3ゲーム、持ち味のスピードを発揮し競り合いが続いたが、徐々に疲れが見え始め、15-21で敗退し準優勝となった。

女子シングルス 準優勝 植村

女子シングルス 準優勝 植村

女子シングルス 3位 山本

女子シングルス 3位 山本

ページの先頭へ

ページの先頭へ