バドミントン部

【バドミントン部男子】全日本インカレ、悔しすぎる2回戦敗退

10月13日、向日市民体育館において第69回全日本学生バドミントン選手権大会、団体戦第1日目が行われた。関西王者として挑んだ龍大は1回戦の富士大を3-0で勝利するが、2回戦の筑波大に0-3でストレート負けを喫し、日本一への挑戦は幕を閉じた。

1回戦、第1Sの田中(営3)はコートを広く使いながら相手を翻弄し、2セット目には角度のあるスマッシュで序盤から9連取するなど相手に流れを渡すことなくストレート勝ちを収めた。第2Sに登場した川原(政2)は序盤から相手を大きく突き放し1セット目を先取すると、2セット目も勢いのあるスマッシュが決まり相手のミスも誘った。その後も龍大ペースのまま21-10、21-9で相手を下した。第1Wの坂口(営4)・川原(政4)ペアは息のあったプレーで相手を寄せ付けずにストレート勝ちを収め、初戦突破を果たした。

田中

【チームに勢いを乗せた田中】

2回戦、第1Sの川原は1セット目を落とし、2セット目ではネット際の勝負に勝つなど奮闘するが中盤で8連続失点により点差が広がってしまう。なんとか巻き返したいところではあったが勢い止められず敗北を喫した。第2Sの本田(営2)は1セット目をラインギリギリへのスマッシュを決める試合運びで先取するが2セット目を落としてしまい、ファイナルセットへ。互いに点を取り合い一歩も譲らない展開が続くが終盤で粘り切ることができず敗北となった。第1Wには坂口・川原ペアが登場。1セット目を落とし、2セット目ではラリーを制し流れを引き寄せると21-19で取り、ファイナルセットへと繋いだ。中盤まで主導権を握りリードする展開であったが終盤に失速。相手に逆転を許してしまう。何としてでもこのセットを取り第2Wに繋げたいところであったがあと1歩届かず。龍大は2回戦で姿を消した。

坂口

【主将としてチームを引っ張って来た坂口】

 

現メンバーで挑む最初で最後の全国の舞台は2回戦敗退という結果で終わった。この悔しさは今後の新チームに受け継がれ、彼らの次なる舞台で生かされていくことだろう。勝利を信じ、より一層成長していく選手たちの姿を見届けたい。

(龍魂編集室 記事/上原航輔 写真/勝間晴香)
龍魂編集室では現在新入部員募集中!!
興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!!

ページの先頭へ

ページの先頭へ