バドミントン部

【バドミントン部男子】春季リーグ王者撃破! 王座奪還へ

9月16日、近畿大学記念会館において平成30年度関西学生バドミントン秋季リーグ戦第4戦が行われた。対する相手は春季リーグ戦前回王者の関学大。苦戦を強いられる一戦となるもチームカウント3-2で勝利し、リーグ優勝への可能性を明日の1戦へと繋げた。

 

第1Sには川原(政2)が出場。1ゲーム目は互いに点を取り合い一進一退の攻防が続く展開となった。途中で川原にアクシデントがあり、足をコールドスプレーで冷やす場面が見られたが一本一本を大事にプレーし21-19で先取。2ゲーム目は序盤、相手にリードを許す展開となるも落ち着いて対応する試合運びで21-19と僅差で勝利。第2Sの田中(営3)の相手は西日本個人戦決勝で対戦した選手。西日本では田中に軍配が上がったが、今日の試合は簡単ではなかった。1ゲーム目、両者一歩も譲らない試合を展開するも21-23で落としてしまう。2ゲーム目もリベンジに燃える相手の勢いに押され粘り切ることができず敗戦となった。

川原さん

【勝利を手にし仲間と喜び合う川原】

第1Wの川原(政4)・本田(営2)ペアは1ゲーム目を落とし、続く2ゲーム目で本田の連続スマッシュなどでポイントを重ねていき21-17で奪取に成功。3ゲーム目は序盤から勢いあるプレーで相手を圧倒し21-10と勝利を収めた。第2Wの阿部(済3)・川口(文3)ペアは1ゲーム目を息の合ったプレーで流れを龍大に引き寄せながら先取した。2ゲーム目、高い集中力を見せるも19-21で落としてしまう。3ゲーム目も最後まで粘りを見せ相手に食らい付くが惜しくも敗戦となった。勝敗が委ねられた第3Sには三宅(営1)が出場し、両者一歩も譲らない激闘を繰り広げた。プレッシャーがかかる中、落ち着いたプレーで1ゲーム目を21-14で先取すると、2ゲーム目も気迫あふれるプレーで長いラリーも制し最後は5連続ポイントを決め龍大はチームカウント3-2で勝利した。この1戦で関学大に初黒星を付け龍大は優勝へと前進した。

阿部さん

川口さん 【2Wで奮闘した阿部(写真上)・川口(写真下)ペア】

<古財コーチのコメント>

「今日は1つの大きな山場になるのかなと思っていました。西日本も決勝で当たり3-2という苦しい展開で、フルメンバーで臨めないというのもありましたが、三宅や2Wの阿部・川口など普段戦えていない選手たちがプレッシャーに負けずに戦えているのではないかと思いました。阿部・川口も負けはしましたがパフォーマンス的に悪かったかと言えば良かったと思います。最後は昨日に続き三宅が勝ってくれたので底上げは少しできているのではないかという気はします」

<川原選手のコメント>

「昨日大事なところで自分が落としてしまってチームの人に助けてもらったので今日の試合は自分から攻めて自分が1勝を挙げてチームに貢献しようと思い臨みました」

 

(龍魂編集室 記事/写真 上原航輔)

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!!

ページの先頭へ

ページの先頭へ