バドミントン部

【バドミントン部女子】関学大に勝利!山場を1つ乗り越える。

9月15日、近畿大学記念会館において平成30年度関西学生バドミントン秋季リーグ戦第3戦が行われた。接戦が繰り広げられるも王者の意地をみせ、見事関学大相手にストレートで勝利を収めた。

 

「今日の試合は1つの山場だった」と朝岡主将(法4)が語るように苦しい試合が続いた。第1Sに出場した朝岡は確実に1点を取り龍大側に流れを引きつける。続く第2Sの野田(政4)は関西選手権で敗れている相手との対戦。リベンジに燃える野田は第1ゲームから接戦を繰り広げる。接戦の末、第1ゲームを21-18で取ると第2ゲームは7連続ポイントを奪うなどして大差でこのゲームを制し2-0で勝利。リベンジを果たした。

バド 野田さん

【単複で出場した野田】

第1Wでは朝倉(政3)・斉藤(営3)ペアが出場。第1ゲームからお互い激しい点の取り合いが続く。しかし朝倉・斉藤ペアが相手のミスを誘う粘りのあるプレーをみせ第1ゲームを奪う。第2ゲームでは常に有利に試合を進め2-0で勝利をあげる。続く第2Wの毛利(法4)・野田ペアは第1ゲームに9-12とリードを許すも途中4連続ポイントを奪い逆転。そのままリードを保ったままこのゲームを取る。第2ゲームでは8連続ポイントを奪うなどして点差を広げ勝利を収めた。第3Sの種岡(政3)も終始主導権を握り2-0で勝利。この結果、5-0で関学大を破った。

種岡さん

【第3Sで勝利をあげた種岡】

 

〈朝岡主将のコメント〉

「今日の関学戦は1つの山場だったがストレートで勝つことができた。これはみんなで力を合わせて戦った結果だと思う。競るということを頭に置き、もし競ったとしても焦らず自分のプレーを思い切ってやるということをみんなで声を掛け合って意識した。競った場面でも落ち着いてプレーできたことが勝因だと思う。残りの試合は相手も強いので一歩引かずにぶつかっていく気持ちで戦いたい」

 

〈野田選手のコメント〉

「シングルスの相手は関西選手権で負けていたこともあり緊張していたが、出だしから自分のプレーをすることができ良い流れで試合を進めることができた。インターバルでアドバイスしてくれたことを意識してプレーした。すると相手が嫌がっていたのでそこから積極的に攻めることができたのが良かった。ダブルスでは早い段階で修正点を見つけだすことができたのが勝因だと思う。残りの試合に勝って優勝できるように頑張りたい」

 

(龍魂編集室 記事/写真 綾井唯)

龍魂編集室では現在新入部員募集中!! 興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!!

ページの先頭へ

ページの先頭へ