バドミントン部

【バドミントン部女子】2戦続けてのストレート勝ち!

9月13日、龍谷大学深草体育館において平成30年度関西学生バドミントン秋季リーグ戦第2戦が行われた。龍大は、西カレでも戦った武庫女大に対し、5-0のストレート勝ちを収めた。

先陣を切った第1S朝岡(法4)は、「ほぼ自分の思い描いた通りの試合運びになった」と述べたように相手のミスショットなどを確実に得点に繋げ、この日もチームに勢いをつけた。続く第2Sの種岡(政3)は、左対左というなかなか見ない組み合わせでの一戦となった。1・2ゲーム共に上手くペースをつかめきれないが、最後は地力の差を見せる。
朝岡
【2戦続けての第1Sで役目を果たした朝岡】

Sで2連勝とし迎えた1Wでは、西カレ女子Wで個人優勝を果たした朝倉(政3)・斉藤(営3)ペアが出場した。気合十分な相手ペアに対し、落ち着いた試合運びで相手に付け入る隙を与えず完勝する。流れは龍大にある中第2Wの青山(政2)・志波(政2)ペアは、1ゲームから激しい点の取り合いとなるが、なんとか競り勝つ。2ゲームでも同じような展開になるが、インターバルでお互いにコミュニケーションを取り、気持ちを切り替える。その後は9連続ポイントを奪うなどして勝利。第3Sの落司(法3)はコートを広く使った攻めで相手の体力を奪い、優位に試合を運び勝利を呼び込んだ。
朝倉
斉藤
【相手を圧倒した朝倉(上)・斉藤(下)ペア】

〈朝岡主将のコメント〉
「西日本の団体戦でも戦っていた相手だったので、しっかり相手の弱点とかを意識して戦いました。最初から最後までしっかりとポイントを抑えて勝つことが出来たので良い流れで次の試合に繋がったと思います」

〈青山・志波ペアのコメント〉
「1ゲーム目は、相手の得意な形に自分たちが合わせてしまっていたところがあったが、2ゲーム目からは相手に合わせないようにお互いでコミュニケーションを取りながら戦いました。今日の試合を反省して次は自分たちの得意な形を出せるよう前向きなプレーをしていきたいと思います」

(龍魂編集室 記事/上村輝 写真/佐野翔哉)
龍魂編集室では現在新入部員募集中!!
興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!!

ページの先頭へ

ページの先頭へ