バドミントン部

【バドミントン部男子】 ベスト4進出を決める!

9月4日、岡山市総合文化体育館において第58回西日本学生バドミントン選手権大会が行われた。前日の対金沢工業大をストレート勝ちで収めた龍大の対戦相手は大経大。3-0で見事勝利し、第3戦目の大阪成蹊大にも3-0で力の差を見せつけて勝利し、龍大バドミントン部男子はベスト4進出を決めた。

2戦目は大経大との対戦となった。第1Sは田中(営3)が出場し、第1ゲームは序盤ネット際のミスなどもあり相手にリードを許す展開もあったが徐々に立て直し、このゲームを取る。第2ゲームは相手の勢いに押されつつも粘り強いプレーで苦戦しながらもストレート勝ちを収めた。続く第2Sは後藤(文4)が出場した。第1ゲームは相手のミスなどもあり徐々に得点を重ねていき、第2ゲームでも終始リードする展開で21-11と快勝しストレート勝ちを収めた。続く第1Wには本田(営2)・中島(営3)が出場し、ラリーを制すなど主導権を渡すことなく連続スマッシュなども決め相手を圧倒。危なげなくストレート勝ちを収めた。大経大戦を3-0で勝利し次へ駒を進めた。

IMG_8562  本田
【S・Wで活躍した本田】

準々決勝の相手は大阪成蹊大。第1Sに出場した本田は勢いのある連続スマッシュなどを決めていき第1ゲームを取る。第2ゲームでは相手のプレーに苦戦し接戦となるもこのゲームを取りストレート勝ち。第2Sに出場した川原(政2)は3ゲーム目までもつれ込む白熱した展開となった。第1ゲームを相手に攻め込まれ自分のリズムでプレーすることができず19-21で落としてしまう。2ゲーム目も接戦となるがなんとか勝ち、3ゲーム目では自分の勢いを取り戻し終始相手を圧倒し見事勝利した。続く第1Wに出場したのは4回生ペアの坂口(営4)・川原(政4)。第1ゲームを12連続ポイントなどで相手を圧倒し21-5でゲームを取り、第2ゲームでも息の合ったプレーで危なげなくストレート勝ちを収めた。大阪成蹊大戦も3-0で勝利し、龍大バドミントン部男子はベスト4進出を決めた。

IMG_8707 pea
【4回生としてチームを引っ張る坂口・川原ペア】

順調に勝ち進みベスト4進出を決めた龍大バドミントン部男子。連覇がかかる龍大であるが明日の準決勝をまず勝ち、決勝をチーム一丸となって優勝を決めてほしい。

<坂口主将のコメント>
「3-0でチームとして勝って明日の最終日に繋げたいと思っていたので無事勝つことができて良かった。自身の1Wでは自分が回ることは決まっていたので勝ってチームに勢いづけたいと思っていた。春リーグ3位という悔しい結果になって絶対にリベンジをするという気持ちで連覇もかかっているので一丸となって優勝したい。」

(龍魂編集室 記事/上原航輔 写真/佐野翔哉)
龍魂編集室では現在新入部員を募集中!!

ページの先頭へ

ページの先頭へ