バドミントン部

男子単・複、女子複の3冠奪取!!

関西学生の男女シングルス、ダブルスチャンピオンを決める個人戦。関西リーグで奮闘したレギュラーはもちろんチーム全選手に活躍のチャンス。龍大勢が上位に勝ち上がり練習の成果を発揮することが期待された。

関西学生バドミントン選手権大会
6月2日、3日、13日、14日、16日、17日
(近畿大学・千島体育館)

(結果)
男子シングルスA  優勝   本田大樹(営2)
          準優勝  川原総麿(政2)
          3位   田中佑貴(営3)
          ベスト8 三宅将平(営1)

       B  ベスト8 久野顕英(文1)

   ダブルスA  優勝   中島拓哉(営3)・本田大樹(営2)
          準優勝  川原祥人(政4)・坂口拓未(営4)
          ベスト8 阿部柊斗(済3)・川口寛祐(文3)

女子シングルスA  準優勝  野田千遥(政4)
          3位   朝岡依純(法4)
               落司実瑠(法3)
          ベスト8 志波寿奈(政2)
               西江彩花(文3)
               朝倉みなみ(政3)
               毛利未佳(法4)
        
   ダブルスA  優勝   毛利未佳(法4)・野田千遥(政4)
          準優勝  朝倉みなみ(政3)・斉藤ひかり(営3)
          ベスト8 朝岡依純(法4)・落司実瑠(法3)
             

男子シングルスAベスト8に駒を進めたのは田中(営3)、川原(政2)、本田(営2)、三宅(営1)の4人。その中で田中、川原、本田の3人がベスト4に進んだ。
準決勝第1試合、本田と関西学院大学の戸内が対戦。第1ゲーム、相手の果敢な攻めにリズムを崩されこのゲームを落とす。しかし、第2、第3ゲームでは粘り強いプレーで勝利し決勝に駒を進めた。準決勝第2試合、田中vs川原の同校対決となった。お互い得意のスマッシュで接戦を繰り広げ第1ゲームは川原、第2ゲームは田中が奪い、勝負はファイナルゲームへ。お互いに譲らない展開で接戦となったが勢いに乗った川原が勝利し決勝に駒を進めた。決勝戦、本田vs川原の龍大2回生対決となった。第1ゲーム、本田の丁寧なラリーに対し、川原のミスが目立ち本田が第1ゲーム先取。第2ゲーム、川原が果敢に攻め続けこのゲームを奪う。ファイナルゲームでは本田の粘り強さがポイントに繋がり本田が勝利、初優勝を果たした。またシングルスBでは久野(文1)が学連役員として運営に携わりながら、1回戦から丁寧な配球と着実な試合運びで1日5試合を勝ち抜きベスト8に進出する活躍を見せた。
男子ダブルスAベスト8に駒を進めたのは坂口(営4)・川原(政4)と西日本王者中島(営3)・本田ペア、阿部(済3)・川口(文3)の3ペア。その内、坂口・川原ペアと中島・本田ペアが準決勝へ進出。準決勝第1試合、坂口・川原ペアの相手は関西学院大学のエースペア山下・石川。序盤から早い展開のラリーが続き、中盤まで競り合うものの、終盤失点が目立ち第1ゲームを落とす。しかし第2・3ゲームでは相手のスピードに上手く対応し、主導権を握り続けゲームカウント2-1で勝利し、決勝に駒を進めた。準決勝第2試合、中島・本田の相手は近畿大学の3回生ペア馬場・松尾。第1ゲーム、相手のトリッキーなプレーに困惑し、このゲームを落とす。しかし、第2・3ゲームは相手に攻める隙を与えないプレーで相手を圧倒し決勝に駒を進めた。決勝戦、坂口・川原と中島・本田の龍大対決となった。序盤から中島・本田ペアが主導権を握る展開が続き第1ゲームを先取。第2ゲーム、坂口・川原ペアもスピード感のあるラリーを展開するも、中島・本田の勢いを止めることが出来ず、ゲームカウント2-0で中島・本田ペアが初優勝を果たした。
今大会、龍谷大学として層の厚さを見せることができた。これから夏に向けて西日本インカレ、全日本インカレと試合が続く。個人戦での活躍はもちろん、団体戦での団結力に期待したい。

今回、龍大女子はAベスト8にシングルス7名、ダブルス3組が進出。そして、同校対決もある中、シングルス3名、ダブルス2組がベスト4に進出した。
シングルス第1試合は、朝岡(法4)と野田(政4)の同校対決となった。序盤からお互い一歩も譲らぬラリー展開が続き勝負はファイナルゲームへ。中盤まで競合いとなったが、後半野田の積極的な攻撃で勝利し決勝に駒を進めた。もう一方は、落司(法3)が、毛利(法4)に勝利し上がってきた関西学院大学の蘭と対戦した。序盤から落司のスピードあるプレーで第1ゲーム目を先取。しかし、第2・3ゲーム目は相手のペースを止めることができず、敗退となった。
決勝戦、第1ゲームは序盤から相手にリードされる展開が続き、相手の正確なショットに対応することができずこのセットを落とす。第2ゲーム、序盤から競り合いとなるが中盤から緩急のある球で相手にミスを誘いこのゲームを奪い返す。ファイナルゲーム、序盤からお互い譲らぬゲーム展開で進むが、終盤決め急いでしまいミスが増えてしまい、惜しくも優勝を逃し、準優勝となった。

ダブルス準決勝、第1試合、第1シードの朝倉(政3)・斉藤(営3)は、同志社大学の長町・長丸と対戦。波に乗っていた相手は序盤から勢いのある攻撃が続き、苦しい展開となった。しかし終盤、朝倉・斉藤の集中力が増しゲームカウント2-0で勝利し決勝へ駒を進めた。もう一方の野田・毛利は、関西学院大学の結城・佐々木と対戦した。序盤から勢いのある攻撃で相手を圧倒し、ゲームカウント2-0で勝利。
決勝戦、朝倉・斉藤vs野田・毛利の同校対決となった。優勝したい両者の強い思いがぶつかり合う激しいラリーとなった。第1ゲームから、朝倉、毛利の強打を活かしながら斉藤、野田の前衛でさばくといったゲーム展開が繰り広げられた。序盤から野田・毛利は点数的には競っていたものの勢いに乗り、このゲームを先取。続く第2ゲーム、またも序盤から激しい競り合いとなったが、斉藤の前衛から出すハーフ球に対し相手のミスが目立ち朝倉・斉藤がこのゲームを奪い返す。ファイナルゲーム、シーソーゲームのなかラリー中の攻防が続いた。両者一歩も引かないまま終盤、互いに攻撃が決まらない長いラリーの中、粘りを見せた野田・毛利が22-20で勝利し、関西選手権初優勝を飾った。

今大会は個人戦ではあったがチームとして総合力が大切としている宮崎監督にとって、普段リーグに出ていないメンバーがこの大会で上位に食い込んだ事はインカレ団体優勝に向け朗報となっただろう。今後彼女達の飛躍する姿に期待したい。
関西選手権 入賞した選手0

ページの先頭へ

ページの先頭へ