バドミントン部

龍大勢、日本のトップにチャレンジ!!!

日本ランキング上位32名でのトーナメント戦、日本ランキングサーキット大会に龍谷大学から男子2名、女子5名が出場し、トップレベルの選手に挑んだ。

(結果)
女子ダブルス

ベスト16 毛利未佳(法4)・野田千遥(政4)
      朝倉みなみ(政3)・斉藤ひかり(営3)

世界団体選手権(トマス杯、ユーバー杯)のため不参加の選手はいたものの、日本ランキング上位32名(ペア)による日本最高レベルの大会に龍谷大学から男子複1ペア、女子単1名、女子複2ペアが挑戦した。

女子ダブルスでは毛利(法4)・野田(政4)、朝倉(政3)・斉藤(営3)が1回戦を突破しベスト16入り。2回戦で毛利・野田が日本B代表、今大会第1シードの櫻本・高畑(ヨネックス)、朝倉・斉藤が今大会第4シード位の川島・尾崎(NTT東日本)と対戦し相手を追い詰める場面も見られた。

また、女子シングルスでは朝岡(法4)が中西(日本ユニシス)と対戦し、2-0で敗戦するも、通用する部分も多くあり、今後につながる試合となった。

男子ダブルスでは、中島(営3)・本田(営2)が東野・渡部(JR北海道)と対戦しファイナルゲームで敗れるも大接戦を繰り広げた。

・毛利選手、野田選手のコメント

今年で2度目の大会で、自分たちの力がどのぐらいトップの実業団に通用するのか、挑戦する気持ちで臨みました。1回戦は相手のパートナーは違ったのですが、昨年の全日本総合で負けてしまった相手だったので絶対に勝ちたいという気持ちで、自分達から積極的に攻撃し、2-0で勝つことが出来ました。
2回戦は、この大会の第1シードという事で自分たちがノンプレッシャーの中で相手に向かって戦う事ができました。結果は2-0で負けてしまいましたが、自分達の攻撃やラリー力で1ゲーム目は相手を追い詰めることができたと思います。しかし、2ゲーム目は相手の安定したレシーブ力と攻撃に対応できずレベルの差を痛感しました。
今回の経験や課題としっかりと向き合い学生最後のインカレで団体・個人優勝を狙います。

・朝倉選手、斉藤選手のコメント

初戦から自分たちよりランキングが上の方たちと対戦する事が分かっていたので、相手に対してしっかりと向かっていき、自分たちのプレーを出し切る気持ちで挑みました。
1回戦は、高校生ペア(18才以下日本代表)と対戦し序盤から自分達のペースで攻撃し、しっかりと勝ち切ることが出来ました。
2回戦は、格上の選手と対戦でラリーに対抗できた面もありましたが、相手の硬い守備を崩す事ができずポイントに繋げる事が出来ませんでした。
今回の大会を通して、直接対戦して学んだ事や観て学んだ事を今後に生かし、インカレに向けて日々練習していきます。

ページの先頭へ

ページの先頭へ