バドミントン部

【バドミントン部男子】2連勝逃すも前向きな姿勢

4月28・29日、龍谷大学深草体育館において平成30年度関西学生春季リーグ戦、第1・2戦が行われた。初戦の天理大とは5-0のストレート勝ちで地力の差を見せつけた。続く第2戦の立命館とは互角の戦いを繰り広げるもゲームカウント2-3で敗北を喫した。

 

第1Sの本田(営2)が1セット目を21-6、2セット目を21-12で獲得し流れを作る。第2Sの山田(文3)は1セット目前半こそ相手に追い込まれたものの、2セット目では勢いのあるスマッシュで得点を重ねストレートで勝利をおさめる。第1Wの阿部(済3)・川口(文3)ペアは終始リードを許すことなく21-4、21-9で圧勝。第2Wの三宅(営1)・家壽多(法1)ペアも堂々たる試合を展開し、リーグデビュー戦を勝利で飾った。第3Sの細山田(文2)は2セット目で圧巻の14連取を見せる。焦りからか相手のミスも増え、2セット目を21-7の大差で完勝。開幕戦を5-0の白星で飾った。

IMG_0860_Fotor

【主導権を握り続けた細山田】

 

IMG_0781_Fotor

【攻撃的なプレーを魅せた阿部・川口ペア】

 

リーグ2戦目。第1Sの細山田は相手の絶妙なラインでのスマッシュに苦戦し1セット目を落とすも、古財コーチからのアドバイスがあってか2セット目序盤で9連取を決める。しかし最後まで主導権を握りきれずファイナルセットをものにすることができなかった。第2Sの山田は長いラリーを何度も制すが、相手の高精度なプレーに圧倒されファイナルセット12-21で勝利を献上する。現地点でゲームカウント0-2。次の第1Wで勝たなければ龍大は敗北となる。運命を委ねられたのは本田・中島(営3)ペア。1セット目を息のあったプレーで先取するが、2セット目を落とし、迎えたファイナルセット。両者どちらも譲らない白熱の試合展開を見せ会場のボルテージはマックスに。しかし、サーブミスや相手の猛攻に苦しみ19-21で無念の敗北。第2Wの川原(政4)・家壽多ペアは落ち着いたプレーで21-14、21-16とストレート勝ちを収めた。第3Sの本田は2セット目でデュースにもつれ込む接戦の末、25-23で粘り勝ち。今リーグ2連勝とはならなかった。

IMG_1092_Fotor_Fotor

【最後まで粘った山田】

 

古財コーチの「リーグ戦は負けても次があるので心配ない。あとは久しぶりに負けを経験した本人たちがどれだけ切り替えられるかが勝負」の言葉通り、まだリーグ戦は終わったわけではない。始まったばかりだ。きっと彼らは明日以降の試合でまた龍大のバドミントンを魅せてくれることだろう。

 

初戦

<坂口主将(営4)のコメント>

「開幕戦としては良い流れで入れた。これからあと4戦、相手が強い弱い関係なく戦っていければ良いと思う。今年の目標としてはまずは関西リーグで優勝、西日本インカレで4連覇。全日本も地元の開催として初優勝したい」

 

<古財コーチのコメント>

「開幕戦としては良い入りができた。天理とは京都リーグでも対戦していて力の差があるのはわかっていたので出場経験の少ない選手を使った。その中でも彼らは良いパフォーマンスを見せてくれて勝ち切れたのは良かった。去年まで主力でやってきた子たちが抜けて、また1からチームを作るので新戦力が多い。彼らをしっかり育てていくためにどういう準備をしていくかが大事になってくる。去年はインカレ2位にはなっているが、そこはもう忘れてもう1回1から積み直していくのが課題」

 

2戦目

<古財コーチのコメント>

「けが人が主力のシングル陣から続出していて、4番手5番手の選手が出場したので初めからこういう場面になることは正直想定していた。ダブルス2本と最後のシングルスでしっかり取れればという思いだった。ダブルスはうちの方が強い印象はあったがやっぱり0-2で負けている状況の中だったのでチーム雰囲気が立命館の方がしっかりあった。そこが押し切られた部分だった。ああいう局面では実力があってもなかなか勝つのは難しいということを新チームになって改めて経験できたかなと思う。優勝が完全になくなったわけではないので、明日以降の試合も確実に勝負していきたい」

 

(龍魂編集室 記事/写真 上原航輔/勝間晴香)

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!!

ページの先頭へ

ページの先頭へ