バドミントン部

【バドミントン部女子】不安要素あるも連覇へ躍進!!

4月28、29日龍谷大学深草体育館において平成30年度関西学生春季リーグ戦が行われた。初戦の武庫女大に対して5-0のストレート勝ちを収めて幸先の良いスタートダッシュを決めた。第2戦も神戸学院大相手に5-0のストレートで勝利。初戦に続き白星を飾った。

昨年全国準優勝を経験した選手達が引退し、団体戦の経験が少ない選手が多い中迎えた春季リーグ戦。初戦の武庫女大は昨年2部から昇格したチームではあるが油断できない相手である。龍大は、第1・2Sと危なげなく勝利を収める。続く第1Wの毛利(法4)・野田(政4)ペアも相手のペースに惑わされることなく落ち着いて試合を運び、その後の第2Wの志波(政2)・青山(政2)ペアにいいリズムを作った。第3Sの西江(文3)は自らのミスなどもあり、相手に主導権を握られるもののなんとか立て直しこのゲームを2-1で勝利する。その結果セットカウント5-0のストレート勝ちを魅せ、初戦を白星で飾った。
朝岡
【初戦の第1Sを確実に取った朝岡】

続く第2戦。第1Sに出場した毛利は1セット目から連続で13ポイントを取るなど圧倒的な強さをみせる。2セット目は苦戦を強いられるも21-19で取り勝利を収める。第2Sの落司(政2)も鋭いスマッシュで得点を重ねストレートで勝利し、2-0でリード。このまま勢いに乗る龍大は第1、2Wと息の合ったプレーで相手を圧倒する。相手のスマッシュを何度も打ち返し相手のミスを誘った。そして第3Sに出場した志波も5連続ポイントを収めるなど大差で勝利を収める。その結果初戦に続き5-0のストレートで勝利。圧倒的な強さをみせつけた。
毛利
【第1Sで勝利し、チームに勢いをつけた毛利】

去年出場していたメンバーが抜け不安もあるという今リーグ。しかし今試合では不安を感じさせないプレーで相手を圧倒した。まだまだリーグは続き苦しい試合も出てくると思うが、今試合のような圧倒的なプレーで優勝を目指して欲しい。

初戦
〈宮崎監督のコメント〉
「全体的に見て、第1・2Sをしっかり抑えて第1Wの毛利・野田が強い相手に対して落ち着いてプレーできていた。第2W・第3Sのメンバーチェンジで出場した選手達も勝って5-0という結果になって良い滑り出しかなと思う。新たなチームとして戦っていくことが大切かなと思う。これまで試合に出場してなかった選手達が練習ではしっかりやってくれているので試合でも活躍してくれることを期待している」

〈朝岡主将のコメント〉
「(初戦について)去年団体を経験してきた子が少ない中、5-0で勝てたことはチームとして価値ある勝利だと思います。(今リーグの目標について)試合に出た人は自分の力を精一杯出して、応援する人もしっかりチームが一つになって応援する。最終的には優勝を目指して頑張りたいと思います」

第2戦
〈朝岡主将のコメント〉
「今日は2戦目ということもあり、全員が気負わずにプレーできていたのがよかった。また、相手が向かってくるのに対して自分達が引くのではなくて、挑戦者のつもりでコートに入れていたことものが勝因だと思う。去年出場していた先輩が抜けた分、不安なところもあったが、メンバーみんなで力を合わせて去年以上の結果を出せるように頑張りたい。次は同志社戦で苦しい試合になると思うが精一杯頑張りたい」

〈毛利選手のコメント〉
「今年からはシングルスもプレーしないといけないことは分かっていた。京都リーグでも一回シングルスで出場していたので気持ちの準備はできていました。そのためプレーに関しての不安要素はなかったので空気にだけ呑まれないようにしていこうと思いました。」

(龍魂編集室 記事/写真 綾井唯/上村輝)

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!!

ページの先頭へ

ページの先頭へ