バドミントン部

【バドミントン部】京都府総合団体戦、男女とも優勝!!

今年度最後の大会となる京都府総合団体戦。チーム力の底上げを狙い、レギュラー以外の選手たちを中心に編成。
選手層の厚さをみせ、男女とも優勝を飾った。

京都府総合バドミントン団体選手権大会(12月9日、向日市民体育館)
(結果)
男子  優勝
    (龍谷大学Aチーム、後藤裕大、阿部柊斗、川口寛祐、山田真也、日詰晴輝)

女子  優勝
    (龍谷大学Bチーム、若林千織、落司実瑠、西江彩花、種岡遥、野田帆奈美)

【男子】
龍大男子からは2チーム出場した。
Bチームは予選リーグで惜しくも敗退となった。Aチームは接戦を乗り越えながら予選リーグ3試合を勝ち抜き、決勝へと駒を進めた。決勝の相手は、S/Jリーグの三菱自動車京都となった。第1ダブルスの阿部・川口は安定したプレーを展開して競り合いをものにし、ストレートで勝利。続く第1シングルスの後藤は、相手の気迫に押され本来のプレーが出来ずストレートで敗退を喫した。 1-1の場面で第2ダブルスに登場したのは日詰・山田ペア。山田が前衛で球を作り、日詰がスマッシュを打ち込む展開で攻めきりゲームカウント2-1で勝利、2対1でAチームが優勝を決めた。主力抜きとはいえS/Jリーグのチームを破ったことは大きな自信となるだろう。
バド1

【女子】
龍大女子からは2チームが出場した。
Aチームは、予選リーグで同志社大学Aと対戦し、惜しくも2ー1で敗れ、2勝1敗で予選敗退となり悔しい結果となった。一方、Bチームは予選リーグ立命館大学A、同志社大学B、三菱自動車との接戦をものにする勝負強さを見せ、決勝へ駒を進めた。決勝は、Aチームのリベンジを期し同志社大学Aと対戦した。第1ダブルスの落司・種岡は、安定したプレーで第1ゲームを先取。第2ゲーム、相手の攻めに苦戦しリードを許すも、中盤から徐々に追いつき、逆転勝利を収めた。シングルスでは、西江と藤元が対戦した。第1ゲームは相手に先取されてしまうが、得意なネットプレーを発揮し相手に攻める隙を与えず第2・3ゲームを接戦の末連取、見事Aチームが優勝を決めた。
今シーズン最後の大会となったが苦しい試合もしっかり勝ち切り男女ともに優勝を収めた。来年こそインカレ団体優勝を果たすべく、チーム一丸となりさらなる大きな成長に期待したい。
バド2-

ページの先頭へ

ページの先頭へ