バドミントン部

龍大勢、日本のトップにチャレンジ!!!

日本国内個人戦の最高峰、日本チャンピオン、そしてナショナルチーム代表を決める全日本総合選手権に、男子6名・女子9名の龍大勢が挑む。

(日程)
全日本総合バドミントン選手権大会
平成29年11月27日~12月3日
(駒沢オリンピック公園総合運動場体育館)

(本文)
女子シングルス本戦には、インカレ準優勝の嶺井(政4)が出場した。一回戦の対戦相手は今年の全日本社会人大会で優勝した峰(再春館製薬所)である。序盤から嶺井の迫力あるスマッシュで攻撃出来ていたが、なかなか決まらない。長いラリーが続き相手の丁寧な配球と粘り強さに苦戦し、このセットを落とす。第2ゲームも嶺井らしく思い切り攻撃し、中盤逆点し流れをつかみかける場面もあったが、相手の粘りと我慢強さが一歩上手を行きゲームカウント2-0で敗退となった。
全日本総合 嶺井(政4)全日本総合 嶺井(政4)

女子ダブルス本戦には、インカレ準優勝の斉藤(営)・朝倉(政)とインカレ3位の牟田(済)・山藤(政)の2ペアが出場した。1回戦、斉藤・朝倉は予選から勝ち上がってきた、土井・今別府(YONEX)と対戦。序盤から斉藤の丁寧な球さばきで攻撃の形を作り、朝倉の力強いスマッシュで点数を重ねていく。しかし相手の確実なショットにミスが続きこのセットを落とす。第2ゲームは、相手にリードされる展開が続き、終盤追いつくも一歩及ばず悔しい敗戦となった。
また、牟田・山藤はナショナルB代表である櫻本・高畑(YONEX)との対戦となった。序盤は落ち着いたプレーで点数を重ねていくが、中盤から相手のパワーのある球出しや早いタッチに苦戦し第1ゲームを落とす。第2ゲーム、相手の調子は更に増し、力強い攻撃に押されてしまい終始リードされる展開が続き、ゲームカウント2-0で敗北。
全日本総合 牟田(済4)・山藤(政4)全日本総合 牟田(済4)・山藤(政4)

その他、女子シングルスの予選に森(営4)と、朝岡(法3)が出場し、女子ダブルスの予選に毛利(法3)・野田(政3)が出場した。男子シングルスの予選には成富(法4)、清水(営4)男子ダブルスの予選に成富・内田(政4)と、中島(営2)・本田(営1)が出場した。また、混合ダブルスの予選には、牟田・坂口(営3)が出場した。清水、朝岡が初戦を突破したが惜しくも本戦には届かなかったが、実業団など強豪相手に互角の戦いを繰り広げた。
全日本総合 成富(法4)・内田(政4)全日本総合 成富(法4)・内田(政4)

日本トップレベルの選手と対戦し直接肌で感じたことは、これからの成長の糧となるだろう。来年のインカレ団体優勝、上位入賞に向けて新たなスタートを切った。

ページの先頭へ

ページの先頭へ