バドミントン部

本学在学生が日本最高峰の“S/Jリーグ”デビュー!!

11月4日に開幕したバドミントンの国内トップリーグである「S/Jリーグ」(男・女各8チーム)。
そのS/Jリーグへの加入が内定している、内田(政策4)、嶺井(政策4)がそれぞれの所属チームでS/Lリーグデビューを果たした。

三菱自動車京都(昨季8位)への加入が内定している内田(政策4)は、ダブルスで出場し、昨季5位のNTT東日本の星野・西川組を2-0のストレートで破る殊勲の一勝を上げた。

七十七銀行(昨季2部リーグから昇格)への加入が内定している嶺井(政策4)は、ダブルスで出場し、昨季優勝で2連覇を狙う再春館製薬と対戦し、惜しくも敗戦。デビュー戦は勝利で飾れなかったが、世界選手権銀メダルの福島・廣田ペアを相手に強烈なスマッシュで会場を沸かせた。

この後、来年2月4日の最終日まで、S/Jリーグでの戦いは続く。今後の内田、嶺井の活躍に期待したい。
(七十七銀行対再春館戦をはじめJSPORTSで放送予定)。

また、S/Jリーグ下部の「日本リーグ」にも、成富(法4)が大同特殊鋼、中村(文4)がセーレン、山藤(政策4)が広島ガスに内定選手として登録されており、今後の出場、活躍が期待される。

卒業生も活躍。S/Jリーグには対NTT東日本戦シングルスで1勝をあげた杉野(2017年3月卒)をはじめ、河崎(2014年3月卒)、牧野(2014年3月卒)、小見山(2017年3月卒)(いずれも七十七銀行)が出場、日本リーグには、高橋(2014年3月卒)(チアフル鳥取)、下田(2017年3月卒)(広島ガス)がエースとして参戦し活躍中。

ページの先頭へ

ページの先頭へ