バドミントン部

【バドミントン部女子】全日本インカレ、見事準優勝!!

10月21、22日、一宮市総合体育館において、第68回全日本学生バドミントン選手権大会、団体戦が行われた。チーム一丸となり、見事準優勝に輝いた。

 

二日間をかけて行われた団体戦は初日から波乱の幕開けとなった。一回戦は難なく3―0で北教大旭川校を下し、二回戦へと駒を進める。迎えた二回戦、対する相手は松山大。2コートを使って行われたため、第1Sの嶺井(政4)、第2Sの森(営4)が同時に試合開始となった。まずは主将の森が先制、チームを勢いづける。嶺井も健闘するが相手との駆け引きの中で、思うように決めきれず、0―2で敗北。

ゲームカウント1―1となり、早くも暗雲立ち込める展開となる。第1Dの牟田(法4)、山藤(政4)ペアは前半から息の合ったコンビネーションを見せ、怒涛の連続ポイントで相手を一気に引き離す。後半も勢い止まることなく大差をつけ、2―0で見事勝利を収めた。続く第2Dの朝倉(政2)、斉藤(営2)ペアも必死に食らいつくが、一歩及ばず敗北。ここでゲームカウント2―2となり、勝負の行方は第3Sの朝岡(法3)へと託された。

ここで負けたら終わる。プレッシャーのかかるこの場面で朝岡は、終始攻めのプレーで相手を圧倒して見せた。相手も負けじと食らいつき接戦となるが、朝岡は見事勝ち切りチームに勝利をもたらし、龍大は3回戦進出を決めた。そして、日体大を相手に迎えた3回戦を3―0で勝利し、翌日行われる準決勝へと駒を進めた。

1508738553574

【朝倉・斉藤ペア】

準決勝の相手は早稲田。強豪相手に龍大は苦戦を強いられることとなる。まずは主将の森が勝利し、実力を見せつける。しかし第1Sの嶺井は必死に食らいつくが、思うように力をふるうことが出来ず敗退。ゲームカウント1―1となった。続いて2コートを使って行われたダブルスの試合でも苦戦を強いられ、第1D、第2D共に第3セットまで持ち込む接戦となった。両者互角の戦いが続き、ここで決勝への道が途絶えてしまうのか…そう思われたが、チームの応援も力となり勝利。ゲームカウント3―1で見事決勝進出を決めた。

そして迎えた決勝戦。対する相手は2014、2015年に行われた同大会でも決勝の舞台で対戦し、屈辱の敗北を喫した相手、筑波大。厳しい戦いが予想された。同時に行われた第1S、第2S共に第3セットまで持ち込まれ、早くも窮地に立たされる龍大。ここで主将の森が意地を見せる。あと一点、相手がとれば負ける。観客も固唾を飲んで見守るこの絶体絶命の状況で、森は一点を奪い返しデュースに持ち込むことに成功する。今大会中、一番の歓声が会場に響いた。デュースとなり、取っては取られての苦しい展開となる。森は一球一球に力を込め、相手に食らいつく。だが、あと一歩のところで相手が連続得点を奪取。23―25の死闘の末、森は敗北。勝利には届かなかったが、確実に後に続く選手たちの励みとなる一戦であった。

第1Sの嶺井も敗北を喫し、ゲームカウント0―2となった。筑波大が勝利に王手をかけ、龍大は窮地に立たされた。そして、命運を託されたのは第1Dの牟田、山藤ペア。強敵相手に龍大は、なかなか思うようにプレーができず苦しめられる。しかし、龍大の選手の中に諦めている者は一人もいなかった。観戦席からは仲間の「ここから!一本!」と鼓舞する声が絶えず響いた。それに応えるかのように最後まで食らいつくが、一歩及ばず惜しくもここで敗退。龍大は準優勝が決定し、筑波大へのリベンジを果たすことは叶わなかった。

 

準優勝という結果は輝かしいものだが、彼女たちにとっては悔しさも残る結果であった。この思いは後輩たちに受け継がれ、必ずやリベンジを果たしてくれることだろう。彼女たちの戦いは今始まったばかりである。来年また同じ舞台に立ち、勝利を掴むまでの軌跡を見届けたい。

IMG_9220 1 (1)

【チームを支えた森】

 

(龍魂編集室 写真/記事 堀内沙穂)

龍魂編集室では新入部員を募集中!

興味のある方は tokoton_ryukon@hotmail.comまで!

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ