バドミントン部

【バドミントン部男子】全日本インカレ、準優勝に輝く!

10月21、22日、一宮市総合体育館において、第68回全日本学生バドミントン選手権大会、団体戦が行われた。西日本1位の強さを見せつけ、準決勝まで駒を進めたものの決勝戦で早大に敗退。昨年度に引き続き準優勝に輝いた。

一回戦の熊学大を3-0で、二回戦の京産大を3-0で圧勝。三回戦の相手は東日本2位の日大。「標準を日大に合わせて準備してきた」と古財コーチが話すように、厳しい試合展開になることが予想されていたが3-1で見事勝利し、準決勝へ進んだ。

 

IMG_2044 1

【写真 チームを引っ張る清水主将】

 

準決勝の相手は日体大。成富(法4)、清水(営4)のシングルス陣が奮闘を見せ、チームカウント2-0で勝利まであと一勝。しかし、第1Wの本田(営1)・坂口(営3)ペアと第2Wの成富・内田(政4)が負けを喫し、試合の行方は第3Sの内田に委ねられる。一進一退の試合展開が続き、試合はファイナルセットに持ち込まれた。終始、内田の強烈なスマッシュが炸裂し23-21で勝利。決勝戦進出が決まった。

 

IMG_1838 1

【写真 息の合ったプレーを見せた成富・内田ペア】

 

そして、運命の決勝戦。相手は早大。東日本1位というだけに一筋縄ではいかず混戦となることが予想された。第1Sの成富、第2Sの清水がセットを落とし、あとがない展開に。この状況の中、勝つためには第1、2W両方の白星が必要だ。第1Wの成富・内田ペアは第1セットを21-11の大差で勝ち取るが、第2セットを17-21で敗れ、試合はファイナルセットに。会場の声援が飛び交う中、力強いプレーを見せたものの19-21の僅差で敗北しゲームカウント0ー3で試合終了。去年と同様、準優勝に輝いた。

 

去年は創部初の準優勝を成し遂げ「今年こそは優勝」という目標を掲げていただけに、選手たちの目からは涙が溢れていた。しかし、準優勝という結果は今後の糧になり、より一層力をつけたチームへと成長することは間違いない。龍大バドミントン部の戦いはまだまだ終わらない。

 

(龍魂編集室 写真/記事 勝間晴香)

龍魂編集室では新入部員を部集中!

興味のある方は tokoton_ryukon@hotmail.com まで!

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ