バドミントン部

【バドミントン部男子】秋季リーグ戦7季連続優勝達成!

9月16日、近畿大学東大阪キャンパス体育館において、関西学生バドミントン秋季リーグ戦大会第4戦、対京産大が行われた。結果はゲームカウント3―2と苦戦するも、1年生が活躍し見事勝利した。

第1Sに出場したのは田中(営2)。第1セットは思うようなプレーが出来ず落としてしまう。第2セットでは相手に食らいつきながら粘り強いプレーを見せるが、惜しくも落としてしまいストレート負けを喫してしまう。続く第2Sは川原(政1)。出だしから相手を攻め切り、見事ストレート勝ちを収めた。

川原さん
【1年生ながら活躍した川原】

続く第1Wの坂口(営3)・川原(政3)ペアは終始試合を自分達のペースに持ち込み相手を圧倒してストレート勝ち。第2Wの川口(文2)・阿部(済2)ペアは緊張からか第1セットを落としてしまい、第2セットでは気持ちを切り替えて臨むもあと一歩届かず、悔しいストレート負けをしてしまう。ゲームカウント2―2で迎えた第3S。試合に臨んだのは本田(営1)。序盤から攻めの姿勢で相手を圧倒。プレッシャーを感じさせないプレーで、見事ストレート勝ちを収めた。

〈川原選手のコメント〉
「この前の立命館戦では出だしが悪かったので、今日は出だしを重視して、相手を攻めて自分のプレーをしようと思って臨んだ。次も負けないように自分の力を発揮できるように頑張りたい」

〈本田選手のコメント〉
「龍大の優勝のためにプレーしていると自然と力が出てきた。チームの為に戦えた。出し惜しみなく、どんな相手が来ても自分たちの出せる力を発揮できるように頑張りたい

9月18日には、立命館大学茨木キャンパスOIC体育館においてリーグ最終戦、対同志社が行われた。この試合でも圧倒的強さを見せた龍大は、ゲームカウント3―0と相手を寄せ付けることなく勝利を掴み取り、龍大バドミントン部男子はリーグ戦7季連続優勝を成し遂げた。

田中さん
【自分のプレーを貫き勝利した田中】

今大会では1、2年生中心のオーダーで挑んだ龍大。主力選手に頼ることなくこの大会を見事勝ち切ることが出来たのは、選手層の厚さがあったからだろう。しかしながら「インカレを見据えると、今のままでは物足りない。この一か月でどこまで追い込めるか」と、古財コーチは語る。リーグ優勝という結果に満足することなく今大会を通過点とし、先に迫ったインカレでは選手たちの底力を存分に発揮してくれることだろう。チームとして、一層力をつけた選手たちの活躍から目が離せない。

〈清水主将のコメント〉
「3―0は厳しいかなと思ったがみんなが予想以上に頑張ってくれた。この結果はチーム力が上がったように思う」

(龍魂編集室 記事/写真 上原航輔)
龍魂編集室では現在新入部員を募集中!
興味がある方は tokoton_ryukon@hotmail.comまで!

ページの先頭へ

ページの先頭へ