バドミントン部

女子シングルス5年連続決勝の舞台へ!女子ダブルスも決勝へ!

大学生日本一を決める全日本学生バドミントン選手権大会。
男女とも準優勝を果たした団体戦に続き、個人戦が行われた。
女子シングルス、女子ダブルスにおいて準優勝を果たすなど、多くの選手が上位に入賞する活躍を見せた。
また、この大会のベスト8以上の選手には日本バドミントンの最高峰「全日本総合選手権(開催11月27日~12月3日)」の出場権が与えられ、今後の更なる活躍が期待される。

【全日本学生バドミントン選手権大会】
日時:10月20日~26日
於:一宮市総合体育館

(結果)
男子シングルス ベスト8  成富勇太(法4)
男子ダブルス  ベスト8  中島拓哉(営2)・本田大樹(営1)

女子シングルス 準優勝   嶺井優希(政4)
        ベスト8  朝岡依純(法3)
女子ダブルス  準優勝   朝倉みなみ(政2)・斉藤ひかり(営2)
        ベスト4  牟田香菜子(法4)・山藤千彩(政4)
        ベスト8  毛利未佳(法3)・野田千遥(政3)

(男子シングルス)
男子シングルスで準々決勝に駒を進めたのは1年生から龍谷大学を牽引し、全日本インカレ団体戦で2年連続の準優勝に単複で大きく貢献した成富(法4)だ。準々決勝の相手は昨年のインターハイ男子シングルを制した法政大学の山澤。第1ゲーム、持ち前のテクニックで相手を翻弄し、シーソーゲームとなる。しかし、相手の強烈なスマッシュに対応することが出来ず、第1ゲームを落としてしまう。第2ゲーム、このセットを奪い返そうと相手の攻撃に対応するも、相手の勢いを止めることが出来ず敗戦。

(男子ダブルス)
西日本インカレを制し、勢いに乗っている中島(営2)・本田(営1)ペアが全日本インカレの舞台でも躍進し準々決勝に駒を進める。ベスト4をかけ今大会の優勝候補である早稲田大学のエースダブルス中里・小野寺と対戦。1ゲーム、本田が持ち前のスピードとテクニックで相手を圧倒、中島も得意の連続攻撃で1ゲームを先取。しかし、2ゲーム目は相手に攻撃を上手く対応されこのセットを奪われる。勝負のファイナルセットでは息の合ったプレーで終始リードを奪うも最後は相手の気迫に連続ポイントを奪われ一歩及ばず惜敗。ベスト4入りとはならなかったが、2年生と1年生の若いペアが関東の強豪校を撃破しベスト8進出を果たせたことは大きな収穫となった。

(女子シングルス)
女子シングルスの決勝は、団体戦準優勝に大きく貢献した嶺井(政4)と早稲田大学のエース中西と対戦。先日行われた団体戦準決勝の早稲田大学戦にて同選手にシングルスで破れており、嶺井にとってはこの試合がリベンジマッチとなった。
1ゲーム目、嶺井が攻撃をしかけるものの、食らいつきラリーに持ち込む相手に決め急ぎこのゲームを落としてしまう。2ゲーム目は、相手のパワフルな攻めを、冷静にいなし相手のミスを誘いゲームカウント1-1に。学生女王をかけた勝負はファイナルゲームへ。序盤は競るもののリードを奪い折り返すと、嶺井の果敢な攻めがコースに的確に入り20対16でマッチポイントを握る。しかし、開き直り向かってくる相手に対し、攻め急いだ嶺井にミスが連続し惜敗、悔しさの残る銀メダルとなった。

(女子ダブルス)
女子ダブルスの決勝は、龍谷大学勢同士の対戦となった準決勝を勝ち上がった朝倉(政2)・斉藤(営2)と筑波大学のエースダブルス加藤・柏原との対戦。1ゲーム目は、出だしが悪く相手に大きくリードされてしまい、ゲームを落としてしまう。2ゲーム目、相手に攻撃の時間を与えないよう、果敢に攻め続けた結果、相手が引いてミスが続きこのゲームを取る。ファイナルゲームは、序盤は競り合うもののサーブミスで流れが変わり、相手も勢いに乗り始めた。最後は、相手のスピードに対応できず惜敗。

11月に開催される全日本総合選手権では、上記の選手に加え、近畿総合選手権で出場権を獲得している選手も含め、龍谷大学勢の活躍に期待がかかる。

入賞した嶺井・牟田・山藤・斉藤・朝倉
(上段、山藤(政策4)・嶺井(政策4)・牟田(法4)、下段、朝倉(政策2)・斉藤(経営2))

ページの先頭へ

ページの先頭へ