バドミントン部

秋季リーグ戦14季連続優勝達成!

9月16日、近畿大学東大阪キャンパス体育館において、関西学生バドミントン秋季リーグ戦大会第4戦、対立命館が行われた。結果はゲームカウント3―2と苦戦を強いられたが、チーム力で見事勝利を掴み取った。

第1Sに出場した主将の森(営4)。まずは一勝を上げてチームを勢い付けたい。しかし序盤から相手の猛攻に苦しむこととなる。焦りからかミスも重なり悔しいストレート負けを喫してしまう。悪い流れを断ち切りたい龍大。続いて第2Sに登場した朝岡(法3)は緊張を感じさせない圧巻のプレーを見せる。第1、2セット共に後半怒涛の連続ポイントを決め、見事ストレート勝ちを収めた。

朝岡さん
【安定したプレーを見せた朝岡】
 
 続く第1Wの牟田(法4)・山藤(政4)ペア。前半から主導権は相手に握らせてしまう。ラリーに持ち込むもなかなか決めきることが出来ず、第1セットを落としてしまう。巻き返しを図りたい第2セットでは、抜群のコンビネーションで次々に攻撃を仕掛ける。力強いスマッシュが決まるなど、勢い落とすことなくセットを奪い返し1―1とする。負けられない第3セット。前半は両者譲らないシーソーゲームとなる。しかし、中盤から相手に連続ポイントを許し、大きく引き離されてしまう。そのまま調子を取り戻すことが出来ず、惜しくもこのセットを落としてしまい、ゲームカウント1―2と、接戦となる。

 続いて第2Wに登場したのは毛利(法3)・野田(政3)ペア。西日本学生では女子ダブルス部門で優勝を果たしたコンビである。終始息の合ったプレーで長いラリーに持ち込み、粘りのプレーを見せた。相手に隙を与えることなくストレート勝ちを収めた龍大はゲームカウント2―2とし、第3Sの嶺井(政4)に勝利の行方を託した。

 まずは第1セットを先取し、勝利に王手をかけた龍大。しかし相手も粘りを見せる。第2セットでは、粘りを見せるが決めきることが出来ず20―22の接戦の末惜しくもこのセットを落としてしまう。第3セットまでもつれ込む展開となった。「西日本の大会で自分が立命館戦で負けてしまい、チームに助けてもらった。だから今回は自分が勝って、チームを勝たせることが自分の役目だと思った」と試合後嶺井が語ったように、絶対に落とせないこの場面で底力を発揮する。一つひとつのプレーに力がこもり、相手を圧倒しているようだった。嶺井はこのセットを奪い返してゲームカウント3―2とし、龍大に勝利をもたらした。

〈森主将のコメント〉
「苦しい試合だったが、3回生が踏ん張ってくれたことと、最後に嶺井がしっかり勝ち切ってくれたことは大きかった。チームとしては良い試合だった。良い流れでインカレを迎えることが出来ると思う。インカレはこのメンバーで最後の団体戦になるので全力で頑張りたい」

 9月18日には、立命館大学茨木キャンパスOIC体育館においてリーグ最終戦、対関学大が行われた。この試合でも圧倒的強さを見せた龍大は、ゲームカウント3―0と相手を寄せ付けることなく勝利を掴み取り、龍大バドミントン部女子はリーグ戦14季連続優勝を成し遂げた。

森さん
【立命館戦での雪辱を果たした森】

苦しい場面も多く見られた今大会。しかし、そんな中でもチーム全員で出場する選手を鼓舞し、勝ち切ってみせた。大会中、龍大選手たちの一際大きな声援は会場中に響いていた。一人ひとりの実力はもちろんチーム全体で勝ちを掴み取る姿勢は、先に迫ったインカレでも力となるだろう。

〈宮崎監督のコメント〉
「2ゲーム取られたがしっかり気持ちを立て直し冷静にプレーできた。チャンスを見逃さず勝ち切ってくれたことは大きい」

(龍魂編集室 記事/写真 上原航輔)
龍魂編集室では現在新入部員を募集中!
興味がある方は tokoton_ryukon@hotmail.comまで!

秋季リーグ戦7季連続優勝達成!

9月16日、近畿大学東大阪キャンパス体育館において、関西学生バドミントン秋季リーグ戦大会第4戦、対京産大が行われた。結果はゲームカウント3―2と苦戦するも、1年生が活躍し見事勝利した。

第1Sに出場したのは田中(営2)。第1セットは思うようなプレーが出来ず落としてしまう。第2セットでは相手に食らいつきながら粘り強いプレーを見せるが、惜しくも落としてしまいストレート負けを喫してしまう。続く第2Sは川原(政1)。出だしから相手を攻め切り、見事ストレート勝ちを収めた。

川原さん
【1年生ながら活躍した川原】
 
 続く第1Wの坂口(営3)・川原(政3)ペアは終始試合を自分達のペースに持ち込み相手を圧倒してストレート勝ち。第2Wの川口(文2)・阿部(済2)ペアは緊張からか第1セットを落としてしまい、第2セットでは気持ちを切り替えて臨むもあと一歩届かず、悔しいストレート負けをしてしまう。ゲームカウント2―2で迎えた第3S。試合に臨んだのは本田(営1)。序盤から攻めの姿勢で相手を圧倒。プレッシャーを感じさせないプレーで、見事ストレート勝ちを収めた。

〈川原選手のコメント〉
「この前の立命館戦では出だしが悪かったので、今日は出だしを重視して、相手を攻めて自分のプレーをしようと思って臨んだ。次も負けないように自分の力を発揮できるように頑張りたい」

〈本田選手のコメント〉
「龍大の優勝のためにプレーしていると自然と力が出てきた。チームの為に戦えた。出し惜しみなく、どんな相手が来ても自分たちの出せる力を発揮できるように頑張りたい

 9月18日には、立命館大学茨木キャンパスOIC体育館においてリーグ最終戦、対同志社が行われた。この試合でも圧倒的強さを見せた龍大は、ゲームカウント3―0と相手を寄せ付けることなく勝利を掴み取り、龍大バドミントン部男子はリーグ戦7季連続優勝を成し遂げた。

田中さん
【自分のプレーを貫き勝利した田中】

 今大会では1、2年生中心のオーダーで挑んだ龍大。主力選手に頼ることなくこの大会を見事勝ち切ることが出来たのは、選手層の厚さがあったからだろう。しかしながら「インカレを見据えると、今のままでは物足りない。この一か月でどこまで追い込めるか」と、古財コーチは語る。リーグ優勝という結果に満足することなく今大会を通過点とし、先に迫ったインカレでは選手たちの底力を存分に発揮してくれることだろう。チームとして、一層力をつけた選手たちの活躍から目が離せない。

〈清水主将のコメント〉
「3―0は厳しいかなと思ったがみんなが予想以上に頑張ってくれた。この結果はチーム力が上がったように思う」

(龍魂編集室 記事/写真 上原航輔)
龍魂編集室では現在新入部員を募集中!
興味がある方は tokoton_ryukon@hotmail.comまで!

西日本学生選手権 団体アベックⅤに続き、男子複、女子単・複Vで存在感を示す!!

西日本地区の学生にとって最高峰の大会、かつベスト32以上に入賞すれば全日本バドミントン学生選手権(インカレ)への権利を得ることができる西日本学生バドミントン選手権大会。個人戦でも団体アベック優勝のチーム力を発揮し3冠を奪取。さらに、多くの龍大勢が上位進出し40余名がインカレへの出場権を獲得した。

西日本学生バドミントン選手権大会(個人戦)
日時:8月27日(日)~9月4日(金)
於:福岡県北九州市

【結果】
男子シングルス
準優勝   細山田真也(文1)
ベスト4  内田裕太郎(政4)、本田大樹(営1)
ベスト8  清水智彦(営4)、成富勇太(法4)

男子ダブルス
優勝    中島拓哉(営2)・本田大樹(営1)
ベスト4  坂口拓未(営3)・川原祥人(政3)

女子シングルス
優勝    朝岡依純(法3)
準優勝   森みず穂(営4)
ベスト4  嶺井優希(政4)
ベスト8  牟田香菜子(法4)、野田千遥(政3)、
      毛利未佳(法3)、朝倉みなみ(政2)

女子ダブルス
優勝    毛利未佳(法3)・野田千遥(政3)
準優勝   朝倉みなみ(政2)・斉藤ひかり(営2)
ベスト4  森みず穂(営4)・朝岡依純(法3)
ベスト8  田中瑞穂(法4)・志水美穂(文4)、
      野田帆奈美(済1)・栃本ゆき乃(文1)、
      牟田香菜子(法4)・山藤千彩(政4)、
      嶺井優希(政4)・志波寿奈(政1)

〈男子シングルス〉
ベスト4へ3人が進出。内田(政4)は昨年の今大会を制した大堀(金沢学院大)に団体からの疲れも重なり敗退。逆ゾーンでは細山田(文1)が本田(営1)との1年生対決を制し決勝進出を決める。1年生チャンピォンを目指し粘りのプレーを見せるも、ファイナルゲームで後一歩及ばず準優勝となった。

○細山田選手のコメント
準優勝という結果は1年生として素直に嬉しいです。準決勝の本田との1年生対決は苦しかったけど、一球一球ミスせずラリーすることを意識出来たことが勝因だと思います。
この試合では今回たくさんのことを学ぶことができたので、この経験を生かしてプレーしていきたいです。

〈男子ダブルス〉
2ペアが準決勝へ進出。坂口(営3)・川原(政3)は敬和学園大のエースダブルスと対戦しゲーム目をセッティングで奪うも悔しい逆転負けを喫する。中島(営2)・本田(営1)ペアは準決勝でも息の合ったプレーで相手を圧倒し決勝へ。決勝では2人の気迫のこもったプレーで相手に大きな流れを渡すことなく勝利し、嬉しい初優勝となった。

○中島選手・本田選手のコメント
(中島)西日本大会はずっと優勝を目標にして練習に励んできたので、優勝を決めた瞬間はとてもうれしかったです。準々決勝からは体の疲労もあり、苦しい試合が続きましたが、絶対に勝ちたかったのでパートナーとしっかり話し合い、どんな時でも声を出し、強気で向かっていくことを心がけていました。西日本で優勝しても、東日本には強い相手がたくさんいるので、この結果に満足することなく、今大会での修正点や反省点をしっかり克服し、これからの練習にしっかり励み、インカレでも優勝できるように頑張っていきます。
(本田)長い試合期間で監督、コーチ、トレーナー、仲間のおかげで苦しい試合でも踏ん張り勝ち切ることが出来、優勝できてうれしかったです。「自分が優勝カップを持ち帰る」とうい目標が達成でき自信にもなりました。ベスト4決めの試合では足がつっての試合でしたが中島さんが自分をカバーしてくれたので勝ち切ることが出来ました。インカレ団体優勝するため、自分の勝ちがチームの勝利に結びつくように練習していきます。
男子ダブルス優勝 中島・本田男子ダブルスで優勝した中島(営2)・本田(営1)ペア

〈女子シングルス〉
準決勝に3人が進出。森(営4)と嶺井(政4)の同期対決は、森が1ゲーム目を奪われるも粘りのプレーで逆転し決勝へ。朝岡(法3)は昨年今大会で敗れた結城(立命館大)をスピードで圧倒し、リベンジを果たし決勝へ。決勝は1ゲーム目を朝岡が奪う。森が2ゲーム目に粘りを見せるも足が止まり、この隙を見逃さなかった朝岡が攻めのプレーで森を振り切り初優勝を飾った。

○朝岡選手のコメント
優勝できて嬉しいです。この勢いでインカレも上まで目指します。最後の決勝戦は体力的にも精神的にもきつかったですが、気持ちで乗り切りました。今後試合が続きますが、秋リーグでしっかり勝ちにいって、インカレでは団体優勝に貢献したいと思います。
女子シングルス優勝 朝岡女子シングルスで優勝した朝岡(法3)

〈女子ダブルス〉
3ペアがベスト4へ駒を進めた。毛利(法3)・野田(政3)は関西学院大のエースダブルス宇都宮・重信と対戦。自分たちのミスから2ゲーム目を落とすも修正し決勝へ。逆ゾーンでは森(営4)・朝岡(法3)と朝倉(政2)・斉藤(営2)が対決。互いに譲らぬ攻防となるも朝倉・斉藤が気持ちで押し切り決勝へ。決勝では毛利・野田が1ゲームを奪われ2ゲーム目も先にマッチポイントを奪われる苦しい展開となった。しかし一歩も引かない強気のプレーで逆転し第2ゲームを奪うと流れは毛利・野田へ。この勢いのまま2年連続準優勝ペアが“3度目の正直”のうれしい初優勝をつかみ取った。

○毛利選手・野田選手のコメント
(毛利)素直に本当に心から嬉しいです。1回生の時の2位は自分達としてそれなりに納得した結果でした。しかし、去年は優勝を狙っていてまた2位で終わってしまったのですごく悔しくてそれから1年がすごく長く感じました。優勝するまで苦しい時もありましたが、1回生の時からずっとパートナーとして戦ってきた野田の存在やここまで支えて応援して下さった沢山の方々のおかげで優勝する事ができたと思います。感謝の気持ちでいっぱいです。これから、秋リーグや近畿総合そして全日本インカレと連戦になっていくので、全日本インカレまでの試合でも優勝を目指すと共に、全日本インカレでは団体優勝に貢献、ダブルスでも優勝を目指します。
(野田)2年連続2位だったので、今年こそ絶対優勝する!という強い気持ちで挑みました。優勝した時は素直に嬉しかったです。苦しい試合もありましたが、2人で乗り越えて優勝できたので良かったです。準決勝は自分の中で思い切りプレーすることが出来ず、簡単なミスを多くしてしまったのですが、ファイナルが始まる時にパートナーに「勝つよ」と言われ気持ちを大きく切り替え、思い切りプレーすることが出来ました。まだまだ試合が続くので、団体戦の大会では試合に出て、少しでもチームに貢献出来るように頑張りたいです。
女子ダブルス優勝 毛利・野田女子ダブルスで優勝した毛利(法3)・野田(政3)ペア

ページの先頭へ

ページの先頭へ