バドミントン部

【バドミントン部女子】チーム一丸で勝ち取った6連覇!!

8月28日から30日にかけて北九州市立総合体育館において第57回西日本学生バドミントン選手権大会・団体戦が行われ、立命館戦を除くすべての試合でゲームカウント3-0という結果を残し、今大会6連覇を果たした。

龍大女子バドミントン部は初戦からストレート勝ちを収めていき、また様々な選手を使い選手層の厚さを他大学に魅せつつ準々決勝も突破した。その勢いを保ったまま準決勝へと臨んだ。
写真 毛利野田
【写真】粘りある試合を見せた毛利(法3)・野田(政3)ペア

迎えた準決勝の相手は、同じリーグに属する立命館。第1Sの森(営4)はチーム全体に勢いをつける試合運びでストレート勝ちを収めるも続く第2Sの嶺井(政4)は、第1セットを手堅く奪うも第2、3セットではプレッシャーから相手の猛攻に耐えきれず落としてしまう。相手に流れが傾きかけたが、第1Dの朝倉(政2)・斉藤(営2)ペアがフルセットにもつれ込む接戦を競り勝ち流れを引き戻した。第2Dの山藤(政4)・牟田(法4)ペアもフルセットまでもつれ込むが勝利をもぎ取った。
円陣 女子
【写真】試合前に円陣を組み、気合いを入れる選手たち

決勝の相手は準決に続き同じリーグで互いの事を知り尽くしている好敵手、関学大。この試合でも第1Sを任された森であったが決勝という重圧からか守りの姿勢で試合に入ってしまい我慢の勝負となった。しかし最後は本来の力を発揮し勝利を得た。第2Sの嶺井は前の試合から気持ちをしっかり切り替え、落ち着いた試合展開でこの後のD陣にいいリズムを作った。第1Dの山藤・牟田は、2-0で後のない相手の攻撃の前に19-21、21-18、21-17と拮抗する試合運びとなった。だが抑えるところで相手の攻撃を抑え白星を挙げ、この結果龍大は6連覇を達成した。
写真 森
【写真】確実に勝ち星を重ねた森

6連覇がかかるというプレッシャーがある中で行われた今大会は、森主将が「自分たちには絶対的なエースはいない」と語ったように龍大にとってチーム力を試される場ともなったであろう。その点ではプレッシャーをはねのけ、チーム力の高さを魅せるという最高の結果となった。しかし、この結果に慢心せずに秋リーグで連覇の数を増やしてくれることを期待したい。
写真 全体 バド
【写真】連覇を果たした選手たち

〈宮崎監督のコメント〉
「Sは森が中心になって力を出してくれた。4年生が受け継いだ復元力を下の学年たちも感じて次の個人戦につなげてほしいと思います。秋リーグはいつでもチャレンジなのでここに来ていないメンバーも含めて出していかないと成長していかない。今回のメンバーが中心になりながら切磋琢磨してインカレを目指したいと思います」

〈森主将のコメント〉
「(29日)3-0で勝ち上がってきているのでチーム力の高さがこれで出ているかなと思っているので、あとは明日以降厳しい戦いになるかもしれないけど誰が出てもいいような準備をしてきている。誰が出てもカバーし合って、応援もよりいっそうチーム力を高めて、連覇はかかっているけど積極的にプレーしていきたいなと思います」

「(30日)苦しい試合ばっかりだったので、ベンチを見たり、観客席を見たりでチームの応援を力に変えて試合していたと感じます。秋リーグも連覇のかかる大会ですけどそれにこだわらず、自分たちの一番の力を発揮出来るように準備していきたいなと思います」

〈嶺井選手のコメント〉
「(準決で負けてしまったが)決勝で自分を信じて使ってくれたことはすごくうれしく、関西選手権で負けた相手に勝って恩返ししたいなと思い、勝つ事が出来て良かったです。(秋リーグでは)今日の試合をプレーの面でも、気持ちの面でも振り返ってもう一回対策して勝ちにいきたいと思います」

(龍魂編集室 記事/写真 上村輝、上原航輔)
龍魂編集室では現在新入部員を募集中!
興味がある方は tokoton_ryukon@hotmail.comまで!

【バドミントン部男子】全国一という目標へ一歩前進

8月28日から30日にかけて北九州市立総合体育館において第57回西日本学生バドミントン選手権大会・団体戦が行われ、緊迫する試合もあったが上級生がしっかりと勝ち星を重ねていき、そこに下級生の力が加わり見事今大会3連覇を果たした。

龍大男子バドミントン部は3連覇がかかる今大会で初戦からストレート勝ちを収めるなど連覇を実現するだけの実力を有している事を魅せた。しかし準々決勝の立命館戦で気の緩みからか今大会初めてのセットカウントを落としてしまう。気を引き締め直して準決勝へと選手たちは向かった。
写真 本田中島
【写真】堂々としたプレーを見せた本田(営1)・中島(営2)ペア

迎えた準決勝の相手は、1,2年生が中心で新進気鋭の敬和学園大学。古財コーチが「ひとつ今大会の山場」と語ったように試合展開は緊迫したものとなった。第1Sの清水(営4)は、要所でスマッシュが決まり、ストレート勝ちを収める。しかし続く第2Sの中村(文4)が相手に13連続得点を決められるなど試合の主導権を握られてしまい、ストレート負けを喫してしまう。第1Dの成富(法4)・内田(政4)ペアは、第1セットを落とすものの第2セットを手堅く勝利し、第3セットでは、一時逆転を許すもここは最高学年の意地を魅せ22-20で勝利する。この流れに乗り第2Dの中島・本田ペアは、粘り強い試合運びとポイントを決めると自らを鼓舞するかのように雄叫びを上げ、ストレート勝ちを決め、これにより決勝へと龍大は駒を進めた。
円陣 男子
【写真】試合前に円陣を組み、喝を入れる選手たち

連戦となる決勝戦であるが、条件は相手も同じであり連覇のかかる龍大は、準決勝でのムードそのままに臨んだ。決勝の相手は、関西のリーグ戦でも顔なじみの関学大のためお互いに手の内は分かりきっている。第1Sの内田は、出だしこそつまずくが、その後は徐々に試合を有利に進めていき、場の雰囲気を作った。第2Sの清水も上級生の責務を果たし、チームに勝利をもたらした。ゲームカウント2-0で迎えた第1Dの中島・本田ペアは、互いにミスをしても声を掛け合い、試合の流れを相手に渡さずにストレート勝ちを収め、見事龍大男子バドミントン部は3連覇を達成した。
写真 清水
【写真】上級生としてきっちりと勝ち星を抑えた清水

「選ばれているベンチにいる子たちはチームを代表しているので、チームを背負う難しさとかそういう背負っているからこそというものをコートの中で表現してくれればなと思います」と言った古財コーチの言葉通り、各自の役割をしっかりとこなしていき、それをコート上で表現した。またベンチ外の選手も応援という形で今回の3連覇という偉業に貢献したと言って過言ではないであろう。この団結力で秋リーグも勝ち星を重ねていってもらいたい。
写真 全体 バド
【写真】連覇を果たした選手たち

〈古財コーチのコメント〉
「(29日) 準備はそれ相応にさせてきているので本来の力を出せばというところはあるのですが、やっぱり試合ですので本来の力を出す難しさをこういう機会で感じてくれればと思います。楽に楽に勝っていくと緊張感は生まれてこないので気の緩みからセットを取られたというのを見て、何かを全員が感じなければいけないと思います」

「(30日) 選手たちが全日本インカレを目標にしているので、ここで満足することなく次にしっかりつなげてほしいなと思いますし、まだまだ成長しないと勝てないなと感じてほしい。(秋リーグでは) 例年西日本大会の個人戦でだいぶ疲れが出て、主力が怪我とかになるのでベンチに入った子や入ってなかった子を中心に戦おうかなという感じです。下の子が盛り上がる事で上の子も場所を取られないようにもっと努力もするでしょうし、そういうところでもうひと伸びさせないといけないのかなと思います」

〈清水主将のコメント〉
「(29日)全日本で優勝するためにはここの大会は絶対優勝しないといけないので、今のところ気は負っていないです。(準決、決勝を)3-0で勝てるように出だしからしっかり準備していきたいと思います」

「(30日)インカレもしっかり4年生が主役となって頑張れるようにしっかり準備していきたいです。秋リーグも絶対勝てるという保証はないので、一つ一つの試合をなめないでしっかりと準備していきたいと思いますし、応援の部分でも課題があったので全員で臨めるようにしていきたいと思います」

〈本田・中島ペアのコメント〉
「(中島)緊張感もあったがペアのおかげでスマッシュなどしっかり打てたのでよかったと思います。西日本団体で出してもらえ、ちゃんと勝てたので関西リーグもしっかり出て、チームに貢献出来るように頑張りたいです」

「(本田)ベストフォーマンスを出せるように準備してきたので、恐れる事なくのびのびプレー出来た事でチームの勝利に結びついた事がよかったと思います。秋リーグまでの期間も大切にしながら、ここで勝っておごらず、チャレンジャー精神をもってまた1からやっていきたいです」

(龍魂編集室 記事/写真 上村輝、上原航輔)
龍魂編集室では現在新入部員を募集中!
興味がある方は tokoton_ryukon@hotmail.comまで!

ページの先頭へ

ページの先頭へ